• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月28日 14:09

「北九州市とNTTドコモとの連携協定」キックオフイベント(前)

 2020年1月24日、北九州市(市長・北橋健治)と(株)NTTドコモ九州支社(九州支社長・山崎拓 以下、ドコモ)は、「5G、ビッグデータの活用によるSDGs達成に向けた連携協定」を締結した。これを受け同日、小倉城天守閣(北九州市小倉北区)にて「5G×北九州 近未来の最前線ミートアップ」キックオフイベントが開催され、5G関係者や、地元北九州のスタートアップ企業、一般の参加者など80名におよぶ来場者によって、小倉城天守閣の最上階が埋め尽くされた。

イベントのファシリテーターを務めるコワーキングスペース秘密基地(北九州市小倉北区)の岡秀樹代表
イベントのファシリテーターを務めるコワーキングスペース秘密基地
(北九州市小倉北区)の岡秀樹代表

 岡 本日はお集りいただきましてありがとうございます。皆さまがいらっしゃるここは、小倉城の天守閣です。小倉城といえば、これまでお昼間の観光の拠点でしたが、夜間もこのように利用させていただいて、新しい取り組みやこれからの北九州の将来に関することを皆さまと共有しながら、今後の北九州を考えていく、今日はそのような会の1つです。

 今年の春より商用開始される5G、この大きな情報インフラになる5Gを北九州市でも利用するために、みんなと考えながら新しいものをつくっていきたいと思っています。本日、北九州市とドコモが連携協定を結んだことは、次世代、近未来につながる相応しい内容になっています。新しい時代を迎えるにあたり、方法論や哲学などいろいろなものを総じて推進していかなければ、追いつかないと思います。今日は見えないところを見える化することが狙いであり、「5Gのことを誰よりも知って、次のビジネスの準備をする!」という主旨でこのイベントを開催します。

「史上最もアクティブな連携協定にしたい」~全国初の実証実験開始

ドコモとの連携協定の立役者である北九州市役所の安永信一郎氏(企画調整局/地方創生推進室/特区・国際人材担当課長)
ドコモとの連携協定の立役者である北九州市役所の安永真一郎氏
(企画調整局/地方創生推進室/特区・国際人材担当課長)

 安永 ドコモとの連携協定においては、史上最もアクティブなものにしたいと思っています。こんな協定見たことないと市民の皆さまに思ってもらえるような、常に動き続けている連携協定にしたいと思っています。協定の内容としては、
(1)データ分析によって「まち」を見て、「持続的な経済成長」につなげていきます。

(2)5G時代はコンテンツが大事になると考えており、小倉城や平尾台、関門海峡などの歴史的・文化的資源をどのようなコンテンツにしていくか、オンラインのなかで資源の良さを表現していきたいと思っています。

(3)社会がデジタル化していくなかで、情報リテラシー向上が大事になります。個人でいうとIDやパスワードをしっかり管理していき、便利な暮らしを享受しているからには、データ社会に対しての向き合い方、基本的な素養はみんながもつべきだと思っています。

(4)そしてすべては持続可能なSDGsの観点で取り組んでいきます。

 取り組みについては、
(1)全国初の取り組みである「官民データ連携を見据えたEBPM(データ証拠に基づく政策立案)に関する実証実験」を行います。お客さまの許諾を得たデータのなかで、ドコモがもつデータと北九州市がもつデータを掛け合わせて、何が見えるかという実験で、昨年1年間で蓄積したデータを、今年2~3月にかけて解析してもらい、北九州市の観光振興などにおける政策立案に役立てていきます。

(2)「5Gを活用したワーケーションによる移住、定住の促進」。ワーケーションとは、ワークとバケーションを組み合わせた造語になりますが、北九州市の交通結節拠点・小倉駅の北側に「5G」や「XR(※)」を活用した、仕事とリフレッシュ休暇が体験できるワーケーション環境を今年夏ごろまでに設置する予定です。人口の拡大を促進し、将来的な移住・定住者の増加を目指します。【※XRとはCross Realityの略で、VR(Virtual Reality/仮想現実)、AR(Augmented Reality/拡張現実)、MR(Mixed Reality/複合現実)、SR(Substitutional Reality/代替現実)などの先端技術の総称。5Gの活用でよりリアリティの高い体験が期待される】

(3)「最先端技術を活用した観光客や市民へのサービス向上」では、この小倉城において「XR」を活用した実証イベントを行い、他所では得られないような体験を提供することで集客につなげる狙いで、秘密基地の岡代表を中心にコンテンツをいろいろと考えてもらい、このまちの魅力を伝える取り組みを行います。

(4)「市民や経済界における情報リテラシー向上促進」については、デジタル社会において個人・企業が何を身につけるべきかが重要になってきます。ただ生きているだけでも、取り巻く環境は激変している。その事実を個人や企業がいかに理解しているか、意識して行動を変えていくのか、そんな機会はまちのなかにはなかなかない状態です。
ですから、地方都市である北九州市でIoTやAI技術、5Gなどの最先端技術に関するセミナーや体験会などを行うことで、触れて感じて考えてもらうきっかけをつくっていきたいです。今後、社会のデジタル化はますます進化し、これから100年という長期スパンでの「データによるまちづくり」が始まっていきます。ビッグデータとは何なのか知り、扱ううえでのリスクを学び、見えてきたデータをしっかりと使う姿勢を、まちの皆さまと共有していきます。

 私たちの願いをお伝えしますと、ドコモのブランドビジョンで「いつか、あたりまえになることを。」というスローガンがありますが、私はこの言葉がとても好きです。行政がやるべきことはまさにこれだと思っています。現在のこと、近未来のことをわかりやすく見せて伝えていき、市民、企業ができるだけ早く最新のテクノロジーやサービスを知って感じて考えて、当事者として行動するきっかけをつくっていきたいと思っています。ぜひ、皆さま一緒に新しい社会をつくっていきましょう!

 次回、「北九州市と一緒にブルーオーシャンに乗り出していく」(株)NTTドコモ・本高祥一氏(法人ビジネス本部・法人ビジネス戦略部長)をお伝えします。

小倉城天守閣で開催された
小倉城天守閣で開催された
イベントの様子
イベントの様子

(つづく)
【松本 悠子】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開NEW!

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)NEW!

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

2020年09月18日 16:45

新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(後)

 とはいうものの、「スプートニクV」に限っていえば、すでに触れたように、あまりにも少ない治験データであり、その効果の程は「神のみぞ知る」といったところかもしれない...

2020年09月18日 16:30

ユニバ裁判、創業者の控訴が棄却に

 パチンコ・スロットメーカー大手、(株)ユニバーサルエンターテインメントは、17日、同社の創業者で、元取締役会長・岡田和生氏との裁判において、岡田氏の控訴が棄却された...

pagetop