• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月03日 15:44

【続報】東京地検特捜部がWINカンパニー・川﨑大資ら3人を逮捕~助成決定書を偽造して融資を引き出した容疑

川﨑大資氏(旧名:塩田大介)

 東京地検特捜部は3日、株式会社WINカンパニーの代表を務める川﨑大資(51)と一山賢介(34)、板倉真(38)を詐欺容疑で通常逮捕した。

 逮捕容疑は横浜幸銀信用組合(本店:神奈川県横浜市中区)に対する「融資詐欺」で、データ・マックスが5月16日に配信した記事(関連リンク)で報じた「悪だくみの一場面」こそ、今回の逮捕容疑の根幹となる部分だった。

 東京地検の発表によると、川﨑容疑者は、自身が実質的に経営する「保育士相談窓口株式会社」の企業主導型保育所開設にあたって、保育所設置に必要な土地の取得費と保育所建築費に充てる資金をWINカンパニーが調達することを計画。資金の調達先として横浜幸銀に融資を申し込んだところ、企業主導型保育事業の助成決定を受けることを条件に融資を行う承認を得られたため、共謀して、「約1億5,000万円の助成金支給が決定した」とする内容の公益財団法人児童育成協会発行の助成決定通知書を偽造。

偽造された可能性の高い、助成決定通知書
※クリックで拡大

 川﨑容疑者らは2018年10月に、偽造した同通知書をPDFで添付した「(助成決定)通知書が届いた」とするメールを送って1億1,000万円の借り入れを申し込み、助成決定が得られたよう誤信させてWINカンパニー名義の口座に1億990万円を振り込ませていた。

 特別取材班は6月10日に川﨑容疑者の単独インタビューを行っており、その際に川﨑容疑者は「助成決定通知書を偽造して、横浜幸銀から融資を受けたのは事実。ただし、全額を返済することを条件に事件化しないということで横浜幸銀と話がついている」などとしていた。

 横浜幸銀は、この件についていっさい取材に応じていない。

【特別取材班】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop