• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月30日 07:00

続々・鹿児島の歴史(12)~「鹿児島ぶり」~

 「鹿児島風流(ぶり)」について。本書は、江戸の講釈師の伊東凌舎が、参勤交代で帰国する27代斉興に随行して来鹿し、1836年から翌年にかけて藩内の様子を文や挿絵でまとめたユニークな紀行文です。凌舎が江戸に戻った後に出版され、挿絵は浮世絵にもなっています。薩摩富士と呼ばれる開聞岳の浮世絵は、頂上が冠雪しています。

 当時の特徴的な様子・行事等をまとめます。読みやすいように口語訳します。

○三位様(25代重豪)の考えから、粗野・武骨の風潮を和らげるために、方言の代わりに上方や江戸の言葉を使わせ、上方から多くの芸子を呼び寄せ、170人程にもなった。近年は、騒がしく、武家の若い者のなかには心得違いするものもあり、多くは帰国させた。今は20人ほどである。鹿児島生まれの芸子も6、7人はいる。(重豪の開化政策の一環ですが、言葉については、江戸育ちの重豪には鹿児島弁がわかりにくかったという一面もありました)

○演武館で、犬追物があった。殿様の名代役もいて、烏帽子、大紋で鎌倉言葉を使っている。「犬が見えて候」などという。かぶら矢で追い、強く当たった犬は馬鹿になったようだ。(犬追物は弓馬鍛錬のもので、小笠原流と島津家の流とが伝わり、前者は室町、後者は鎌倉とされました。島津家のお家芸として自慢のものでした)

○桜島は高さ1里、廻りは7里である。三位様の時、ここで狩りをしたところ桜島の神様が怒って火事になったと伝えられる。そのため桜島では狩りはもちろん鉄砲も禁止である。温泉もある。桜島権現の神体は兎で、桜島の人は兎を耳長様という。(安永の噴火で、148人が死亡、多数の家屋の全半壊がありました)

○琉球人と酒盛りをした。言葉はよくわかった。笛を吹き、蛇皮線を弾いて清朝の踊り等を見せてくれた。礼儀正しかった。(琉球貿易の関係から、琉球館もありました。流鏑馬を見た時「琉球人もあまた見物のうちにまじわり居る、異風にて候。然る処、諸人の様子、琉人は常に見つけ居候間、めつらしからず。かへつて拙者共を皆見物致、内々笑居候」とも書いています)

○鹿児島の武士屋敷には、「殊の外」椿が多かった。(椿は、落花の様子が落首を想起させ、一般的に武家では嫌われました)

○西田橋、御門の橋、新橋、大手の橋、いずれも擬宝珠は慶長17年の銘である。(橋に擬宝珠をつけるのは、同年に幕府から禁止されたためです)

○吉野の牧で馬追があった。見物の男女が追々集まった。鹿児島の諺に、人が多く集まることを「御馬追のごとく」という。遠巻きに見える幟の数は、富士の牧狩ともいうほどである。城下の諸士300騎ほども乗馬で走り回る。名人もいる、下手もいる、落馬の人も多い。その後貝を吹いて合図をすれば、遠くの山から段々追い落とす。近くになるとときの声もすさまじく、馬は五、六百もいるだろう。

○当国は万事国中で用いる物は土地でできる。砂糖蔵は織物がある。築地ではたたらを踏み、鍋釜を鋳る。できないものは羽二重、ちりめん、数の子、昆布等である。金山で金を割り谷山で刀を打つ。であれば、他国への通路がなくても不自由はない。ないものは一向宗と遊女屋のみである。芝居、相撲は時々ある。このような状態なので、実に日本の別世界とでもいうべきである。(ちょっとヨイショしすぎです)

(つづき)

<プロフィール>
麓 純雄(ふもと・すみお)

 1957年生。鹿児島大学教育学部卒、兵庫教育大学大学院修士課程社会系コース修了。元公立小学校長。著書に『奄美の歴史入門』(2011)『谷山の歴史入門』(2014)『鹿児島市の歴史入門』(2016 以上、南方新社)。監修・共著に『都道府県別日本の地理データマップ〈第3版〉九州・沖縄地方7』(2017 小峰書店)。ほか「たけしの新世界七不思議大百科 古代文明ミステリー」(テレビ東京 2017.1.13放送)で、谷山の秀頼伝説の解説などに携わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

pagetop