• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月13日 11:32

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年9月13日付の記事を紹介する。


 この9月5日、安倍首相はロシアのプーチン大統領と27回目になる首脳会談をウラジオストックで行った。「東方経済フォーラム」という国際会議の場を利用してのこと。平和条約を締結し、領土問題を解決したい安倍首相。対するプーチン大統領は北方4島の経済開発に日本の資金と技術を投入したい。日本は先ずは領土問題を解決してから、経済交流を加速させたいとの立場だが、ロシアは経済交流を先行させたいと考えている。

 両者の溝は深くて広い。何度膝を突き合わせても、「未来志向で解決を目指す」という当たり障りのない合意を繰り返すだけで、何ら実質的な進展はない。このままでは安倍首相の唱える「戦後外交の総決算」は絵に描いた餅で終わりそうだ。

 さて、アメリカのトランプ大統領であるが、2016年の大統領選挙におけるロシアの介入問題にいまだ取りつかれている。本人は「何らやましい点はない」と相変わらず強気の姿勢であるが、息子たちや娘婿がロシアでのトランプ・タワー建設に絡んで動いていたことは動かしようがない。トランプ大統領とプーチン大統領とはウマが合っているようだが、その背景には知られざる2人の思惑が隠されている。

両大統領は北方領土カジノ構想を計画している

 そのキーワードは「北方領土カジノ構想」である。2005年、トランプ氏が来日した際、最大のテーマになったのが「国後島のリゾート開発」だった。自分の持つ経験、資金、ノウハウを投入し、ホテル、カジノ、商業施設、アミューズメントパークが一体となった統合型リゾート施設(IR)やハブ空港を建設したいとアピールしていた。

 トランプ氏は浮き沈みを幾度も経験している。大成功もあれば破綻もあった。トランプ氏はお酒をあまり飲まない、煙草も吸わない、ギャンブルにも手を出さない。とはいえ、不動産開発、ビジネスにおいては「ギャンブラー」的な面があることは否定のしようがない。「ここぞ」と思ったら資金を投入する。バブルの最盛期、ニューヨークの不動産開発において、全面的に資金面で支えていたのは日本の銀行だった。

 特に彼に潤沢な資金を提供していたのは、長銀(日本長期信用銀行)だった。トランプ氏の方から希望したのではなく、長銀の方から「使って下さい」とばかりに大量の資金が融資されたのである。

 ところが、日本でバブルが崩壊すると、長銀を始め日本の銀行は手の平を返して「貸しはがし」を行ったのである。「二、三年待って欲しい」とトランプ氏も懇願したそうだが、銀行は彼の懇願に耳を傾けることはなかった。

 当時を振り返り、「あんな惨めな思いをした事はかつてなかった」と、彼は語っている。「日本の銀行は信用できない。もう二度と日本とは付き合わない」とまで思ったようだが、その後、考え直したという。「失敗したのはそれだけ先が読めなかったからだろう。自分の目を覚まさせてくれたのは日本の銀行ではないのか?」。

※続きは9月13日のメルマガ版「トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月27日 10:56

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(1)NEW!

 日本では緊急事態宣言が解除されたが、先行きに対する不安は残ったままだ。そのため、政治家はいうにおよばず、ビジネスの世界でも冒険心や挑戦の気概を失い、立ち止まってしま...

2020年05月27日 10:18

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(中)NEW!

 放射線の話になると、さまざまな単位が出てくるため、以下に簡単に説明しておきたい。原発事故の記事が出ると、多くの読者はこれで訳がわからなくなる...

2020年05月27日 07:00

【書評】『やる気を引き出す言氣の心理学――働き方か生き方改革か』柳平彬著(ぱるす出版)NEW!

 著者の柳平氏は、昨今議論されている働き方改革について、より大事なことは1人ひとりの「生き方改革」ではないかと主張する。その理由は人の潜在的な能力を引き出すには...

2020年05月27日 07:00

博多阪急3月期、売上高4.7%減 インバウンド、コロナ禍響くNEW!

 エイチ・ツー・オー・リテイリングの発表した2020年3月期決算によると、博多阪急の売上高は...

2020年05月26日 17:24

シリーズ「ホテル淘汰」(6)~緊急事態宣言全域解除「アフターコロナ後」の観光地・観光ホテルに求められる新基準(ニュー・ノーマル)

 コロナ騒動のなか、日田市日田温泉地区(隈町エリア)の三隈川の川沿いにある、「山水館」を運営する(株)リバーサイドホテル山水が5月15日、大分地裁日田支部に破産手続き...

2020年05月26日 16:59

福岡地所がグループ再編、キャナルシティなどの管理事業を分割へ

 福岡地所は6月1日、商業事業機能を完全子会社のエフ・ジェイエンターテインメントワークス(以下、FJeW)へ吸収分割する。

2020年05月26日 16:24

日経平均株価~緊急事態解除で前日比+ 529.52円の21,271.17円

 安倍首相は25日夜、新型コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態宣言を31日まで継続していた首都圏の1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)と北海道に対して、期...

2020年05月26日 15:30

(株)ニューオータニ九州の社長~新しい価値観のもと「できないことができた」

 新型コロナウイルスの衝撃で観光業全体が苦境に喘ぐなか、ホテルは新たな取り組みを始めている。ホテルニューオータニ博多は当地のシティホテルとして初めて弁当、オードブルの...

2020年05月26日 14:32

コロナ対策 福岡市独自の事業者向け支援策総まとめ(5/22版)

 福岡市の新型コロナウイルスに関する事業者向け支援策について、市独自の支援策と問い合わせ窓口を総まとめ...

ここからツイッターデモの威力が問われる

 毎日新聞世論調査で安倍内閣の支持率が3割を切った。黒川検事長の常習賭博罪が発覚したにもかかわらず、安倍内閣は黒川検事長に対する懲戒処分を行わず、6,000万円を超え...

pagetop