わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月17日 14:39

天然由来の粉末でグリストラップの悩みを解消 宝成産業

 「最大の悩みがグリストラップだった」と宝成産業(株)の代表・横尾睦氏は大手飲食チェーン勤務時代を振り返る。

 「グリストラップ」とは飲食店の厨房に設置が義務付けられている装置で、排水を油分と汚泥に分離するもの。残飯や油分が排水を受け止める3層のカゴ状になっており、清掃を怠ると悪臭の発生や管詰まりを招くことがある。

清掃中のグリストラップ
処理剤で分離した汚泥

 

 「自分の子どもに胸を張って食べてもらう」店づくりに注力し、衛生面にはとりわけ気を配った横尾氏の頭痛の種がグリストラップだった。

 転機となったのが、永年にわたり水処理剤の開発に取り組んできた現・最高技術責任者兼顧問の小林氏との出会いだ。小林氏は河川の洗浄など、土木系の業務や大手自動車メーカーからの依頼で4年にわたり工場廃液洗浄に関わったこともある。その小林氏が開発したのが貝殻を主原料とする処理剤だ。洗浄力はもちろんのこと、従来よりも洗浄時間とコストが大幅に削減されるのが同処理剤の特長だ。事業を起こし18年3月に法人化。「世界中の飲食店のグリストラップの悩みを解消する」と処理剤の普及に力を注いでいる。

 処理剤は排水1Lに対して1グラムを投入すると、油と汚泥を吸着し、水質を変える。定期的に使用することで一定の水質が保たれる。また、100%天然由来のため環境面への配慮も万全だ。永年の苦労の末開発した独自製法の特許取得の準備を進めている。

 「きつい、汚い、臭い」「最悪の場合は排水管の腐食に至ることもある」グリストラップ。飲食業界の発展のためにも同処理剤の普及を急ぐ考えだ。

作業後

<COMPANY INFORMATION>
宝成産業(株)

代表:横尾 睦
所在地:福岡県福岡市中央区鳥飼1-6-34
設立:18年3月
資本金:200万円
業種:水質洗浄剤販売ほか
電話:092-753-9430
URL:http://www.hoseisangyo.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(16)

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈を巡って、これまで15回当サイトで連載してきた。

2019年12月07日 07:00

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(2)

 ECOSOCは14の国連専門機関、機能委員会、そして5つの地域委員会の経済、社会および関連業務を調整する主要機関です。ECOSOC設立に関する、国連憲章の第10章第...

2019年12月07日 07:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(中)

 吉川工務店(福岡市)のオーナーが西部ガスに会社を売却する決断をした(巷の評価では12億円内外)。絶好調の建設会社の環境も永遠に続かない。いずれ企業存続をするかどうか...

2019年12月06日 18:17

代表逮捕のガイナックスは生き残れるか

   アニメをはじめとする映像作品の企画から製作・販売までを手がける(株)ガイナックス。同社代表取締役の巻智博氏(50)が、5日、少女に対するわいせつ容疑で逮捕された...

2019年12月06日 17:05

たった10円の時給アップが大赤字を生む

 深刻な人手不足のなか、どの業界も人が集まらず、悲鳴をあげている。きつい仕事は敬遠され、「いかに楽をして稼ぐか」を仕事選びの条件にしている求職者が多いのも事実だ。

2019年12月06日 16:31

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(1)

 国際連合主要機関の1つである国連経済社会理事会(ECOSOC)がカテゴリー1に認定するDEVNET INTERNATIONAL世界本部の総裁に、明川文保氏の就任が決...

2019年12月06日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 11月29日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援(15)~嘘が罷り通ることを許してよいのか!

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈をめぐる疑問点の1つに、当時2017-18期のLC-337A地区と地区内に設...

2019年12月06日 13:32

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(4)

 「総理大臣の犯罪」。この言葉で日本国民誰もが思い出すのが田中角栄元首相のロッキード事件だろう。いまだに理解に苦しむことは、事件の端緒がアメリカ議会公聴会での証言を基...

2019年12月06日 13:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(前)

 マンション業界のドンであった田原學氏が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、長い闘病生活を経てこの世を去った。2017年3月7日のことである。この偉人の訃報が届い...

pagetop