北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論が行われている。

 旦過市場建替えをめぐっては、これまでに何度も頓挫を繰り返してきた経緯がある。市場沿いを流れる神嶽川の改修も手付かずのままだった。市と市場は12年以降、ゼロベースでの再整備検討を再開。16年には「旦過地区まちづくり基本計画」をまとめた。現在、市と市場関係者との役割分担のもと、立体換地による区画整理の進め方、新たな市場建物のあり方、管理運営会社の形態などについて、議論が行われている。旦過市場はどのように生まれ変わるのか、取材した。

雑多さ魅力だが「決め手に欠く市場」

 旦過市場建替えの話は1960年代以降、何度ももち上がってきたが、店主の賛同が得られず、そのたびに頓挫を繰り返してきた。原因について、森尾和則・旦過市場商店街副会長(小倉かまぼこ(株))は「先々の危機意識に乏しく、再整備内容を理解する店主が少なかった」と指摘する。では、事前に諮れば理解するかといえば、そうでもない。約110に上る店主はそれぞれ“一国一城の主”。全員の合意を得るのは至難のワザであり、この点は現在も変わらない。

 市場には水産物の店もあれば、精肉店や漬物店などもある。年間売上が数億円に上る店舗(市場外店舗を含む)がある一方、数百万円の店もある。自身の商売が最優先なので、市場全体のことまで頭が回らない店主が多い。このまとまりのない寄り合い体質は、旦過市場の魅力である“雑多さ”の源にはなっているが、“決め手に欠く市場”の根源にもなっており、それが現在まで尾を引いてきたわけだ。

 旦過市場沿いの神嶽川は、豪雨により2009年から2年連続で氾濫。河川の水が市場内に溢れた。14年には護岸の一部が崩落。北九州市としては、市場浸水を避けるため、河川改修の必要があった。ただ、川幅を広げると店舗の移転が必要になることから、河川改修と市場再整備を一体的に行う必要が出てきた。

 そこで、15年に市場関係者による「旦過地区まちづくり整備準備委員会」が設置され、整備手法などに関する議論がスタート。北九州市もオブザーバーとして、河川改修担当の建設局河川部を始め、商業支援担当の産業経済局にぎわい部、まちづくり担当の建築都市局整備部3部局から担当者が参加した。議論の主体は市場関係者だったが、実質的には行政主導で議論が重ねられた。

市場近くに整備室を設置

船越英明・北九州市建設局河川部神嶽川旦過地区整備室長

 市としては、所管する業務が異なる以上、3つの部局を参加させたわけだが、市場から「市場の近くに来てくれないか」と要望された。役所の常である人事異動についても、「やっと信頼関係が築けたと思ったら、別の担当者に代わるのは困る」と注文はついた。

 北九州市は16年4月、建設局河川部神嶽川旦過地区整備室を新設し、河川改修に加え、商業支援や区画整理も所管させることにした。翌年には、オフィスも市場近くの商工貿易会館内に構え、さらに職員も基本据え置いた。当初4名だった職員数は現在8名。今後、再整備が本格化すれば、さらに増員される可能性もある。船越英明室長は、10年前から旦過市場再整備に関わってきた人物だ。一連の措置について、「市場再整備に賭ける行政の本気度を示す必要があった」と説明する。

 普通の役所組織ではあり得ない対応だが、北九州市の場合、折尾地区総合整備事業のため、建築都市局に折尾総合整備事務所を設置した前例がある。役所にしては、粋な計らいというべきだ。「市場と市の信頼関係がグッと高まった」(森尾副会長)という。

市場と市の役割を明確化

 市場全体の整備計画を店主全員で議論すると、立地条件の違いから話がまとまらないリスクがあったため、A地区、BC地区、D地区、E地区に分けた。A地区は市が建物を建設する立体換地のエリア、BC地区とE地区は神嶽川改修の影響のある建物が一体づくりの長屋エリア、D地区は店舗ごとに建物が独立しているエリアになる。

 再整備を行うにあたっては、市場と市の役割を明確化する必要もあった。市は、A地区の区画整理(立体換地)のほか、河川改修を行う。一方、市場はA地区以外の建替え、保留床(売却するための床)の取得、管理運営会社の設立を行う。本来であれば、民間のデベロッパーが権利者などと交渉し区画整理を行うのだが、今回は権利関係が複雑な割に事業規模は小さく、民間事業者にとって“うまみ”がない。そこで市が乗り出したという経緯がある。

 当初は、神嶽川上空を利用するため、人工地盤を建設する案が有力だったが、工期が長期におよぶことが判明。工期が長引くことは、店舗の仮営業期間の長期化を意味するため、多くの店主に「既存の利用客が離れてしまうのでは」という不安が生じた。人工地盤以外の手法も含めた5つの案について比較検討した結果、神嶽川沿いのBC地区の店舗の建替えについては、人工地盤がない2階建て建物を建設する案に絞り込んだ。

(つづく)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月13日 15:21

半世紀の歴史見つめた看板撤去、ホテル建設着工か~柳橋連合市場NEW!

 「博多の台所」と呼ばれ、周辺の飲食店が仕入れに訪れる柳橋連合市場。同市場の中央に大きく掲げられていた看板が撤去され、現在は看板を支えていた柱と枠が残されている。

2019年11月13日 14:45

レギュラーガソリン、全国平均価格146.8円~2周連続の値上がり・福岡は147.9円NEW!

 資源エネルギー庁が11月13日に発表した石油製品小売市況調査によると、11月11日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は146.8円で、前週から0.1...

2019年11月13日 14:04

見積もり金額誤り契約辞退 福岡市の建設会社を指名停止NEW!

 福岡市は11月12日、福岡市西区の土木工事会社「(有)日進建設」に対し、落札者となったものの、契約を辞退したとして、市発注の競争入札への参加を2カ月間停止すると発表...

2019年11月13日 13:50

『脊振の自然に魅せられて』(番外編)~「恒例の英彦山登山へ」NEW!

 青春時代を過ごした仲間と英彦山へ登るのが毎年恒例となっている。筑豊の田川で中学、高校とともに学び、ともに遊んだ仲間である。それぞれ大学へ進み、サラリーマン生活を終え...

2019年11月13日 11:03

福島銀行がSBIホールディングスと業務提携NEW!

 11月11日、ネットで証券・銀行・保険業務を幅広く手がけているSBIホールディングス(以下、SBIHD)と福島県の福島銀行(第二地銀)が資本業務提携すると発表した。...

2019年11月13日 10:33

山本太郎氏がゲノム編集食品の表示を主張、「知る権利脅かされてる」NEW!

 れいわ新選組の山本太郎代表は12日、解禁されたゲノム編集食品の開発について、届け出制で表示義務もないことから「知る権利が脅かされている」と問題視し、最低限の対応策と...

2019年11月13日 10:25

受験シーズンで保護者から頼られるブレインフードが高麗人参~予防医療の新しい風(4)NEW!

 予防医療・健康増進を実践する医療施設として、全国から年間延べ3万人以上が訪れる診療所として注目されているのが海風診療所。今回、院長・沼田光生氏に、同院が推進する、予...

2019年11月13日 09:53

【凡学一生のやさしい法律学】憲法改正について(1)

 憲法制定権力という講学上の概念は歴史的事実から演繹されたものです。たとえば、明治憲法は徳川幕府を倒し、王政復古(天皇制)を成し遂げた薩長土肥の下級武士階級が憲法制定...

2019年11月13日 09:27

曖昧な株式管理が生んだ名門ゴルフクラブの経営権争い(中)

 ゴルフ場創業者の死後、株式の所有をめぐり、裁判が続いている。舞台は、福岡県糸島市にある「ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ(以下、クイーンズ)」だ。地場屈指のマンション...

2019年11月13日 07:00

監訳者に聞く 「MMT(現代貨幣理論)」とは何か?(2)

 私が言論活動を始めたのは2011年からです。最初は単なるブロガーでしたが、14年に経済評論家の三橋貴明さんが主宰するメルマガの執筆陣に加わるなど、徐々に活動の幅が広...

pagetop