• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月24日 11:29

宝運丸元船長を不起訴~関空連絡橋衝突事故

宝運丸

 2018年9月4日に近畿地方を襲った台風21号による暴風の影響により、日之出海運(株)(福岡市博多区)が所有するタンカー「宝運丸」が関空連絡橋に衝突した事故で、大阪地検は12月23日、業務上過失往来危険の疑いで書類送検された元船長の男性を、嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 日之出海運の清水満雄社長は、「不起訴という判断については、元船長に過失はなかった(自然災害による不可抗力だった)ということが認められたと思っている。結果を聞いて安堵している」と話した。

 また、宝運丸の元船長は清水社長を通じ、「当方が最善を尽くし、事故防止のために対応したことが認められた」とコメントしている。

【長谷川 大輔】


▼関連リンク
奇妙な違和感―過失犯の処罰~関空連絡橋衝突海難事件
宝運丸元船長を書類送検~関空連絡橋衝突事故
【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)
海上保安庁、関空連絡橋衝突事故の中間報告を発表
国交省運輸安全委員会の事故調査経過報告を受けて~「宝運丸」船主、日之出海運(株)清水満雄社長に独自取材
運輸安全委員会、関空連絡橋衝突事故の中間報告、事故防止対策を発表~走錨しないための方法は、「双錨泊」が基本
【社長インタビュー】台風21号で関空連絡橋に激突した「宝運丸」船主~「閉じ込めの原因になった」と謝罪(前)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop