アイランドシティ 開発の現状を探る(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月18日 12:00

アイランドシティ 開発の現状を探る(後)

バス営業所開業、公共交通充実へ

 「まちづくりエリア」(約192ha)では、05年の「照葉のまち」への入居開始を皮切りに、官民による開発が段階的に進められてきた。現在、住宅地やタワーマンション、幼稚園、小中学校、病院、体育館、公園、スーパー、温浴施設などが立地し、新しいまちが形成されつつある。福岡市の公共施設としては、14年11月に福岡市立こども病院、18年12月には福岡市総合体育館(照葉積水ハウスアリーナ)、19年4月に照葉北小学校が開設している。

 現在、アイランドシティに乗り入れる福岡都市高速6号線の建設が進められているほか、商業施設を備えたホテルが建設予定だ。2019年5月末現在の住民は約3,200世帯・約9,600人。計画人口1万8,000人から考えると、島のまちづくりはまだまだ中間地点にある。

 エリアの一角では、西日本鉄道(株)(以下、西鉄)が分譲、賃貸マンション、シニアマンション、コミュニティセンター、スーパーマーケットなどから成る超高齢社会対応型「健康ネクストタウン計画」づくりを進めている。

 今年3月には、ネクストタウンに「アイランドシティ自動車営業所」が開業。20年夏ごろにバスロータリーが完成すれば、島内外を結ぶバス交通の新たな拠点となる。4月には、西鉄と三菱商事(株)の合弁会社ネクスト・モビリティ(株)が運営する、AI活用型オンデマンドバス「のるーと」の実証運行がスタート。軌道アクセスがなく、移動が自動車頼みなのがアイランドシティの弱みだが、バス路線の強化や新たなモビリティサービスによって、交通インフラを充実させたい狙いがある。

 「健康ネクストタウン計画」とは、福岡市が策定した計画で、アイランドシティ内に高齢者向け住宅、多世代交流住宅、コミュニティセンター機能を一元的に整備し、近隣の病院などとの連携を通して、高齢者にとって住みやすい住環境を提供するプロジェクトだ。博多港開発による事業者公募の結果、西鉄が選定された。総事業費は約250億円。全体面積は約4.1haで、住宅部分が約3.1ha、バス営業所部分が約1haとなる。20年の完了を予定している。

 ネクストタウンに建設するマンションには、46階建て分譲マンション「センターマークスタワー」(283戸)を始め、12階建て賃貸マンション「ラクレイス香椎照葉」(116戸)、12階建てシニアマンション「サンカルナ香椎照葉」(一般136室、介護専用24室)のほか、14建て分譲マンション「センターマークスレジデンス」(228戸)がある。ラクレイスとサンカルナには、テナントが入る。業態、テナント名は次の通り。

▼スーパーマーケット(レガネットマルシェ)
▼ドラッグストア(ドラッグイレブン)
▼飲食店(焼肉慶州)
▼スポーツクラブ(セントラルスポーツジムスタ24)
▼クリーニング(洗光舎)
▼保育所(コスモス保育園)

 アイランドシティ自動車営業所は、新宮と香椎浜の自動車営業所を統合するカタチで、島内に新設された。開業により、天神・博多駅方面、千早駅方面の系統を中心に約4割増便。ただ、現在はバスロータリーがないため、バスの発着はなく、当面は窓口機能のみだ。

 「のるーと」とは、バスとタクシーの中間に位置するモビリティサービスだ。利用者からスマホなどで配車を受け付け、島内などに設置されたミーティングポイント(乗降場)でピックアップし、目的地最寄りのミーティングポイントまで運ぶ。

 AI活用型オンデマンドバスとは、AIが配車や最適なルートを選択する仕組みで、自動運転制御ではなく、タクシー同様に運転手が運転する。ミーティングポイントはサービス開始当初は48カ所だったが、6月に3カ所増設され、今後も適宜増設される予定だ。乗客定員は8名。1名あたりの料金は島内200円。島内からイオンモール香椎浜までが300円、千早駅までが400円の設定。配車受付時間は午前6時~午後10時。

 4月25日の運用開始からまだ日が浅いが、関係者によれば、「高齢者などに利用が浸透しつつある」そうだ。実証運用期間は1年間だが、その後も運用を続ける方針だという。アイランドシティに限らず、福岡市のほかの地域や他都市、海外での導入も視野に入れている。自動運転については現在、国内にはさまざまな規制があるため、実用化のメドは立っていないが、将来的には実装の可能性がある。

求められるスピード感

 物流と生活を支える希望の島アイランドシティ。島の開発は、それ自体が福岡の経済を潤すものであることに加え、島に立地するさまざまなインフラによって生み出された新たな活力が、福岡市全体に波及することは十分考えられる。

 ただし、気になるのは、開発に時間がかかり過ぎている点だ。島内土地の分譲完了は27年終了予定となっているが、埋め立て開始から33年、まちびらきから22年もかかる計算になる。そもそも27年に分譲が終了するかどうかも定かではない。「これが身の丈に合ったスピードだ」と開き直られればそれまでだが、だとすれば、「もともと身の丈に合っていなかったのでは?」という疑問が湧く。いずれにせよ、島のまちづくりはもう後戻りできない。夢のあるまちづくりの成否は、住民、民間企業の今後の頑張りに委ねられている。

建設中の「健康ネクストタウン」右からセンターマークスタワー、ラクレイス香椎照葉、サンカルナ香椎照葉

(了)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月11日 15:19

【みやき町】ふるさと納税再開へNEW!

 佐賀県みやき町は、10日、同町内のコミュニティセンターこすもす館で、ふるさと納税再開に向けた事業者説明会を行った。

2020年07月11日 07:00

開発から半世紀を経て団地再生へ「宗像・日の里モデル」とは(後)

 ほぼ全域が1965年から始まった日本住宅公団(現・UR都市機構)の土地区画整理事業で開発されたもので、その面積は217.6haと、当時としては九州最大規模だった...

2020年07月11日 07:00

変貌しつつある大阪港~アフターコロナ時代の万博を 実現できるか?(4)

 万博関連インフラ整備は、概ね順調に進んでいるが、万博開催については新型コロナウイルスの影響は避けられない状況だ。10月に開催予定だったドバイ万博は1年間延期...

2020年07月10日 17:49

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(1)

 「お仏壇のはせがわ、再生なるか」をテーマに2回にわたって報告した。 (株)はせがわの前途は非常に険しい。潰れることはなくてもじり貧傾向を下っていくであろう。前号で...

2020年07月10日 16:52

新型コロナウイルス感染拡大~関東で猛威

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月10...

2020年07月10日 16:30

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(前)

 7月1日、自民党政務調査会外国人労働者など特別委員会が開催され、高度人材や技能実習生などの外国人材の受入れ推進について、議論がなされた...

2020年07月10日 16:22

中国東北部と北朝鮮で活発化する火山活動:富士山の噴火も(4)

 科学技術が進歩し、東京工業大学と京都大学では人工知能(AI)を駆使した火山噴火を予測する研究を進めているが、自然界の動きを正確に見極めるにはまだまだ時間がかかりそう...

2020年07月10日 16:17

なぜ、人は非オンライン会議にこだわるのか?

 今回のコロナショックが本格化してきた4月頃、私も本気でマスクをするようになったが、頭のなかは今年11月14~15日開催予定の白馬会議が実施できるかどうかでいっぱいだ...

2020年07月10日 16:15

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(7)日本の民度は、本当に大丈夫か

 裁判官による「公共の福祉」論法は、多くの識者の批判を浴びて現在では影を潜めている。しかし、それに代わって...

2020年07月10日 16:00

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが豪雨被災地6県でWi-Fi spotを無料で開放

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3キャリアは、豪雨による被害が深刻な6県を対象に、自社のWi-Fi spotを無料で開放している...

pagetop