NTT西日本がインフラ点検に参入 働き方を変える!?「ドカタTECH」(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月08日 07:00

NTT西日本がインフラ点検に参入 働き方を変える!?「ドカタTECH」(前)

(株)ジャパン・インフラ・ウェイマーク

 NTT西日本(株)(大阪市中央区、NTT西)が100%出資する、(株)ジャパン・インフラ・ウェイマーク(以下、JIW)は2019年4月、ドローンによるインフラ点検サービスを目的に設立された会社だ。社名のJIWは「日本のインフラの道標」を意味する。NTT西はなぜ、インフラ点検に乗り出したのか。JIWが目指すものは何か。ドローンによってインフラ点検は、どう変わるのか。

民間最大のインフラストック

 NTT西の業務区域は、西は沖縄県から東は静岡県まで、30府県におよぶ。そのインフラストックは、約4,000棟のビルや約1,000塔の鉄塔、ケーブルが添架された橋梁など約3万にも上り、民間企業としては国内最大級だ。この膨大なインフラストックのメンテナンス負担が、同社の業績を圧迫しているという。

 固定電話の需要減少にともなって、NTT西では減収が続いている。1999年7月の会社設立時の売上高は3兆円だったが、現在は1.5兆円を下回る。インフラメンテナンスにかかるコスト削減が、大きな経営課題になっている。メンテナンスを行うマンパワーも年々減っており、2022年度にはメンテンス作業量がマンパワーを上回る見通しだ。NTT西は将来的に「収益も人も減り続ける」という厳しい状況に直面しているわけだ。

 一般の民間企業であれば、採算が取れないサービスは切り捨てるのが普通だ。だが、もともと公共セクターで、現在も総務省所管の特殊会社であるNTT西には、それができない。絶対に採算が取れないような山奥であっても、「固定電話を利用したい」という客がいる限り、全国一律でサービスを提供する義務があるからだ。当然、インフラも維持し続ける必要がある。そうなると、インフラのメンテナンスにかかる費用、必要な人員を減らすしかない。ただ、どうやってそれらを減らすのかというと、「新技術を導入し、メンテナンスに関する生産性を上げる」(JIW代表取締役社長CEO・柴田巧氏)ことだ。NTT西のJIW設立には、そういう背景があった。

ドローンを点検に使えないか?

ジャパン・インフラ・ウェイマークのドローン
ジャパン・インフラ・ウェイマークのドローン

 NTT西では従前から、カメラやセンサーなどのICT機器やMMS(移動計測車両による測量システム)などによる自社インフラ点検を実施していた。ほかのインフラ事業者と比べれば、かなり先進的な点検ツールを活用していたといえる。そんなNTT西のいう「新たな技術の導入」とは、それらを超える点検手法を意味していた。

 そして2年ほど前、「ドローンをインフラ点検に使えないか?」――と、NTT西の事業開発課長としてドローンを用いた太陽光発電点検ビジネスを手がけていた柴田社長に、声がかかった。

 柴田社長を始めとする新たな点検技術の開発チームは、トンネルやケーブルなどNTT西がもつインフラの種類を縦軸、目視や計測などの点検方法を横軸とするマトリックスを作成。「ドローンが使えそうなインフラの検討を行った結果、鉄塔や橋梁添架管路の点検にドローンを用いれば、生産性向上が見込めるという試算が出た。点検コストが高いところを中心に100カ所ほどを選び、トライアル点検を開始した。

 1年間のトライアルの結果、鉄塔なら約60%、橋梁添架管路に至っては約80%のコスト削減ができることが判明(直接原価比較)。「ドローンを導入しない手はない」(同)という結論に至る。ちなみに、橋梁点検車を使用した場合、1件あたりの点検コストは50万円ほどかかる。

他インフラ事業者にも貢献したい

 こうしてNTT西のドローン点検が本格化することになったが、柴田社長には気がかりなことがあった。「電力やガスなどのほかのインフラ事業者さんも、NTT西と同じような課題を抱えているのではないか」――と。他事業者にヒアリングを行うと、点検コスト、マンパワーに悩みを抱えていることがわかり、「ドローン点検なら他事業者にも貢献できるかもしれない」と考えるようになった。他事業者と組めば、AIの共同強化も可能になる。このとき柴田社長の脳裏に、NTT西を越えたドローン点検ビジネスの構想が生まれたという。

 「国内のインフラ点検、メンテナンスの市場規模は約1兆円。ドローン点検により、仮にコストを2割削減できれば、2,000億円が浮く。この2,000億円を元手にイノベーションを起こすことも可能だと思いました」(柴田社長)と振り返る。

 柴田社長は18年12月、新たなドローン点検サービス会社のビジネスプランを1カ月かけてつくり上げ、NTT西に提出。NTT西のトップから、「社会全体への貢献は良いテーマだ。ぜひやるべきだ。会社を立ち上げてごらん」と“GOサイン”をもらった。NTT西にとって、新会社設立は8年ぶりだった。

 柴田社長のビジネスプランのユニークなところは、「日本全体の経済成長を支える」ことに主眼を置き、他社との競争を外した点だ。「インフラ点検は、日本全体の課題。もはや競争領域ではない」という確信があった。各社がサービスを競い合うのではなく、協力し合ってコストを削減する。その削減分を成長分野に投資する。「競争するなら、成長分野ですれば良い」というビジョンがある。これがJIW設立の原点になっている。

(つづく)
【大石 恭正】

<Company Information>
代 表:柴田 巧
所在地:東京都中央区銀座1-6-5銀座Bビル3F
設 立:2019年4月
資本金:8億円(資本準備金含む)
URL:https://www.jiw.co.jp

月刊誌 I・Bまちづくり 記者募集

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?
福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop