• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月28日 09:17

珠海からの中国リポート(16)

福岡大学名誉教授 大嶋 仁 氏

マカオ不思議

 私が住んでいるのは珠海市。家から車で30分行けば、国境の町にたどり着く。そこから歩いて国境を渡ると、そこはもうマカオ。不思議な気がする。

 マカオは中国からすれば「特別行政区」。同じ中国のなかに国境があるというのは、私のような外国人には理解しにくい。名目上は中国だが、実質は別の国ということか。通貨もちがえば、ネット環境も異なる。「一国二制度」とは妙なものだ。

 マカオが不思議なのは、東洋なのに西洋があるからだ。ポルトガル建築を多々残しているせいか、中国から行くと極めて異国的な感じがし、どこか優雅である。香港も中国の特別行政区だが、雰囲気がまったくちがう。旧ポルトガル領と旧英領のちがいかわからないが、マカオでは時間が停まっているような趣がする。

 20年前に中国の一部となったマカオは、中国のおかげで莫大な利益を得ている。いうまでもなくカジノの収益だ。カジノに来るお客さんのほとんどが中国本土から。マカオ出身のある学生が言っていた。「マカオ人はカジノに雇われてますが、カジノで儲けようなんて思いません。ところが、中国人は一攫千金を夢見ているのか、カジノへやってきてたくさんお金を落としてくれます」

 ちなみに、マカオ市はカジノ収益の一部を毎年市民に現金で還元しているという。

 マカオが中国とのつながりを喜んでいるのに、香港はそうならない。習近平もマカオを絶賛している。香港とのちがいを政治的理由で片付ける人が多いが、ほんとうは経済的なものだろう。

 香港が中国の領土となり、一国二制度が敷かれてから、中国人の香港への流入が急増し、生粋の香港人の居場所がなくなった。ただでさえ人口が多く狭い土地なのに、中国本土から富裕層がやってきて高額で物件を買いあさってしまったら、家賃が高騰し、物価も急上昇して不思議はない。香港人は「中国人のせいで」生活が苦しくなったというが、嘘ではない。

 英領だったから議会制民主主義の伝統が根づいている、というのもある。そういう彼らに「中国式」が受け入れがたいのは理解できる。香港では道ゆく人は中国人のように人前で痰を吐かない。あとろから押して割り込むこともない。そういう彼らが行儀の悪い中国人観光客を歓迎するはずもない。

 しかし、中国人にとっての香港はなにより便利で、最先端の物が買える魅力のスポットである。金さえあれば「香港に行きたい」「買い物したい」「できれば住んでみたい」、そういう一角になっている。この不均衡は是正される気配がまったくない。香港と中国の関係は悪化する一方だ。

 香港出身の世界的有名人といえばジャッキー・チェンだろう。その彼が香港で人気を失った原因は、中国の大観衆の前で中国の国民歌謡「我と我が祖国」(我和我的祖国)を平気で歌ったりしたからだ。香港人にとって「裏切り」にほかならない行為だ。

 彼にすれば、ハリウッド制覇はならなかったものの、中国という一大市場を獲得したのだから大満悦だ。生まれ故郷の香港で何を言われようと、気にはすまい。欧米世界を知ったことで中華意識にますます燃えるこの男、「欧米と対抗するには中国という大国を支持しなくてはだめで、香港のことなど構ってられない」と判断しているのかもしれない。気づいている人もあろう。彼の映画には、アジア人を蔑視する欧米人への揶揄がしばしば現れている。

 話をマカオに戻せば、町のいたるところ繁体字の標識とともにポルトガル語の標識がある。これもマカオを東洋のなかの西洋にしている一因だ。一体に中国人は過去の遺産を無駄にしないが、マカオは植民地だったころのポルトガル建築をそのままに残して観光資源にし、フィリピンなどから出稼ぎに来るカトリック教徒たちの憩いの場にもしている。何事にも無駄がなく、抜け目もない。

 それにしても、人口のほとんどが漢民族で、ポルトガル語のわかる人が皆無に等しいというのに、どうしてポルトガル語の標識がこんなにあるのか。アルゼンチンからやってきたM教授はこんな風に説明してくれた。「マカオ人は、カジノに人を惹きつけるにはポルトガル語の異国情緒が役立つと考えているんですよ」

 しかし、それだけか。この町は、将来の発展を見越してポルトガル語を温存しているのではないか。「私たちは東洋です。でも、同時に西洋でもあるんです」というメッセージの世界への発信。これによって、世界中の人をカジノに呼び込もうとしているようにも見える。

 ラテン・アメリカをターゲットにしている、という話も耳にする。具体的には、同じポルトガル語圏のブラジルである。旧市街には情緒が漂い、観光客はそれを喜んで味わっているが、マカオ人はしたたかに先を見据えている。南米で最も経済力のあるブラジルと組めば、もう一儲けできると。

 かつてマフィアの巣窟だった所も、いまは平安そのもの。これまた中国政府のおかげ、と市民は喜んでいる。

(つづく)

<プロフィール>
大嶋 仁 (おおしま・ひとし)

 1948年鎌倉市生まれ。日本の比較文学者、福岡大学名誉教授。 75年東京大学文学部倫理学科卒業。80年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。静岡大学講師、バルセロナ、リマ、ブエノスアイレス、パリの教壇に立った後、95年福岡大学人文学部教授に就任、2016年に退職し、名誉教授に。

珠海からの中国リポート(20)
珠海からの中国リポート(19)
珠海からの中国リポート(18)
珠海からの中国リポート(17)
珠海からの中国リポート(16)
珠海からの中国リポート(15)
珠海からの中国リポート(14)
珠海からの中国リポート(13)
珠海からの中国リポート(12)
珠海からの中国リポート(11)
珠海からの中国リポート(10)
珠海からの中国リポート(9)
珠海からの中国リポート(8)
珠海からの中国リポート(7)
珠海からの中国リポート(6)
珠海からの中国リポート(5)
珠海からの中国リポート(4)
珠海からの中国リポート(3)
珠海からの中国リポート(2)
珠海からの中国リポート(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月19日 18:24

【D・プリンセス号乗客インタビュー】我々は孤独ではない

 「乗員には何ら不満はない」明日20日に下船を見込むダイヤモンド・プリンセス号の70代の男性乗客は、船会社の対応に理解を示す。むしろ「自分も大変なはずなのに非常時にす...

2020年02月19日 16:59

重要事項説明書を誤って記載~東京都の宅建業者に業務停止処分

 東京都は2月18日、宅建業者2社に対し業務停止処分を下した。業務停止処分を受けたのは、(株)サンアーク(東京都中野区、谷本鉄夫代表)、(株)Next Futures...

2020年02月19日 16:41

【上位3社以外から初】電事連次期会長に九電・池辺和弘社長が内定

 電気事業連合会(電事連)の次期会長に、九州電力の池辺和弘社長が内定した。 電事連は電力大手で構成される団体で、全国10社が加盟。会長職はこれまで東京電力、関西電力...

2020年02月19日 16:33

レギュラーガソリン、全国平均価格148.5円~4週連続の値下がり・福岡は149.5円

 資源エネルギー庁が2月19日に発表した石油製品小売市況調査によると、2月17日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は148.5円で、前週から1.5円値...

2020年02月19日 16:11

専任の監理技術者を配置せず~千葉県館山市の建設会社に指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は2月17日、(株)田辺工務店(千葉県館山市)に対し、1カ月間の指名停止措置を下した。

2020年02月19日 15:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(1)

 2月3日(月)から5日(水)まで「ワールド サミット 2020」(国連UPF主催)が、韓国・京畿道高陽市にある国際展示場「KINTEX」で開催された。中国・武漢で発...

2020年02月19日 14:42

久留米市の医師、酒気帯び運転で逮捕

 福岡県警は2月16日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、福岡県久留米市に住む医師・浅倉敏明容疑者(59)を逮捕した。

2020年02月19日 14:40

東京都の貸金業者に行政処分

 東京都は2月18日、都内の貸金業者2社に対し行政処分を下した。処分を受けたのは、センター(東京都多摩市、呉明奉(松原明)代表)と東洋エース(東京都豊島区、宮島邦継代...

2020年02月19日 13:31

水俣市新庁舎建設工事、22.8億で西松JVが落札

 水俣市発注の「水俣市新庁舎建設工事(建築主体工事)」を、西松・松田・坂口特定JVが、22億8,400万円(税別)で落札した。

2020年02月19日 13:30

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(2)

 今回の消費税増税に際しても、増税の影響は軽微であるとのキャンペーンが展開されたが、事実ではなかった。1997年、2014年の消費税増税時に同様のキャンペーンが展開さ...

pagetop