自転車は交通インフラであり続けられるか?(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月19日 07:00

自転車は交通インフラであり続けられるか?(前)

 自転車は、古くて新しい乗り物だ。日本全体の自転車保有台数は7,000万台を超えるといわれ、気軽に乗れる「日常の足」として、老若男女問わず、多くのユーザーがいる。とりわけ、博多や天神などの都心部では、自動車に代わる“シティーコミューター”として、重宝されている。環境に優しく、経済的で、運動にもなる―と良いことずくめに思える自転車だが、負の側面もある。

 福岡県警によれば、2018年に福岡市内で1,859件の自転車関連事故が発生。4名の死者数を出している。そのうち自転車の法令違反による事故は186件を占める。悪質な道路交通法違反による検挙数は363件に上る。これらの数字は年々減少傾向にあるが、自転車運転マナーが向上した結果かといえば、必ずしもそうではない。福岡市のアンケートによれば、市民の約76%が「自転車運転マナーが悪い」と回答しているからだ。自転車は、運転免許が不要なため、車両(軽車両)であるという意識が希薄で、歩行者感覚で通行しがちだ。福岡市の自転車交通をめぐるルール、運用はどうなっているのか。現状や問題点などを検証した。

福岡県警による自転車運転に関する街頭啓発の様子

悪質運転約82%が福岡市内で検挙

 2018年の福岡県全体の自転車関連事故数は4,383件で、そのうち自転車運転者の法令違反に起因する事故は887件。福岡市内では、全体の約42%を占める1,859件の自転車関連事故のうち、法令違反は186件。道路交通法違反による検挙件数(赤キップ)は県全体で444件、そのうち福岡市内での検挙数は363件と全体の約82%を占める。

 検挙理由には、ブレーキなし(いわゆるピスト自転車)、信号無視、傘差し運転、通行区分違反などがあり、通行区分違反とは、歩行者が優先される歩道を通行中、歩行者に危険を与えた場合などを指す。

 福岡県警による自転車の道交法違反の検挙は、ブレーキなしや踏切侵入など重大な違反を除き、「警告主義」に基づく運用が原則だ。目的は検挙ではなく、あくまで是正。運転免許が必要な自動車の違反検挙とは、考え方や手続きがかなり異なる。

 たとえば、街中で警官から「信号無視はやめなさい」「傘差し運転はダメよ」などと注意された場合、すぐにやめれば、警告書は渡されるが、即キップを切られることはない。しかし、注意を無視して走り去ろうとしたら、「悪質だ」と判断され、追跡捕捉されて赤キップを切られることになる。「警告を受ければ、たいがいの人はやめる」(福岡県警担当者)ので、赤キップは、例外的にかなり悪質な運転者ということになる。警察の取り締まりから逃走し、逮捕された事例もある。

 とはいえ、自転車で赤キップを切られても、運転免許の点数を引かれたり、自転車に乗れなくなることはない。だが、3年以内に2回以上摘発されると、自転車運転者講習の受講命令を受け、受講しない場合は5万円以下の罰金になる。

 福岡市内の自転車事故多発スポットは、交差点周辺に集中している。警固、薬院駅前がとくに多く、南警察署入口、清水四ツ角、高砂2丁目などが続く。博多、天神、中洲周辺には突出した事故発生スポットはないが、中程度の頻度の事故が面的に広がっている状況だ。ホットスポットの1つである警固交差点周辺は、朝晩の通勤通学時に多くの自転車が集中することから、事故の発生率が高いと見られる。

福岡市内での自転車事故発生「ホットスポット」の1つ警固交差点

 福岡市内で発生した事故当事者を年代別で見ると、高校生を含む10代が453件と最も多く、20代の407件、30代の363件と続く。若者世代の事故件数が多いのは自転車に限ったことではないが、運転免許取得者が少ない10代は、総じて「自転車が車両であるという意識が希薄」(福岡市市民局担当者)なため、事故に巻き込まれやすい傾向がある。

 福岡市は13年4月、「福岡市自転車の安全利用に関する条例」を施行した。政令市では京都市についで2例目で、九州では初。自転車の安全運転やマナーなどについて、市を始め、自転車利用者やその保護者、販売店、学校長の責務などを定めている。市では条例施行に際し、条例施行前に3,112件(12年)だった市内での自転車関連事故の発生件数について、16年度に策定した「第10次福岡市交通安全計画」のなかで、20年までに「2,100件以下」に減少させるという目標を設定。「定量的な数値目標は達成できている」(同)という。

 マナーについては、現場のモラル・マナー推進員への聞き取りなどから、「かなり改善してきている」(同)と評価している。ただ、17年度に市民にアンケート調査を行ったところ、「自転車のマナーが悪い」と回答した市民が約76%に上った。そもそもマナーの良し悪しを判断する客観的な基準など存在しないのだが、少なくとも、多くの市民にとっては「まだまだ」という段階のようだ。

(つづく)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月17日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】憲法改正について(4)NEW!

   自由心証権とは裁判官に証拠の評価について自由な裁量権を認めた訴訟法レベルの規範です。この規定によって裁判官が自由に証拠の評価をすることは、正に法律の規定に従っ...

2019年11月17日 07:00

【交通取締情報】11月18日、糸島市、八幡西区で実施NEW!

 福岡県警は11月18日(月)糸島市、八幡西区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年11月16日 07:00

監訳者に聞く 「MMT(現代貨幣理論)」とは何か?(5)

 『MMT入門』のなかにも、地方分権の話は出てきます。それぞれの地域に合った政策を地域に根ざした人々が主導的に行うことは必要なのですが、それとお金の話は別なんです。J...

2019年11月16日 07:00

「健康コンサル」も担う 佐賀の鍼灸師、長尾良一氏(後)

 長尾院長はいつも朗らかに口ずさむ。「1日1日消えゆく毎日、健康で楽しく生きなければもったいない、もったいない」。1人ひとりの健康の重要さを説いてくれる。そして「1人...

2019年11月15日 17:43

「第10回スポーツひのまるキッズ北信越小学生柔道大会」開催

 (一社)スポーツひのまるキッズ協会(永瀬義規理事長)が運営する柔道大会『第10回スポーツひのまるキッズ北信越小学生柔道大会』が11月3日、富山県射水市のアルビス小杉...

2019年11月15日 17:01

【西部ガス】1,000億円投資、事業の多角化とグループ基盤の底上げに邁進~ガス小売自由化などの逆境を乗り越えられるか

 西部ガス(株)の代表取締役社長・道永幸典氏は14日、福岡市の本社で記者会見を開き、グループ中期経営企画「スクラム2022」を発表した。同社は16年に策定した中期経営...

2019年11月15日 16:10

日本の近未来を左右するアジアの新潮流:その源流はインドにあり!?(中編)

 ロシアからの援助や協力がなければ、中国はアメリカやその同盟国との軍事的な対立に勝てる見込みはない。本音の部分ではロシアと中国はともに世界的な覇権を目指している国同士...

2019年11月15日 15:42

武蔵商事(株)(東京)/空調機器リースほか

 武蔵商事は11月6日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

2019年11月15日 15:42

37号店「次郎丸店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 揚げ立てアツアツ&ジューシーな唐揚げが大人気で、店舗網を急拡大中の唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」。同店の37号店目となる「次郎丸店」が、11月14日にオ...

2019年11月15日 15:21

CSW勝部麗子さんと大阪府豊中市社会福祉協議会(前)

 「社会福祉協議会」とは社会福祉のことを専門に行う民間の福祉団体(社会福祉法人)のことである。法律(「社会福祉法」第10章 第2節社会福祉協議会)に位置づけられている...

pagetop