• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月01日 07:00

東京に進出して35年-お客さまに応えることが第一、利益はその後~手島建築設計事務所(3)

モノを売る仕事とは何が違う?「設計の仕事」とは

渋谷区神宮前2丁目の放映ビル外観

 設計の仕事は、完成したモノを売る仕事とはかなり異なる。モノを売る仕事は、完成したモノを見た顧客が注文する。だが、設計の仕事は注文があってからつくるため、当然、仕事を依頼したいと考えている顧客に事前に完成した建物そのものを見せることはできない。

 一方、新しく建物をつくるときは企業も行政も必要な予算が大きく、人の決断が欠かせない。だから、まだカタチになっていない建物を設計事務所に依頼するときには、会社としての実績はもちろん、仕事への姿勢も判断基準になるだろう。人が表に出ることの多い設計事務所の仕事は、信頼関係があってこそできるビジネスではないだろうか。

 信頼関係は、仕事に手を抜かず、人をだますことなく、顧客の思いをかたちにできる建物をつくることから生まれるという信念を(株)手島建築設計事務所の代表取締役会長・手島博士氏はもち続けている。手島会長は仕事に、誠意をもって取り組むことが大切だと考えており、まわりからの評価を気にしたことはないという。本当に社会のためになる仕事をしていれば、成果を上げ評価を得るための戦略を立てなくても、自ずと結果がついてくると感じているからだ。

 人からの依頼で始まる設計の仕事は、これまでの仕事の評価が、そのまま次の仕事につながることが多い世界だ。そんななか、仕事の評価は顧客が決めるものとし、世の中の声に振りまわされることなく、設計する仕事そのものだけを見て取り組んできたからこそ、手島会長は信じる道を進むことができ、その結果が、いまにつながっているのだろう。ここでも手島会長ならではの前向きな姿勢が生きている。

売上を追わず、お客さまの思いをかたちにすることに価値がある

 設計の仕事で指名があるということは、顧客の信頼があってのことだ。だから、手島会長は依頼してくれた顧客の気持ちに応えたいと考えており、指名があった仕事はすべて引き受けて、断わらないという。仕事の依頼があることに心から感謝しているため、利益や世間的な評価で仕事を選ばず、いつも謙虚な気持ちで仕事に取り組んでいる。

 手島建築設計事務所は現在、福岡、東京、大阪、名古屋の4拠点に展開しているが、手を抜くことなく、いい仕事をしていれば、どこに行っても仕事はたくさんあると手島会長は実感してきた。そして、顧客に満足してもらえる仕事をしていれば、業績を上げようとしなくても利益は出てくる。仕事でのもうけを考えることより、設計を依頼したお客さまの気持ちに応えることが大切だと手島会長は話す。

 高度経済成長期やバブル期が過ぎ、多くの企業が業績を伸ばすのが難しくなったいま、売上至上主義や利益率を高めることだけを事業目的にしている企業がますます増えていると感じる。そんななか、売上や利益を追い求めすぎることなく、顧客の気持ちに応えて手を抜かずに仕事をすることに最も価値を置く手島建築設計事務所のような存在は貴重だ。

 また、企業は社会のニーズを解決して、世の中の役に立つことで成り立っているため、顧客の思いに応えることを大切にする手島建築設計事務所の姿勢は、企業のあり方として本質をついているのではないだろうか。手島建築設計事務所が順調に業績を伸ばし続けているのも、この独自の経営を実現していることが大きいのではないかと考えられる。

「手を抜かず、人をだまさない」姿勢から信頼が生まれている

 設計の仕事は、「当たり前のことを当たり前にすること」と手島会長は話す。人はだれもが自分が常識と思っていることに基づき行動しているものだ。だから、何を「当たり前」と感じているかで仕事のやり方が変わる。人をだますことなく、手を抜かずに誠意をもって仕事をすることが常識と考えている手島会長だからこそ、その姿勢が事業にも反映されているのではないだろうか。

 たとえば建物をつくる仕事では、建物が完成してしまうと建物の構造や土台のつくりなど外から見えないところについての完成度は、つくった人以外、実際にはどうなっているかわからない。また、設計の専門知識がないとできない仕事のため、専門家ではない依頼者からは実体がつかめないことも多い。

 そのため、外から見えない部分まで、手を抜かずにどこまで正確に作業するかは、会社の姿勢に大きく左右されると考えられる。そして、表からは見えないところも正確につくることで、耐久性があり、安心して使い続けられる建物ができる。依頼者から目に見えない箇所が多い設計の仕事だからこそ、手を抜かずに人をだましたりせずに仕事をするという「当たり前」の姿勢が、手島建築設計事務所の信頼につながっていると感じる。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月19日 16:50

誰もが「自分の未病の医者」になれる 未病メソッドを提唱し、未病産業を振興(1)

 未病の考え方を普及し、未病総研メソッドを提案する団体として、(一社)日本未病総合研究所=未病総研(代表理事:福生吉裕)が今年1月に発足した。(一社)日本医学会連合の...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(2)

 なぜ、朝倉市は地域住民からの要望があったにもかかわらず、同校体育館の改修工事を発注できず、LC337-A地区から「寄贈」を受けたのかを時系列で明らかにしていく。

2019年11月19日 14:09

【(株)万惣】低価格武器に九州進出 宇美町に11月5号店

 広島県を本拠とする万惣は11月末、福岡県宇美町に九州5号店を出す。昨年11月、飯塚市に1号店を開設してからわずか1年。本拠地で出店余地が少なくなったことから持ち前の...

2019年11月19日 13:47

中小企業では経営者と労働者は共通の目的を達成するパートナー!(前)

 今、大企業を中核とする現代の市場社会が、経済的停滞に陥ると同時に、人々の共同性・連帯性や労働の尊厳を破壊している現実がある。では、人々を封建的抑圧から解放した市場経...

2019年11月19日 11:42

【凡学一生のやさしい法律学】憲法改正について(6)

   憲法の条文上では、「最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。」(第81条)とあるため、日本...

2019年11月19日 11:32

伊都国フードフェスティバルが糸島を盛り上げる!

 第9回目となる伊都国フードフェスティバルが、糸島市多久で11月16日(土)開催された。今回は初となるやますえ会場と五洋食品会場の2会場で開催され、両会場ともに、朝か...

2019年11月19日 10:52

JR九州、ハイエナファンドの餌食になる!~ファンドの圧力に屈して、100億円の自社株買い(前)

 JR九州は11月5日、発行済み株式の2%に当たる320万株、取得額100億円を上限に、自社株を取得すると発表した。

2019年11月19日 10:46

「第11回ひのまるキッズ 九州小学生柔道大会」を開催 スポンサー募集中

 (一社)スポーツひのまるキッズ協会(永瀬義規理事長)は2020年1月19日(日)、福岡県春日市の春日市総合スポーツセンターで、「第11回スポーツひのまるキッズ 九州...

2019年11月19日 10:13

続々・鹿児島の歴史(1)~古墳について~

 今回は大隅国(種子島・屋久島等の熊毛地域を含む)や新たに追加したい事柄等を中心に述べます...

2019年11月19日 09:42

名門ゴルフクラブの株主権確認訴訟~法務過誤

 国民は本件事件で、現在の司法サービスがまったく国民には無益有害となっている実態を学ぶことになった。第一審判決は勝訴した長男に遺産の全額の帰属を認めたが、それは長男に...

pagetop