北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論が行われている。

 旦過市場建替えをめぐっては、これまでに何度も頓挫を繰り返してきた経緯がある。市場沿いを流れる神嶽川の改修も手付かずのままだった。市と市場は12年以降、ゼロベースでの再整備検討を再開。16年には「旦過地区まちづくり基本計画」をまとめた。現在、市と市場関係者との役割分担のもと、立体換地による区画整理の進め方、新たな市場建物のあり方、管理運営会社の形態などについて、議論が行われている。旦過市場はどのように生まれ変わるのか、取材した。

雑多さ魅力だが「決め手に欠く市場」

 旦過市場建替えの話は1960年代以降、何度ももち上がってきたが、店主の賛同が得られず、そのたびに頓挫を繰り返してきた。原因について、森尾和則・旦過市場商店街副会長(小倉かまぼこ(株))は「先々の危機意識に乏しく、再整備内容を理解する店主が少なかった」と指摘する。では、事前に諮れば理解するかといえば、そうでもない。約110に上る店主はそれぞれ“一国一城の主”。全員の合意を得るのは至難のワザであり、この点は現在も変わらない。

 市場には水産物の店もあれば、精肉店や漬物店などもある。年間売上が数億円に上る店舗(市場外店舗を含む)がある一方、数百万円の店もある。自身の商売が最優先なので、市場全体のことまで頭が回らない店主が多い。このまとまりのない寄り合い体質は、旦過市場の魅力である“雑多さ”の源にはなっているが、“決め手に欠く市場”の根源にもなっており、それが現在まで尾を引いてきたわけだ。

 旦過市場沿いの神嶽川は、豪雨により2009年から2年連続で氾濫。河川の水が市場内に溢れた。14年には護岸の一部が崩落。北九州市としては、市場浸水を避けるため、河川改修の必要があった。ただ、川幅を広げると店舗の移転が必要になることから、河川改修と市場再整備を一体的に行う必要が出てきた。

 そこで、15年に市場関係者による「旦過地区まちづくり整備準備委員会」が設置され、整備手法などに関する議論がスタート。北九州市もオブザーバーとして、河川改修担当の建設局河川部を始め、商業支援担当の産業経済局にぎわい部、まちづくり担当の建築都市局整備部3部局から担当者が参加した。議論の主体は市場関係者だったが、実質的には行政主導で議論が重ねられた。

市場近くに整備室を設置

船越英明・北九州市建設局河川部神嶽川旦過地区整備室長

 市としては、所管する業務が異なる以上、3つの部局を参加させたわけだが、市場から「市場の近くに来てくれないか」と要望された。役所の常である人事異動についても、「やっと信頼関係が築けたと思ったら、別の担当者に代わるのは困る」と注文はついた。

 北九州市は16年4月、建設局河川部神嶽川旦過地区整備室を新設し、河川改修に加え、商業支援や区画整理も所管させることにした。翌年には、オフィスも市場近くの商工貿易会館内に構え、さらに職員も基本据え置いた。当初4名だった職員数は現在8名。今後、再整備が本格化すれば、さらに増員される可能性もある。船越英明室長は、10年前から旦過市場再整備に関わってきた人物だ。一連の措置について、「市場再整備に賭ける行政の本気度を示す必要があった」と説明する。

 普通の役所組織ではあり得ない対応だが、北九州市の場合、折尾地区総合整備事業のため、建築都市局に折尾総合整備事務所を設置した前例がある。役所にしては、粋な計らいというべきだ。「市場と市の信頼関係がグッと高まった」(森尾副会長)という。

市場と市の役割を明確化

 市場全体の整備計画を店主全員で議論すると、立地条件の違いから話がまとまらないリスクがあったため、A地区、BC地区、D地区、E地区に分けた。A地区は市が建物を建設する立体換地のエリア、BC地区とE地区は神嶽川改修の影響のある建物が一体づくりの長屋エリア、D地区は店舗ごとに建物が独立しているエリアになる。

 再整備を行うにあたっては、市場と市の役割を明確化する必要もあった。市は、A地区の区画整理(立体換地)のほか、河川改修を行う。一方、市場はA地区以外の建替え、保留床(売却するための床)の取得、管理運営会社の設立を行う。本来であれば、民間のデベロッパーが権利者などと交渉し区画整理を行うのだが、今回は権利関係が複雑な割に事業規模は小さく、民間事業者にとって“うまみ”がない。そこで市が乗り出したという経緯がある。

 当初は、神嶽川上空を利用するため、人工地盤を建設する案が有力だったが、工期が長期におよぶことが判明。工期が長引くことは、店舗の仮営業期間の長期化を意味するため、多くの店主に「既存の利用客が離れてしまうのでは」という不安が生じた。人工地盤以外の手法も含めた5つの案について比較検討した結果、神嶽川沿いのBC地区の店舗の建替えについては、人工地盤がない2階建て建物を建設する案に絞り込んだ。

(つづく)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop