• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月18日 07:00

ギャンブル依存症は、人間としてのプライドも羞恥心も奪い取る(後)

大さんのシニアリポート 第84回

 「ギャンブル依存症」は病気であるというのが主流な考え方だ。ギャンブル依存症とは、個人の資質や性格とは無関係に、ドーパミン(dopamine カテコールアミンの1つ。生体内で、アドレナリン・ノルアドレナリンの前駆体。脳の神経細胞の興奮の伝達に重要な働きをする。「スーパー大辞典」)の機能不全が原因で発症する脳の病気のこと。「『やめたい』という意識がありながらもやめられないという時点で、依存症の疑いが強くなります」と(「ギャンブル依存症問題を考える会」代表・田中紀子氏はいう。

 ドーパミンは、「快感や興奮を促すことから『脳内麻薬』といわれる物質で、ギャンブルの刺激によって過剰に分泌されると依存症を引き起こす可能性がある」とも。田中氏は「日本ではまだ自分の意思で何とかなる問題と思われがちだ。(中略)精神論や道徳論で片付けられると相談しにくくなり、問題が長期化してしまう」(「朝日新聞」平成27年5月28日)と述べ、「世界保健機関はギャンブル依存症を治療すべき病気と位置づけており」(同)、だから「(依存症から)立ち直る、更生する」といういいかたを、行政機関の啓発文書に使わないように警告している。

 Aさんの最大の問題は、本人にギャンブル依存症という自覚がないことだ。「やめたくともやめられない」という意識が働いているとは思えない。ただひたすらパチンコをやりたいのだ。

 本来、これは家族が深く関わるべき問題である。本人にギャンブル依存症であることを告げ、病院の心療内科などを受診させる。「ギャンブル依存症に悩む家族の会」などにも相談して解決に向けて家族が結束することだ。しかしAさんに家族はいるらしいのだが、度重なる借金の肩代わりをしたため縁を切られているらしい。

 親を棄てた家族は、親が地域の人たちにいくら迷惑をかけようと家族には無関係と思うだろう。もはや親との関わりをもちたがらない。社協や行政の窓口は、基本本人か家族からの相談なくしては身動きがとれない。私が社協のCSWに相談しても、そこには現実的な限界がある。私にはAさんを救う方法がない状態のまま、6年近くが過ぎようとしている。ほぼ毎日顔を合わせるAさん、Bさん、Cさんである。私の心を締めつける。

 少し古い統計なのだが、「朝日新聞」平成22年11月8日に、「公益財団法人『日本生産性本部』(東京)が15歳以上の男女を対象に調査した結果によると、60歳以上のパチンコ遊技人口(推計値)は過去10年間は200万人~300万人で推移していたが、昨年(平成21年)は急増し、約430万人にのぼった。遊戯人口全体の25%を占めている」「弁護士や司法書士でつくる『依存症問題対策全国会議』(事務所・熊本市)には最近、高齢者の家族からの相談が相次いでいる。(中略)患者数の正確な統計はないが、専門家の間ではパチンコ依存症は全国で100万人以上にのぼると試算されている」とある。

 あれから11年、「射幸心を煽る」という観点から、高確率のパチンコ(パチスロ)の確率が引き下げられ、遊戯人口は確実に低下している。倒産する遊戯店も減ってきていると推測できる。しかし、ギャンブル(主にパチンコ・パチスロ)依存症の数字が減っているとは思えない。確かに、「暇な、時間をもてあましている高齢者」には、実に魅力的な遊戯なのである。

 依存症がつぎ込んだ金額の平均額が1,293万円(平成26年。延べの金額と推測)。中には1億円をつぎ込んでもやめられない重症患者もいるという。父親が依存症の30代の息子を殺害するという事件も起きている。

 「家族や友人をはじめとする暖かい“周囲の目”が不可欠とされている」というが、実際、「個人情報」の問題が壁となり、「ぐるり」の“現実”のように、手をこまねく以外に解決の方法がないのも事実である。「事件を起こさないかぎり、Aさんの解決法はない」と提言されるのなら、いっそ万引きでも、サラ金などからの多重債務、友人への債務不履行により提訴、という“事件”を期待してしまうのは、おかしな話なのでしょうか。

(了)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)

 1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務の後、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ2人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(講談社)『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月29日 09:00

根強い低価格志向、マルキョウ7品目を値下げ~主要3社食品18品目売価調査NEW!

 根強い値下げ圧力――データ・マックスが26日に調べた低価格3社の食品18品目売価によると、1月6日時点に比べ、トライアルは値上げ1品目、値下げ2品目、ルミエールは値...

2020年02月29日 07:00

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(2)NEW!

 2016年4月に新たな障害者雇用促進法(2013年改正)が施行された。改正のポイントは3つ。(1)障害があることを理由に採用を拒否したり、低い賃金を設定したりするこ...

2020年02月28日 18:49

【新型コロナ】繁忙期真っ只中の住宅業界「在庫で対応も長期化を懸念」

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、TOTO、LIXILなど住宅設備機器の一部で納期遅延が発生したことで、地場の住宅業界でも影響が出始めた。

2020年02月28日 18:34

休校要請、対応わかれる各自治体~東京23区

 安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全国の小中学校、高校、特別支援学校に3月2日から春休み終了まで臨時休校にするよう要請した。

2020年02月28日 18:11

【ベトナム視察記】ぼったくり額は交渉で決定~タクシー運転手

 ベトナムの移動手段として定着した配車アプリ・GRAB。今回の視察では手頃な料金と位置確認ができる安全性から日本人の間ではタクシーより利用頻度が高いことがわかった。

2020年02月28日 17:53

「まるで、政府への忖度強要だ!」イベント中止・延期要請に悲鳴を上げる九州の演歌公演業界

 安倍首相は2月26日、「全国的なスポーツ、文化イベントなどについては、今後2週間は中止・延期、または規模縮小などの対応を要請することといたします」と政府の新型コロナ...

2020年02月28日 17:29

シリーズ・コロナ革命(3)~中国人系経営者に聞く:業務減のため社員を休職に

 中国で共産党関連組織での勤務経験のあるインバウンド企業の経営者A氏に話を聞いた。

2020年02月28日 17:20

ベトナムの最前線にみる「勢い」と「現況」

 データ・マックスは2月14日から17日にかけて、近年急成長を遂げているベトナムのハロン湾(自然世界遺産)、ハノイ市街近郊を視察した。

2020年02月28日 17:14

九州地銀の株価全面安続く

 本日(28日)の東京株式市場の日経平均株価は、前日比▲ 805円27銭の2万1,142円96銭(▲3.67%)。一時1,000円を超え2万1,000円を割る局面もあ...

2020年02月28日 17:12

コロナで業界再編が加速か~学習塾業界

 安倍首相が新型コロナウイルス感染症対策として、全国小中高に休校を要請したことを受けて、学習塾各社も対応に追われている。現時点では、学生や保護者に対して予防措置を訴え...

pagetop