2024年07月22日( 月 )

中国経済新聞に学ぶ~中国産の米国テスラ車第1弾が引渡し

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 米テスラ社の上海ギガファクトリーで12月30日午前、中国産テスラ車の第1弾が正式に引き渡された。テスラがこれまで中国公式サイトで予告していた引き渡し時期は2020年第1四半期だったのが、大幅に前倒しされ、あらためて「上海のスピード」を見せつけた。

 ギガファクトリーの建設工事が今年1月7日、上海自由貿易試験区臨港新片区で始まった。着工から11カ月でテスト生産が可能な状態になり、製品のオンライン予約も始まった。それから20日後、ラインオフした中国産テスラ車第1弾は中国国内の体験店で予約と試乗ができるようになった。

 テスラ中国エリアの王昊社長は引き渡し式の中で、「中国政府と上海市政府のサポートがなければ、私たちはこの奇跡を実現することはできなかった。これからテスラは最速のスピードで中国国内でのアフターサービスを展開する」と述べた。

 現在、テスラは中国の140余りの都市にスーパー充電ステーションを300カ所以上建設し、スーパー充電ポール2200本あまりと目的地の充電ポール2100本余りを展開している。テスラの陶琳グローバル副社長は、「新年1年間に、私たちが中国全国に展開するスーパー充電ステーションと充電ポール、それからサービスセンターの数は過去数年間の合計数に達するか数倍になる可能性もある。新たに展開する充電ポールはすべてV3(スーパーチャージャー・バージョン3)のスーパー充電ポールにバージョンアップする」と述べた。

 中国産テスラ車第1弾の引渡し完了後、2020年1月初めには一般顧客への大規模な引渡しが始まる。ギガファクトリーの宋鋼・製造ディレクターは、「現在、テスラ上海ギガファクトリーの生産能力は一日あたり平均280台に達する。2020年に2交代制を採用するようになると、生産能力はさらに向上して、中国市場のニーズに応えられるようになる」との見方を示した。

 2019年を総括すると、テスラの上海での動きは「速い」の一言に尽きる。工場の建設ペースが速いだけでなく、生産ペースも速い。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はたびたび上海について語り、親指を立てながら「上海のスピードは驚異的!」と賞賛している。

航続距離600キロ超の水素燃料バスがラインオフ

 中国国家電力投資集団によると、同社と中国中車が共同開発した水素燃料電池路線バスが2日、浙江省寧波市でラインオフした。同社が独自開発した水素燃料電池スタックと動力システムが搭載された。これは同社の水素エネルギー産業キー技術の研究開発における重要な節目であり、後続する水素燃料電池製品の標準化と規模化応用の良好な基礎を固めた。

 双方が明らかにした情報によると、今回ラインオフした水素燃料電池路線バスの全長は12m、水素注入時間は15分、満タン時の航続距離は600キロ以上。エネルギー変換効率は53~55%で、一般的な内燃機関の3倍にのぼる。バスは同社が独自開発したエンジン定格出力60kWの燃料電池システム、67kWの動力電池混合給電システムを搭載。完成車は水素貯蔵システム、燃料電池システム、動力電池、完成車制御システム、補助システム、駆動システムなどからなる。

 安全性について、同バスは中国中車傘下の中車電動独自の自動車能動安全システムを搭載し、安全遠隔監視・制御システムの「死角なき」監督・フィードバックを実現した。動力電池システムの電圧・温度及び異常、完成車の走行ルートデータ、駆動システムデータなどをリアルタイムでモニタリング・制御し、全面的に安全を保証する。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

関連キーワード

関連記事