最下位スタートからの優勝でJ2昇格 ホームタウン活動に見る地域活性化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月12日 07:00

最下位スタートからの優勝でJ2昇格 ホームタウン活動に見る地域活性化

(株)ギラヴァンツ北九州

 2019シーズンでは、前年のリーグ最下位クラブが優勝するというJリーグ史上初の快挙を成し遂げてJ2への昇格を果たし、日本サッカー史にその名を刻んだ「ギラヴァンツ北九州」。Jリーグで華々しい成績を残すだけでなく、一方では、地元・小倉の活性化のための活動を地道に続けている。

北九州にプロクラブ誕生

©GIRAVANZ
©GIRAVANZ

 2001年4月、地域密着型のサッカー・スポーツクラブの創設を目標として、北九州市と地元企業などが共同で、NPO法人北九州FCを創設した。当時、九州サッカーリーグに所属していた三菱化学黒崎フットボールクラブの運営を同クラブに移し、チーム名を「ニューウェーブ北九州」に改称。同クラブのトップチームになった。

 同クラブは「北九州からJリーグチームを」というスローガンを掲げ、Jリーグ参加を目指して、地場大手を中心とした企業からの支援を受けながら活動。06年には、既存のスポンサーだけでなく、北九州市からの支援も受けた。07年には、日本サッカー界発展に多大な貢献をした1人である与那城ジョージ氏がチームの監督に就任。Jリーグ経験者やブラジル人選手の加入により、08年からの日本フットボールリーグ(JFL)昇格を決めた。08年2月にはJリーグ準加盟クラブとして承認され、それにともない同年10月10日に(株)ニューウェーブ北九州を設立。同社に運営母体を移した。

 09年にはJFLで4位となり、ホームゲーム入場者数は、同年第15節時点で、Jリーグ加盟基準(平均3,000人)以上の年間入場者数5万1,000人を突破。同年11月30日のJリーグ臨時理事会で、翌10年からのJリーグ加盟が承認され、念願の北九州市で初となるJリーグチームが誕生した。

 Jリーグ加盟にあたって、クラブ名称は「ギラヴァンツ北九州」へと改称された。ギラヴァンツ(Giravanz)とは、イタリア語で北九州市の市花である“ひまわり”を意味する「Girasole」と前進という意味の「Avanzare」を組み合わせた造語。「常に成長・前進を続ける光り輝くチームであり続けたい」「サポーターや地域が輝き、元気になる象徴でありたい」――という願いが込められている。

地元への経済効果

 舞台をJリーグへと移したギラヴァンツは、10年から16年まではJ2で熱戦を繰り広げた。途中、J1昇格が見えたシーズンもあったが、概ね一進一退の戦績。だが、16年にリーグ最下位となったことでJ3に陥落し、以降は再起を賭けた戦いに挑むことになった。17年には、ホームスタジアムが本城陸上競技場から「ミクニワールドスタジアム北九州」(略称・ミクスタ北九州)へと移行したものの、J2昇格は果たせず。さらに、18年シーズンはJ3最下位に終わるという厳しい結果となった。

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム北九州

 “クラブ改革元年”として挑んだ19年シーズンは、玉井行人社長が陣頭指揮を執り、フィールドおよびクラブフロント双方の組織改編を断行した。クラブ史上“どん底”の状況のなか、不退転の決意でクラブ一丸となったことで、結果は19勝9分6敗(勝点66)で優勝。前年最下位のチームが優勝というJリーグ史上初の快挙をはたし、見事にJ2昇格など、クラブ再生の第一歩を進めた。

 そのギラヴァンツは、クラブ内だけでなく、サポーター・ファン、そして地域との一体感の醸成のために、ホームタウン活動にも力を入れている。その1つが、ギラヴァンツの活動を支えるサポートショップの拡大だ。

 サポートショップとは、クラブが掲げるスローガン「子どもたちに夢と感動を、街に誇りと活力を」に賛同する店舗のことで、各店舗が定めた条件(クラブのホームゲームチケットの半券を提示、クラブのユニフォーム着用で来店など)を満たすことで、サポーター向けの独自のサービスが受けられるというもの。

 ホームであるミクスタ北九州は、小倉駅および市街地からのアクセスも良く、観戦後のサポーター・ファンによる飲食や宿泊、観光などへの経済効果も期待できる。サポートショップは現在、北九州市内の飲食店を中心に300店舗を超えており、まだまだ増加傾向にあるという。

 また、北九州市をホームタウンとするギラヴァンツだが、周辺の6市11町とも「フレンドリータウン協定」を締結。各自治体との協働で、スポーツの振興や地域の活性化、住民サービスの向上に向けた取り組みなどを推進している。ギラヴァンツの存在による経済効果が、小倉を中心した北九州市内、さらには周辺地域にまで波及し、各地での地域活性化にもつながっていく。今後も地元のクラブチームとして、好成績を残すことはもちろん、地域へのさらなる貢献を期待したい。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月06日 16:53

メモリードのリゾートホテル「ガーデンテラス福岡ホテル&リゾート」が小戸に誕生NEW!

 メモリードグループは2020年8月、福岡市西区のシーサイド、小戸にリゾートホテル「ガーデンテラス福岡ホテル&リゾート」をオープンした...

2020年08月06日 15:30

(株)アクアマリン(東京)/人気アニメキャラクターのフィギュア製作

 同社は8月3日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同4日、同地裁より破産手続開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:27

(株)rs(旧・シロカ(株))(東京)/家電・雑貨販売ほか

 同社は7月21日、東京地裁に特別清算を申請し、8月3日に特別清算開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:04

【イベント】長崎大学の学生が研究発表「宇久島の未来」 UCバークレーの学生も参加

 長崎大学環境科学部の国際交流委員会は8月17日に、「20年後の宇久島」をテーマとした研究発表会を行う。国際交流プログラムの一環として行うもの...

2020年08月06日 14:30

ニューヨークは必ず再起する(前)

 ついこの間まで世界コロナ都市と呼ばれてもおかしくないぐらい、新規感染者や死者が多かったニューヨーク。普段より長い冬のなか、狭いアパートで何カ月も監禁されたことをすっ...

2020年08月06日 13:57

【横田一の現場レポート】コロナ禍で需要落ち込みでもリニア建設に固執~背景に守旧派土建政治連合(後)

 アフターコロナ時代に突入してもなお、コロナ前のリニア推進論を口にするだけの〈維新コンビ〉と対照的なのが、JR東海や国交省、さらに自民党国会議員らと対等に渡りあう川勝...

2020年08月06日 13:00

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(4)

 「この本は2019年の春に私がオックスフォード大学に行き、苅谷教授の研究室で行った対談をまとめたものです。苅谷先生との対談をやってみたいと考えるようになったのは...

2020年08月06日 11:30

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(4)

 南シナ海での米中対立と連動するかのように、台湾や香港をめぐる米中両国の政治・軍事面での駆け引きもエスカレートしている...

2020年08月06日 11:00

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(8)インドの友人の思い出

 ニューデリーの国営アショカホテルで、インドシルク、民芸品、骨董品、宝石を扱う3つの店舗を経営していたサテイパル社長とは、今も付き合いを続けている...

2020年08月06日 10:47

タカラレーベンが天神5丁目でタワマン開発へ

 「レーベン」シリーズの分譲マンションを開発してきたタカラレーベン(東証一部)が、福岡市・天神でタワーマンションを計画していることがわかった...

pagetop