• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年9月20日付の記事を紹介する。


北方四島のうちの一つである国後島

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・トランプ」との異名を持つ程の不動産王であった。日本だけでなく、環太平洋地域にまで彼の資産は広がり、一兆円規模とまで言われていた。その彼が一番力を入れたのがニューヨークであり、リージェンシー、フォーシーズン等のホテルを買収し、大成功していたのだが、バブル崩壊後、彼も長銀から手の平を返され、破綻してしまった。

 この高橋氏とトランプ氏は似た者同士として親交があり、北方四島の開発計画に高橋氏も誘われていた。とはいえ、北方領土はソ連時代に不法に占領された経緯があり、日本企業は参入できない状況があった。いわゆる「未解決の領土問題」である。この政治的課題が克服されないため、トランプ氏肝いりの事業計画はお蔵入りを余儀なくされてきた。ところがトランプ氏の大統領当選により、再び脚光を浴びる事になったわけだ。

 2016年5月、トランプ氏が大統領選挙を戦っていた時期、参議院の外交防衛委員会において筆者は岸田外相に質問したものだ。「米大統領選挙でトランプ氏が勝利するかもしれないが、彼は前々より北方領土にカジノを開発するプランを持っていた。もし彼が大統領に当選し、ロシアにこのプランを提唱すれば日本政府はどう対応するのか?」と。岸田外相の反応は「仮定の話には一切お答えできません」とつれないもの。とはいえ、この場面の映像がテレビで繰り返し流され、話題となったものである。実は、同じ質問を安倍総理にもしたのだが、残念ながら真摯な回答が得られることはなかった。

 では何故、北方四島の中で、国後島なのか。面積の規模、発展の状況からすれば択捉島の方がふさわしいはず。実はトランプ氏にとって、国後島は思い入れのある島なのだ。トランプ氏が良く使っていたフレーズに「Make America great again(米国を復活させる)」「America First(米国第一)」がある。これを最初に提唱したのはチャールズ・リンドバーグ氏であった。

 彼は大西洋単独横断飛行を成功させた、世界的に最も有名な飛行家であるが、1931(昭和6)年に北太平洋航空路調査のため、夫妻でカナダ、アラスカ経由で来日した事があった。この時は彼が操縦桿を握り、飛行機で北海道・根室に向かっていたのだが、国後島沖で濃霧に遭い不時着を余儀なくされた。幸い夫妻は国後島の漁民に救助され一命を取り留めた。そのため、リンドバーグ夫妻の記念碑が国後島には建立されている。

※続きは9月20日のメルマガ版「トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop