• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月16日 07:05

中国現地ルポ-広州・杭州・長春・北京-(6)

福岡大学名誉教授 大嶋 仁 氏

杭州

 杭州は広州から北へ空路で2時間弱。13世紀には世界で最も栄えた町といわれる。当時は宋の時代、と言っても北から異民族が攻めてきて都を南に移したその移転先がこの杭州。南宋が終わりモンゴル帝国の時代となっても、この町は栄え続けた。マルコ・ポーロがやってきて、その栄華を『東方見聞録』に記している。

 上海から南西へ百数十kmのこの町が栄えた始めたのは、それより数世紀前の隋の時代。唐時代には日本でも名高い詩人の白居易(=白楽天)がこの地に役人として派遣され、幾多の水害に悩む住民のために堤防をつくっている。今では散歩道となっている「白提」である。

 この提がかかっているのは世界遺産の西湖。西湖といえば、福岡市の大濠公園のモデルで、世界各地から観光客が押し寄せる。白居易だけでなく、宋代の詩人として名高い蘇東坡(=蘇軾)もここに役人として赴任し、やはり堤をつくった(=蘇堤)。役人にして詩人というのは中国のお家芸。詩がいかに中国支配階級の教養となっていたか、よくわかる。

 西湖に舟を浮かべての遊覧は素晴らしかった。夕日を見ながら陸に上がり、湖畔の古風な酒家(=レストラン)に上ったのは午後6時過ぎ。こんな立派なところはさぞ高かろうと思いきや、メニューを見るとごく普通の値段。周りを見れば、これまたごく普通の人々がテーブルを囲んでいる。

 中国にきて思うのだが、この国の「酒家」のあり方が国民性を形成しているのではないか。大きな円卓を大勢で囲み、同じ盛皿に箸を出して料理をつつく。食べるときは賑やかで、さまざまな話が飛びかう。商売の成立も、政治の密談も、こういう酒家で行われてきた。

 思い出せば、広州では路地に小さな卓を出して、茶を飲みながら老人たちが談話を楽しんでいる。この公共生活の発達を、ひとえに社会主義の産物とするのは早計であろう。社会主義がこれを保護してきたというのは間違いでないにしても、もっと古くからの習慣にちがいない。

 資本主義化が進んでも、この社交の伝統は消えない。ある英国の医師が、人は日に最低40人の顔を見ないと精神が病むと言ったそうだが、中国社会はその点で合格である。

 西湖を案内してくれたのは、元九大の留学生N女史。日本語の達者な彼女と卓を囲んで話していると、「混んでいるので同席したいんですが」といきなり日本語で話しかけてきた若い男性がいる。広いテーブルにたった2人だったので、この感じのよい男性を歓迎しない理由はなかった。聞いてみると、中国人ではなく、台湾人だそうだ。

 「台湾人が何でここに」と思ったが、こちらが尋ねるまでもなく向こうから説明してくれた。日本の大学で博士号をとったが、台湾の就職事情は悪く、日本での就職も困難なので、中国に職を求めてきたのだという。今の中国の景気は「下降気味」といわれるが、それでも日本や台湾の比ではない。

 「私の専門は物理学で、素粒子論で博士号をとりました。アメリカで就職したかったんですが、短期契約は結べるものの、その先が厳しい。一方、この中国は物理学分野は人が足りない。アメリカやヨーロッパへの留学から帰って来る中国人もいるにはいるが、まだまだレベルが低い。そこで私みたいな者でも、とてもよい職場が得られるんです。日本の若い科学者なんか、博士号さえあればどんどん就職できます。英語で講義をし、院生の研究指導ができれば、あとは世界のあちこちの学会に参加できる。これほどいい条件はなかなかありませんね」

 とはいえ、中国と台湾の関係を考えると、そう簡単ではないだろう。「中国で台湾人であることは難しいんじゃないんですか?」と尋ねてみると、明快な答えが返ってきた。「台湾にいたって難しい。僕の先祖は中国の国民党。台湾人から見れば『外省人』、すなわち後からきた侵入者なんです。日本にいても所詮は『外国人』。一方、この中国では案外に重宝される。台湾には中国にない頭脳と技術がある。そう思っている中国人は、案外多いんです」

 「しかし、台湾はアジアで最も言論の自由があると聞いています。そういう国からきたあなたは、中国のあり方に疑問を抱くんじゃないの?」

 彼は首を横に振った。「台湾の言論なんて、台風1つ来れば吹っ飛びます。中国とどう対処するか、この議論は徹底的にしなくちゃならないのに、今の政治家は自分の政党が政権をとることしか考えていない。言論の自由があったって、何の価値もないですよ」

 この話を聞くと、思ってしまう。「日本だって憲法改正を徹底議論していないじゃないか」と。

 台湾の物理学博士は別れ際に名刺をくれた。中国でナンバースリーといわれる浙江大学の副教授と書いてある。しかも中国の簡体字ではなく、台湾の繁体字で。なるほど、この繁体字こそが台湾のアイデンティティーなのだ。

(つづく)

<プロフィール>
大嶋 仁 (おおしま・ひとし)

 1948年鎌倉市生まれ。日本の比較文学者、福岡大学名誉教授。 75年東京大学文学部倫理学科卒業。80年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。静岡大学講師、バルセロナ、リマ、ブエノスアイレス、パリの教壇に立った後、95年福岡大学人文学部教授に就任、2016年に退職し、名誉教授に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(後)

 高校球児の憧れ、甲子園には春2回、夏4回出場。そのうち2000(平成12)年の春大会ではベスト8に。同年行われた明治神宮大会では優勝をはたしている。現在は下野輝章監...

2019年10月22日 07:00

「たまねぎ男」辞任の韓国 大統領のレームダック化は必至(後)

 チョグクとは何者か。なぜ、「チョグク守護」だったのか。西岡力氏の報告(月刊『Hanada』11月号)が参考になる。チョグク氏はソウル大生時代に「南韓社会主義労働者同...

2019年10月22日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(3)

 7月23日に日健栄協がトクホの表示に関する公正競争規約を早ければ今年度中にも策定し、来年度から施行したい考えを発表した。日健栄協ではトクホの広告自主基準を07年に策...

2019年10月21日 17:02

これから加速する地銀の経営統合

 47都道府県に本部(本店)を置く地銀の分布表によると、全国に地銀は103行ある。内訳は第一地銀が64行で第二地銀が39行となっている。第一地銀のうち、経営統合してフ...

2019年10月21日 16:32

【特別連載】反社勢力に利益供与の「くるまドットコム」に融資か~大牟田柳川信金、西日本シティ銀行ら金融機関の責任〈「断たれた絆」番外編・前〉

 これまで4回の連載で明らかにしてきた、有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏のさまざまな疑惑について、諸藤氏は1回目の記事(15日付)を掲載後、代理人経由で記事の...

2019年10月21日 16:06

太宰府市の駐車場車内で女性の遺体発見、男女3人を死体遺棄容疑で逮捕

 福岡県警は10月21日、福岡県太宰府市にあるインターネットカフェの駐車場に止めた車内で、市内に住む高畑(こうはた)瑠美さん(当時36)が遺体で発見された事件について...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(前)

 当校の体育部は16(含応援団)。その多くが開校と同時の1955(昭和30)年に発足している。10年後にはボクシング部が全国高校総体で個人優勝。以来、剣道部やバスケッ...

2019年10月21日 15:13

ホークスと福岡オープントップバスがコラボ~ヤフオクドームツアーも

 福岡ソフトバンクホークスと西鉄は福岡市内の主要観光スポットをめぐる福岡オープントップバスのルートにヤフオクドームを追加した「ホークスコラボツアー」の運行が決定したと...

2019年10月21日 14:29

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(10)~異なる業態を、同質化させずに取り込むには

 強者の論理で自分たちの価値観を押し付け、同質化を推進する結果になれば、異業態を取り込む意味はない。だからと言って放任というわけにもいかない。

2019年10月21日 14:20

【業界ウォッチ】ゴーストレストラン「出前館」

 「ウーバーイーツ」の参入で、フードデリバリーサービスに注目が集まるなか、国内最大のポータルサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会は、8月22日から、新たなプロジ...

pagetop