• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月15日 07:00

「健康コンサル」も担う 佐賀の鍼灸師、長尾良一氏(中)

“師匠"として尊敬される存在 患者だけではなく、プロからの評価も高い。

石塚和徳氏(和心堂院長、日中特種針法研究会学術部長/栃木県佐野市)
 石塚氏は中国留学終了後、留学時のやり方をベースに磨きをかけてきた。長尾院長との出会いが大躍進につながる契機となった。長尾院長の指導の下にさまざまな知識、治療の奥行ある極意を伝授された。長尾院長の指導を参考にして、自身の治療に役立てている。「患者さんの悩みを解消しようとする長尾先生の熱意と研究熱心さには頭が下がる。まだまだ足元にもおよばない」と脱帽する。

後藤茂氏(後藤鍼灸院長/東京都大田区)
 後藤氏は、鍼灸院のほかに専門学校で月曜と木曜の週2回、授業の講師をしている。また、毎月1回、福岡で鍼灸院の講師をしている。後藤氏は次のように話す。「長尾先生には教示を受けている。中国で広範囲に広がっている先生のネットワークにはいつも驚かされる。治療師の腕前が評価されているだけではない。先生の人柄も中国で非常に尊敬されている。日本に先生のような方はいないだろう。まさに国宝級といえるのではないだろうか」

 筆者も同感である。後述するが、筆者自身の病状に対して治療効果を上げようとする熱意にはいつも頭が下がる。たまに治療経過が芳しくないときがあるが、長尾治療院へ行き治療を受けると、「先生はあらゆる可能性を探り、治療方法を必死で研究してくれていた」と感じることができる。新たな治療方法を考え出して、病状回復に努力してくれるのである。

中国での長尾院長のネットワークは広く、人望も厚い
中国での長尾院長のネットワークは広く、人望も厚い

長尾治療院は精神鍛錬の場

 筆者に長尾治療院を紹介してくれた命の恩人がいる。

 井水浄化システムを手がける(株)ゼオライト(福岡県)の創業者で取締役名誉会長を務める河村恭輔氏と、妻で代表取締役会長・河村勝美氏である。

 河村夫妻と長尾院長とはかれこれ5年ほどの付き合いになる。病気を治すために特定の治療を受けているということではなく、健康全般の相談に乗ってもらったり、アドバイスを受けたりしている。

 恭輔氏は胃腸が弱く、針、お灸と施術を受けに定期的に通院することを日課にしている。自宅から長尾治療院まで距離にして50kmもある。最近では1人で電車通院できるまで体力が回復できたことに感謝している。

 勝美氏は癌の手術後、抗がん剤の影響でたいそう身体が弱り、仕事はもちろん日常生活もままならない状態に陥った。その最悪時に長尾治療院で手当て処置をしてもらい、今では毎日仕事ができるようになるまですっかり元気を取り戻した。

 河村夫妻は「長尾先生に接していると、治療という枠を超えてしまう。先生の志の高さに啓発されて、道場で鍛錬を受けるように、身の引き締まる思いがする。まさしく心の鍛え方を勉強させてもらっている」と強調する。

薬に頼ってばかりいると自力で治す力がなくなる

 筆者と長尾院長との出会いは2年前に遡る。仕事と家事との多忙な毎日のなかで、いつも風邪気味だったり、頭が痛かったりする不健康な状態に悩まされていた。そんなときに、河村勝美氏から長尾治療院を紹介してもらったのである。

 早速治療の予約を入れ、長尾治療院のある唐津まで車を走らせた。福岡から約1時間。長尾院長を前に、身体の不具合をあれこれ話し、マッサージ、針、お灸と症状に合わせて施術してもらった。それ以後、1週間に1回ほど通い続けることになった。通院しているうちに、治療院にいる間の、先生やほかの患者さんとの会話が非常に重要であることに気がついた。

 ほかの患者さんと話している内容に、自分自身に当てはまることがたくさんあることを知った。治療を受けながら勉強させてもらっていた。「大事には至らないが、自分と同様に根本的な治療が受けられずに悩んでいる方々がたくさんにいる」ということに思い至った。

 筆者はよく風邪をひいていたが、そのたびに就寝前に市販の風邪薬を飲んでいた。すると翌朝、すっきりと元気になる。だから風邪薬の服用を続けてきた。しかし先生が話すことを聞いて、いかに無知だったかを知り愕然となった。

 「風邪の症状は回復しても、そのぶん免疫力が落ちる。だから自力で治すことをしないで薬に頼ってばかりいると、自分で治そうという力がなくなってしまう」。自明の理なのだが、こんなふうに長尾先生は平易に教えてくれる。

 また、こんなことも教えてもらった。「薬は人工的につくられた、機能性の高い化学合成物質なので、身体のなかで化学反応を起こす。漢方薬に使われる生薬(草根木皮)とは違って薬という名の異物を体内に入れることで、肝臓(化学工場)は解毒作業で無理をしてオーバーヒートする」

 何よりも「患者さんがつらいところを必ず治し、結果を出す」という長尾院長の真剣な対応には頭が下がる。そのような長尾院長への信頼感が高まり「この先生に自分の健康を預けよう」と決意した。

(つづく)
【青木悦子】

<プロフィール>
長尾 良一(ながお・りょういち)

 1949年福岡県生まれ。手技療法の大家であった父・松造氏の後を継ぎ、1980 年佐賀県唐津市で長尾治療院を開業。長尾流の手技による独自の鍼灸治療を行う。現在、長尾治療院院長。1991年に日中特種鍼法研究会を発足させ会長に就任。中国遼寧省中医研究員座教授、中国雲南省中華耳針学友会名誉会長、中華人民共和国雲南省耳針研究所名誉教授など役職多数。中医学の手法を用いた有効性の高い独自の健康法を民間に普及すべく講演活動を行う。

<COMPANY INFORMATION>
長尾治療院

所在地:〒847-0014 佐賀県唐津市西城内6-7
治療内容:内科・外科・婦人科・皮膚科眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・精神科・脳神経科系
TEL:0955-72-7243
FAX:0955-74-7072
URL:http://nagao-chiryouin.jp

▼関連リンク
生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月06日 07:00

年間700万人が日台間を往来 教育、歴史など広がりを見せる文化交流(前)NEW!

 台北駐福岡経済文化弁事処(以下、福岡弁事処)は中華民國駐長崎領事館を前身とし、1970年の福岡移転を経て、台湾の代表機関として日台間の交流促進などの役割をはたしてい...

2020年06月06日 07:00

主要11社の経常利益率ランキング タイヨーなど5社が上昇NEW!

 これまでに判明した主要流通企業11社の2020年2~3月期決算によると、期間のもうけ具合を表す経常利益率(経常利益÷営業収益)は前年度から5社が上昇、6社が低下した...

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

pagetop