「インボイス制度」導入前における財務体質強化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月11日 12:00

「インボイス制度」導入前における財務体質強化

(株)アンツインシュアランス 代表取締役社長 玉井 省吾 氏
(株)アンツインシュアランス 代表取締役社長 玉井 省吾 氏

 10月は消費増税や幼児教育無償化など、経済環境に影響を与える変化が大きい事象がありました。軽減税率やポイント還元制度など、消費者視点からの情報がメディアを賑わせています。

 一方で今回は、事業者の視点から脅威となり得る制度変更として、2023年10月1日から導入される「インボイス制度」についてお話しいたします。主に対象となるのは、売上高1,000万円以下の零細事業者の方々です。

 免税事業者は、インボイス制度が導入されると得意先が仕入税額控除できなくなるため、消費税分の値引き要求や取引解除などのリスクに晒されることになります。

 また、それにともない、資金繰りの悪化が予想できます。さらに売上高1,000万円未達の状況で、“課税業者になってもらう”圧力がかけられるかもしれません。23年10月に向けて、「免税事業者のまま実力を付けていくか」「課税事業者になるか」「値引き要求に応えるか」――などの選択を迫られることになります。

 オンリーワンの強みをもつことで、免税事業者のままでも、得意先からの値引き要求や契約解除は乗り越えられるかもしれませんが、実際には厳しい環境に立たされることでしょう。そこで、個人事業主の財務強化として、養老保険を活用した福利厚生プランがあります。保険料の半分を必要経費に算入でき、税の繰り延べをしながら、保険会社に勇退退職金と死亡退職金を同時に貯めていくことが可能です。

 また、資金繰りの悪いときには保険から資金調達することも可能なので、緊急時の予備資金としても活用が可能です。このプランは一般的に法人契約で知られていますが、個人事業主でも活用できるケースがあります。

 一方で、「インボイス制度を前に法人成りする」ということも、財務体質改善対策の1つとして考えられます。「設立時の登記費用」「赤字でも税金がかかる」などのデメリットもありますが、今まで経費にできなかった生命保険を損金算入することができるメリットもあります。また、金融機関や取引先からの信用度は、一般的に個人事業主よりは高い傾向がありますので、売上を伸ばす要因の1つにもなり得ます。

 役員報酬を最適な金額で設定したり、決算期を戦略的に設定することも可能です。一定の要件がありますが、法人設立後の2期は消費税が免除されますし、法人設立により支払う消費税が増えそうであれば課税事業者となり、消費税の還付を受けることも視野に入れ、消費税分の負担を埋めていけるような戦略を、2023年に向けて早めに検討していくことが重要となってくるでしょう。

 先駆けて21年10月から、インボイス発行事業者の登録申請が始まります。免税事業者のまま強みを打ち出していくのか、値引き要求に応えるか、課税事業者になるのか――。いずれにせよ、税理士などの専門家に各パターンのシミュレーションをしてもらったうえで、売上拡大と財務体質の強化を図る対策を、法人化も視野に入れながら、検討してみる機会にされてはいかがでしょうか。

<プロフィール>
玉井 省吾(たまい・しょうご)

 1965年生まれ。長崎出身。88年、福岡シティ銀行入行。県内外の支店に勤務し、中小企業の法人営業を担当。事業者に対し、事業融資、経営アドバイスを行う。99年、外資系保険会社に入社し、ライフプランナーとして勤務。その後、保険を活用した経営コンサル業を開始。2018年1月より現職/(株)アンツインシュアランス代表取締役社長

▼関連リンク
生命保険を活用して人材確保に役立てる
法人向け定期保険販売再開~確認したい変更点
経営者保険見直しで注目される「終身保険」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月20日 16:54

福岡県、東京都内で予定していた企業誘致セミナーを中止

 福岡県は2月20日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、3月9日に東京都内の会場で予定していた「福岡県外資系企業誘致セミナーin東京」の開催を中止すると発表した。

2020年02月20日 16:45

中国の新型肺炎の新規患者数が約25日ぶりに1,000人以下に~都市封鎖の効果が出始めたか

 中国国家衛生健康委員会の発表によると、中国における新型コロナウイルスによる肺炎の新規患者数の増加がペースダウンしてきている。18日から、肺炎に罹ったものの、回復し退...

2020年02月20日 15:54

ホークス、ファンサービスなど自粛~新型コロナウイルス感染対策で

 福岡ソフトバンクホークスは本日20日から、新型コロナウイルス感染予防のために選手によるファンサービスを当面の間、自粛する。ファンサービスの内容は、サイン、ハイタッチ...

2020年02月20日 15:20

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第3章・「尊厳死」とは(前)

 運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)で、新年をはさみ2件の常連客を亡くした。1人は82歳の男性Sさんで、死因は血液のガン。もう1人は77歳の女性Eさんで...

2020年02月20日 14:51

ベトナムの「光と影」(前)

 経済発展が進むベトナムの「最前線」を体感することを目的に、2月14日から18日の期間、12名でハノイを視察した。一言でいえば、現地・ハノイは新型コロナウイルスに戦々...

2020年02月20日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(2)

 2つの基調講演が行われた。1つ目は、クリフォード・スターンズ米国前下院議員、2つ目は、申宰元・現代自動車副社長である。クリフォード前議員は、今言論人を取り巻く環境は...

2020年02月20日 13:30

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(3)

 かつて株価は経済を映す鏡と言われた。株価上昇は景気回復の先行指標であり、株価下落は景気後退の先行指標だった。しかし、この関係が崩壊している。第2次安倍内閣が発足して...

2020年02月20日 12:57

糸島市、福吉地区活性化計画を策定

 糸島市は、農山漁村の活性化を目的として、国や地元福吉の産直市場「福ふくの里」と協議を進めていた「福吉地区活性化計画」を策定した。

2020年02月20日 11:30

生活より景観が優先された「鞆の浦」「ポニョ」の舞台も人口減と高齢化、観光も低迷(前)

 鞆の浦の路線バスは通常のバスより小さいが、道路沿いの家に触れそうなほど車体を近接させて通行していた。これでは有事の際、消防車や救急車が到着するのに通常以上の時間を要...

2020年02月20日 11:24

新型コロナウイルス、輸入建材関係の調達にも影響

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、建設業界にも出始めているという。福岡県内の戸建事業者は、戸建住宅用の資材は主に輸入建材を使用いるが、今回のコロナウイルス感染拡大...

pagetop