街全体に最先端のテクノロジー 竹芝地区でスマートシティ共創へ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月03日 12:00

街全体に最先端のテクノロジー 竹芝地区でスマートシティ共創へ(後)

竹芝地区開発計画イメージ

ソフトバンクの役割――

 ソフトバンクは、移転予定の本社オフィスのデザインをWeWorkに委託することで、部署をまたぎ、コミュニケーションを深められるオープンイノベーションの創出を目指す。また、東京のほか横浜、名古屋、大阪、福岡のWeWorkの拠点を最大限活用し、場所や空間・コミュニティに縛られない、イノベーティブでクリエイティブな働き方を追求するという。

 ソフトバンク・今井氏は、「竹芝に本社を構えながら、社員は場所に縛られない職場環境を構築します。仮に今日のお客さまが横浜であれば、横浜のWeWorkで仕事をこなすことができる環境を整えます。WeWorkは年内に国内30店舗まで広げたい。この場でデベロッパーの方がいれば、ぜひWeWorkの入居の検討をお願いしたい」と呼びかけた。

 それでは、東急不動産とソフトバンクが描くスマートシティとはどのようなものか。これについて今井氏は、「最先端のテクノロジーの実験場」と語る。

 温度や二酸化炭素濃度などによる環境の変化や、歩行者の滞留、設備の不具合、公共交通機関の遅延など、エリア内で発生するさまざまな「イベント」をデータとしてリアルタイムに収集し、時間帯や個人の位置情報、行動の制約やそのほかの予測などと関連付けて分析することで、竹芝地区に滞在する人の的確な判断や最適な行動を支援するアプリケーションを提供できるプラットフォームを導入するという。

 具体的な活用事例としては、ビル内での映像解析やセンシングにより不審者や異常な行動、設備の不具合などが検知された場合、屋内位置情報システムにより発生場所から最も近くにいるスタッフのスマートフォンに自動で状況を通知して対応を促し、迅速な警備を実現する。

 また、指名されたスタッフがスマホで対応依頼を受諾すると、その情報がほかのスタッフに自動で通知されるため、スタッフ間で効率的に情報を共有することが可能になる。

 さらに、動画顔認証システムをセキュリティシステムと連携させ、社員がICカードなどをゲートにかざすことなくスムーズに入館できるようにする。単なる顔認証で社員を確認するだけではなく、その社員は誰であり、何階のフロアにいる人かもわかるようにし、それをエレベータと連動して、動く仕組みにするというものだ。エレベータの混雑状況やその予測をも配信し、エレベータの混雑緩和が図られるほか、公共交通機関の遅延を検知した場合、最適な代替手段をスマホアプリやサイネージで案内する仕組みも取り入れられる予定だ。

 ソフトバンクは5Gネットワークを整備することで、5Gの「超高速」「大容量」「低遅延」「多接続」「高信頼」などの特長を生かし、ロボティクス、モビリティ、AR、VR、ドローンなどの幅広い領域でさまざまな事業者と共創し、地区の発展や課題解決を実現するスマートシティのモデルケースの構築に取り組むことになる。

 「たとえば、電車が遅延すると、帰宅方法が変わるかもしれません。交通状況や店の混雑データが事前にわかれば、交通手段の変更やランチで店に行く選択があります。そういうさまざまな情報がリアルタイムにスマホに伝達されれば、行動の選択の幅が広がります」(今井氏)。

東急不動産の役割――

東急不動産の岡田副社長

 地震や各種災害に強い建物構造を備えた建物とするとともに、エネルギープラントを導入するなど、最先端のBCP計画で入居企業の事業継続性をサポートする東急不動産の岡田氏は、次のように話した。

 「計画地から浜松町駅まで、空中の歩行者専用のデッキを設けます。浜離宮、芝離宮のような緑も隣接していることから、最大の魅力は横浜から房総半島まで一望できるベイエリアの眺望です。さらに、オフィスビルでは最高水準となる非常時5日間の電力供給が可能です。浸水、高潮対策として、受変電設備などの主要設備は2階以上に設置しており、地域の防災拠点として、オフィスロビーなどの低層部共用空間を一時滞在施設として整備するとともに、6,300人・3日分の防災物資も完備しています。竹芝を最先端技術のショーケースにしたい。東急不動産がハードとエリアマネジメント、ソフトバンクがテクノロジーを担当し、両社で竹芝をスマートシティとすべく共創することになりましたが、この事業は2社だけではできません。これから多くの企業と一緒に、サービスの提供に向けた社会実装へつなげていきたい」。

 竹芝は2020年をメドにスマートシティへと生まれ変わり、テクノロジーの実験場へと変貌する。近隣の再開発プロジェクトとともに、浜松町・竹芝周辺がさらに賑やかになりそうだ。

竹芝でスマートシティの実現へ

(了)
【長井 雄一朗】

「(仮称)竹芝地区開発計画」の概要

事業主体:(株)アルベログランデ
(「(仮称)竹芝地区開発計画」を整備するため東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社)
所在地:東京都港区海岸1-20-9ほか
敷地面積:約1万5,590m2
延床面積:約20万1,159m2
開業:2020年(予定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月12日 07:00

日本橋川に「青空を取り戻す」 首都高の地下化プロジェクト(前)NEW!

 日本橋の直上を通る首都高速道路(以下、首都高)の地下化プロジェクトがついに始動する。今年9月、東京都の都市計画審議会は、都心環状線の日本橋区間約1.8km(トンネル...

2019年11月12日 07:00

五ケ山ダムにみるインフラツーリズムNEW!

 水害や渇水に対応するために、1983年に事業着手し、2018年3月に竣工した「五ケ山ダム」が今、脚光を浴びている。ヤフオクドーム約22杯分という福岡県内最大の総貯水...

2019年11月11日 17:01

【業界ウォッチ】スポーツオーソリティ アーバンステージ

 イオンのスポーツ専門店「スポーツオーソリティ」は、新業態の「スポーツオーソリティ アーバンステージ 」を10月25日開業した広域型ショッピングセンター「テラスモール...

2019年11月11日 15:31

【12/7】「マンション資産を守るセミナー」開催

 一般社団法人200年価値あるマンション研究会は、分譲マンションなどの建築物所有者・居住者の生命と生活の安全と保護を目的とした、研究・啓蒙そして瑕疵の調査、専門的技術...

2019年11月11日 15:02

【注目!高知県知事選】福岡出身の野党統一候補と下村博文・元大臣支援のカジノ推進官僚が激突――れいわ旋風で奇跡の勝利あるか

 11月7日に告示された高知県知事選(24日投開票)が「大都会優先・地方冷遇」の安倍政治に対するイエスかノーかを問う与野党激突の決戦となりつつある。自公推薦の元総務省...

2019年11月11日 13:55

日本の政治の何が問題か(4)

  拓殖大学大学院地方政治行政研究科 特任教授 濱口 和久 氏 「安全保障関連法案」審議と民主主義  平成27年9月19日未明に安全...

2019年11月11日 13:30

土木技術者が語る日本の防災のあるべき姿(後)

  (株)共同技術コンサルタント 福岡支店長 松永  昭吾  氏 危険な臨海部になぜ人が集まったのか  東日本大震災では2万人...

2019年11月11日 13:00

九州地銀の2020年3月期 中間決算発表~今日11日は6行

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の第二四半期(中間期/9月期)決算の発表日の推移表である。 ※クリックで拡大 ...

2019年11月11日 12:29

業法違反で熊本県の貨物運送会社に行政処分~九州運輸局

   九州運輸局は11月8日、熊本県天草市の貨物運送業者に対し、輸送施設の使用停止命令(240日車)のほか、運行管理者に資格証の返納を命じた。ドライバーに健康診断を実...

11/15午後5時「いま消費税を問う!」緊急院内集会

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回はすべての人が「しあわせ」を感じて生きてゆける社会を構築するためには現...

pagetop