活用策は「上階を開放」――大転換期で新天町は生き残れるか!?(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 07:00

活用策は「上階を開放」――大転換期で新天町は生き残れるか!?(前)

 周囲で活発な再開発が進む天神のど真ん中にあって、これといった動きが見られない新天町商店街。福岡という都市が、商業や社会などの在り方が変わりゆくなかで、新天町は今後、どうなっていくのか――。(株)環境デザイン機構の代表を務める佐藤俊郎氏と、HIPPO Design Research Networkの代表で、商業施設などの企画・プランニングを手がける椛島清太氏の2人の専門家に、意見を聞いた。

 ――新天町の今後について、いろいろと意見をうかがいたいと思います。

 佐藤 新天町でも、一昔前から「建替えをどうするか」などの議論がいろいろとあったと思いますが、新天町の今後を考えていく場合、どの枠組みで捉えていくかによって、課題もいろいろと違ってくると思います。

 椛島 私自身は“商業”という言葉はあまり好きではありません。というのも、今は商業の大転換期です。従前の枠組みのなかで、商店街や商業施設、街のなかでの商業の在り方などを語るのは、すでにもう時代遅れといえるでしょう。

 とても厳しい言い方をするならば、私は今の新天町の在り方には、良い部分をあまり見出せません。たとえばWi-Fiの整備などはもはや当然のことですし、インバウンドにしても“棚ボタ”のようなものです。新天町の場合は、ただ単に“良い場所”で昔から商売をやっているだけで、いざ蓋を開けてみると評価に値するかどうか、甚だ疑問です。入居テナント1つとっても、結構ナショナルチェーンの店が多いですよね。それで「地元の商店街」といえるでしょうか。今のところ、言い方は悪いですが、“立地ビジネス”のようなものです。

 佐藤 商業の意味がどんどん変わりつつあるなかで、「何のために来るのか」という新天町の“わざわざ感”とは何か、という話だと思います。

 ――天神という立地があってこそ、新天町にはあれだけ人が訪れていますが、仮に新天町が別のエリアにあったとしたら、どれだけ人を集められるかは疑問です。

(株)環境デザイン機構 代表 佐藤 俊郎 氏

 佐藤 仮に人口10万人規模の都市にあったとしたら、閑古鳥が鳴いているでしょうね。1ついえるのは、新天町は現状「困っていない」ということでしょう。

 椛島 とくに何もせずとも、放っておいてもナショナルチェーンをテナントに入れていれば、人が集まってきますしね。ただし商業的な見地からいうと、もしかしたらナショナルチェーンでさえも、新天町にテナントとして入らなくなる時代が、もう近くまできているかもしれません。

 たとえば、今の若い方たちは、我々の世代以上に価値観が変わってきていて、社会とかそういうものに対してのコミットメントは、彼らのほうが真剣に考えています。これまでのように単にブランドの店で物を買うとかではなく、物のシェアとか、物をセーブするとか、エコ・フレンドリーとか、フェアトレードなど。アメリカでは、製造と販売を直接ネットでつなげることで値段を安くするような動きも流行ってきていますし、もはや商業というより、物をつくって売る仕組みがどんどんと変わってきています。そうした変化に、今の実店舗が付いていけるわけがありません。

 そういう大転換期ですから、新天町でも自らのまちづくりなどを、ゼロスタートでやっていかないといけない時期にきていると思います。また一方で、福岡市の「天神ビッグバン」にしてもこのままでは、今後5年先、10年先には、福岡市が魅力のないまちになっていくのではないかという懸念があります。

 最近、福岡の街中を歩いていても、生活感がないというか、生活のにおいがまったく感じられません。そうした生活感がない街というのは、たとえばインバウンドの方々から見ても、あまり魅力がないのではないでしょうか。

 佐藤 生活感とか生活のにおいがないというのは、簡単にいえば、やはりそこで生活している人がいないからです。あそこは1~2階が店舗で、上層部分(3階、一部は4~5階)が倉庫とか事務室、そういった使い方ですね。それを店舗だけでなく、常に24時間人の気配がするような転換があるかもしれません。人を取り戻すために「2~3階部分をどうするか」、たとえば、シェアオフィスに転換するとか、考えるなかから、新たな発想が出てくるかもしれません。

(つづく)
【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月21日 23:14

【参院選2019】公明新人の下野六太氏当選確実

   福岡選挙区(改選数3)は、自民・現職の松山政司氏(60)が4回目の当選を確実にし、公明・新人の下野六太氏(55)が初当選を確実にした。元八女市長で立憲・現職の野...

2019年07月21日 20:54

【参院選2019】福岡選挙区・立憲民主党の現職、野田国義氏に当確

   21日投開票の参院議員選挙で、立憲民主党の現職・野田国義氏(61)の当選が確実となった。  福岡選挙区は改選議席3に対して、現新合わせ9...

2019年07月21日 20:09

【選挙速報】福岡県選挙区、議席の1つは自民党の松山政司氏に

   21日に投開票が行われた第25回参議院選挙で、福岡県選挙区は自民党現職の松山政司氏が当選確実となった。選挙運動の最中は、これまでの安倍政権の成果を挙げ、「安定し...

2019年07月21日 13:12

「小泉・竹中ろくでもない」、大コール響く山本太郎の演説

 「小泉・竹中ろくでもない、小泉・竹中ろくでもない」。街中に市民の大コールが響いた。れいわ新選組から比例代表で立候補している山本太郎氏(44)の演説中、山本氏に促され...

2019年07月21日 12:39

れいわ新選組が新宿を占拠、マスコミの黙殺はねのけ

 参議院選挙最終日の20日夕、東京・JR新宿駅西口は「れいわ新選組」支持者で埋め尽くされた。前川喜平・前文科事務次官も応援に駆け付け、同党が安倍政権に引導を渡すことに...

2019年07月21日 07:00

【7/22~9/20】鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」開催

 鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」が22日(月)から福岡県庁11階「福岡よかもんひろば!」で開催される。

2019年07月21日 07:00

グループ再編進行中 セメント事業と教育が肝(前)

 飯塚市の密着企業と目される麻生グループだが、事業再編と広域化も着実に行っている。不採算事業は清算、規模を縮小するなどしているほか、単体で売上高が落ちているセメント事...

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

pagetop