• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月04日 10:19

トラブル頻発が表面化した産廃業者(1) 背景に相次ぐ株主交代

ここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(大分市片島、根本学代表)。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその根本にある。関係者への取材から元代表時に締結した契約について、現経営陣がそれを否定するかたちで、取引業者を提訴していることがわかった。

 

 

 大分大和は2014(平成26)年9月、東京都のゼネコン「(株)トーヨー建設」(岡田吉充代表)を母体とするトーヨーグループの傘下に入ることになるのだが、経営体制が一新される前の取引先との契約をめぐり、現経営陣と元取引先との間で主張が対立している構図だ。なお、2017年3月、大分大和の株式はトーヨーグループから第三者に譲渡されている。

 トーヨーグループは、九州においては熊本県人吉市の安定型最終処分場を運営するエフ・エム・クリーン(株)(福岡市東区、盛井利浩代表)と(株)大分大和を事実上、傘下に収めていた。トーヨーグループが進出してきたのは比較的最近で、2社をグループに引き入れた経緯は複雑だ。なぜなら、ここ数年で、株主が次々と交代しているからだ。

 過去を振り返ってみる。2005(平成17)年ごろ、エフ・エム・クリーンを買収し、産廃業界に参入したのが当時、(学)立花学園理事長だった貝原秀輝氏。不慣れな業界で運営は難航したとみられ、数年後には売りに出る。

 次に手を挙げたのが当時、福岡市内で処分場を運営していた(有)カワシン(福岡市東区、川島淳子代表)だった。エフ・エム・クリーンはカワシン体制での運営がスタートしたが、程なく産廃を埋め立てる残余量が少なくなり、処分場としての終わりが近づいたときに、別の処分場の身売りを聞いたカワシンの川島氏が次に買収を計画したのが、大分大和の処分場だった。

 大分大和の買収時に川島氏が資金提供を受けたのが、トーヨーグループだった。同グループの支援を受け、川島氏は大分大和を買収した。大分大和の株主はエフ・エム・クリーンとなったが、資金調達の際に過半数の株式をトーヨーグループに譲渡していた。この時点で、大分大和はトーヨーグループの傘下に収まることになった。

 問題はその後で、トーヨーグループへの借入返済が滞るようになる。時を同じくして、川島氏がトーヨーグループに無断で、取引契約などを交わしていたことが発覚。同グループの岡田代表の逆鱗に触れ、川島氏は事実上、代表を解任されることになる。

 資金繰りに困っていた川島氏は埋立権の前売りチケット販売や取引先からの借入などで資金調達をしていたとみられるが、その多くがトーヨーグループに知らされていなかったことがトラブルの要因にある。

【東城洋平】


▼関連リンク
大分の産廃業者、係争頻発で業界関係者に警戒感
https://www.data-max.co.jp/article/28658

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令NEW!

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

pagetop