• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月15日 15:21

CSW勝部麗子さんと大阪府豊中市社会福祉協議会(前)

大さんのシニアリポート 第83回

わたしが参加した分科会の風景
わたしが参加した分科会の風景

 9月10日(月)、11日(火)、(公益財団法人)「さわやか福祉財団」主催による「いきがい・助け合いサミットin大阪」が開かれ、自費で参加した。「さわやか福祉財団」(以降「さわやか」)の理事長・清水肇子氏は「さわやか」の情報誌『さあ、言おう』の8月号で、「柱となる住民主体の地域づくりをすすめる生活支援コーディネーターや協議体、そして現場の関係者の皆さんと、福祉・介護の専門職だけではなく、行政や医療、教育職や企業関係者、さらにそうした各会を代表する学識者の方々など…」と横断的な立場の人たちが一堂に会する今回のサミットの意義について述べている。とにかく参加人数3,000人という、人いきれでむせかえった二日間だった。その一部を報告したい。

 10日はあいにくの台風15号に直面、新幹線が遅れに遅れ、会場の大阪府立国際会議場(グランドキューブ大阪)に着いたのが午後2時半。午後3時半からの第一部の分科会(全部で54の分科会があり、そのうちから3つをセレクトできる仕組み)にかろうじて間に合った。

 公益財団法人「さわやか福祉財団」は、1991年11月に「さわやか福祉推進センター」として活動をはじめ、95年に市民参加型財団として法人化された。当時の理事長は堀田力氏(現会長)で、「新しいふれあい社会の創造」を基本理念としている。

 私は2008年に理事の丹直秀さんを知り、「さわやかパートナー」(賛助会員)として10年以上のお付き合いがある。「さわやか」主催のフォーラムに複数回参加し、全国の福祉関係に携わる人たちと知己を得ることになった。最も参考になったのは、進行中の「地域包括ケアシステム」(重度の要介護者が、住み慣れた地域で生活できる)などの具体的な中身(各行政の関わり具合、熱意度)を肌で感じ取ることができた点だろう。山梨県北杜市や埼玉県和光市など(問題を抱えつつも)先駆的な行政もあれば、無関心を装う行政もある。そこに大きな格差(温度差)があることを知った。

 私が参加した分科会は3つ。そのなかの1つ、「生活困窮の人が地域の人々とともに生きる地域をどうつくるか」(進行役は勝部麗子氏、豊中市社会福祉協議会福祉推進室長)はどうしても参加したい分科会だった。

 2014年4月8日から6月3日まで週一で放送されたドラマ「サイレント・プア」(NHK総合)は、江墨区(架空名)の社会福祉協議会地域福祉課に所属する1人のCSW(コミュニティソーシャルワーカー)が、徹底した地域住民の視線で難問に最後まで立ち向かい解決するというドラマである。主演の里見涼役を演じたのが深田恭子さんで、勝部さんがモデルである。主人公の信念は「人は何度でも生き直せる」ということ。

 ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合 2014年7月7日放送)「地域の絆で、“無縁”を包む コミュニティソーシャルワーカー 勝部麗子」で、SOSを発信しない住民。訪問してもドアを開けてくれない住人。そんなとき勝部さんの必須アイテムは名刺である。名刺の裏にメッセージを書き込み、ドアに挟み込む。これを飽きるほど繰り返す。こうして2年通い続け、ようやくドアを開けてくれた住人がいた。「助けて」という声をあげられない住民に、「あなたを気にしている人がここにいますよ」という思いを、繰り返し発信し続けることだ。勝部さんは年間2,000枚の名刺をつくる。「たとえ本人が迷惑だと感じても、相手への思いを伝え続けたい」と語る。

 勝部さんのモットーは、「目の前にいる困っている人から逃げないこと。決してあきらめないこと」である。脳卒中で生きる希望を失いかけた青年への寄り添い。「ゴミ屋敷」の大家と苦情をいう近所の住民との間で、時間をかけ大家と住民とを結びつけ、とうとう住民と大家とでゴミを排除した。「ひきこもり」に関しては、個性に応じた目標を設定し、社会につながるための「ひとりひとりの出口づくり」を行い、就労支援にも関わる。

わたしが参加した分科会の風景
分科会に参加した人たち

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月17日 07:00

『脊振の自然に魅せられて』感謝状授与と活動紹介記事(後)

 昨年9月末から、ワンゲルOBが主体となり設置を開始した。最終設置に西日本新聞のS記者が同行。S記者はスニーカーでの登山であった...

2021年01月17日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(6)

 「気候正義とは、気候変動は人為的に引き起こされた国際的な人権問題であり、この不公正な事態を正して地球温暖化を防止しなければならないとする考え方です。「気候の公平性」...

2021年01月16日 15:15

中洲の灯は絶えない、必ず復活する(1)意外としぶとい

 中洲を専門とする不動産業者は14日にも顧客から17件の休業申し出の連絡を受けたようだ。しかし、暗い感じはまったくない。関係者は「経験こそが財産、数億円の価値をもつ力...

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

2021年01月15日 16:58

関係者困惑~西日本新聞の新天町再開発記事は飛ばし!?

 2021年の元旦、福岡の地方紙である西日本新聞の一面に、センセーショナルな文字列が躍った...

2021年01月15日 16:51

前熊本市長・幸山政史氏が自伝「下手と呼ばれた男の流儀」を出版

 熊本県議、熊本市長を務めた後、熊本知事選に2度出馬した幸山政史氏がこのほど、政治家生活25年を機に、自伝をまとめた。到底書評と呼べるものではなく、読書感想文の域を出...

pagetop