最下位スタートからの優勝でJ2昇格 ホームタウン活動に見る地域活性化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月12日 07:00

最下位スタートからの優勝でJ2昇格 ホームタウン活動に見る地域活性化

(株)ギラヴァンツ北九州

 2019シーズンでは、前年のリーグ最下位クラブが優勝するというJリーグ史上初の快挙を成し遂げてJ2への昇格を果たし、日本サッカー史にその名を刻んだ「ギラヴァンツ北九州」。Jリーグで華々しい成績を残すだけでなく、一方では、地元・小倉の活性化のための活動を地道に続けている。

北九州にプロクラブ誕生

©GIRAVANZ
©GIRAVANZ

 2001年4月、地域密着型のサッカー・スポーツクラブの創設を目標として、北九州市と地元企業などが共同で、NPO法人北九州FCを創設した。当時、九州サッカーリーグに所属していた三菱化学黒崎フットボールクラブの運営を同クラブに移し、チーム名を「ニューウェーブ北九州」に改称。同クラブのトップチームになった。

 同クラブは「北九州からJリーグチームを」というスローガンを掲げ、Jリーグ参加を目指して、地場大手を中心とした企業からの支援を受けながら活動。06年には、既存のスポンサーだけでなく、北九州市からの支援も受けた。07年には、日本サッカー界発展に多大な貢献をした1人である与那城ジョージ氏がチームの監督に就任。Jリーグ経験者やブラジル人選手の加入により、08年からの日本フットボールリーグ(JFL)昇格を決めた。08年2月にはJリーグ準加盟クラブとして承認され、それにともない同年10月10日に(株)ニューウェーブ北九州を設立。同社に運営母体を移した。

 09年にはJFLで4位となり、ホームゲーム入場者数は、同年第15節時点で、Jリーグ加盟基準(平均3,000人)以上の年間入場者数5万1,000人を突破。同年11月30日のJリーグ臨時理事会で、翌10年からのJリーグ加盟が承認され、念願の北九州市で初となるJリーグチームが誕生した。

 Jリーグ加盟にあたって、クラブ名称は「ギラヴァンツ北九州」へと改称された。ギラヴァンツ(Giravanz)とは、イタリア語で北九州市の市花である“ひまわり”を意味する「Girasole」と前進という意味の「Avanzare」を組み合わせた造語。「常に成長・前進を続ける光り輝くチームであり続けたい」「サポーターや地域が輝き、元気になる象徴でありたい」――という願いが込められている。

地元への経済効果

 舞台をJリーグへと移したギラヴァンツは、10年から16年まではJ2で熱戦を繰り広げた。途中、J1昇格が見えたシーズンもあったが、概ね一進一退の戦績。だが、16年にリーグ最下位となったことでJ3に陥落し、以降は再起を賭けた戦いに挑むことになった。17年には、ホームスタジアムが本城陸上競技場から「ミクニワールドスタジアム北九州」(略称・ミクスタ北九州)へと移行したものの、J2昇格は果たせず。さらに、18年シーズンはJ3最下位に終わるという厳しい結果となった。

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム北九州

 “クラブ改革元年”として挑んだ19年シーズンは、玉井行人社長が陣頭指揮を執り、フィールドおよびクラブフロント双方の組織改編を断行した。クラブ史上“どん底”の状況のなか、不退転の決意でクラブ一丸となったことで、結果は19勝9分6敗(勝点66)で優勝。前年最下位のチームが優勝というJリーグ史上初の快挙をはたし、見事にJ2昇格など、クラブ再生の第一歩を進めた。

 そのギラヴァンツは、クラブ内だけでなく、サポーター・ファン、そして地域との一体感の醸成のために、ホームタウン活動にも力を入れている。その1つが、ギラヴァンツの活動を支えるサポートショップの拡大だ。

 サポートショップとは、クラブが掲げるスローガン「子どもたちに夢と感動を、街に誇りと活力を」に賛同する店舗のことで、各店舗が定めた条件(クラブのホームゲームチケットの半券を提示、クラブのユニフォーム着用で来店など)を満たすことで、サポーター向けの独自のサービスが受けられるというもの。

 ホームであるミクスタ北九州は、小倉駅および市街地からのアクセスも良く、観戦後のサポーター・ファンによる飲食や宿泊、観光などへの経済効果も期待できる。サポートショップは現在、北九州市内の飲食店を中心に300店舗を超えており、まだまだ増加傾向にあるという。

 また、北九州市をホームタウンとするギラヴァンツだが、周辺の6市11町とも「フレンドリータウン協定」を締結。各自治体との協働で、スポーツの振興や地域の活性化、住民サービスの向上に向けた取り組みなどを推進している。ギラヴァンツの存在による経済効果が、小倉を中心した北九州市内、さらには周辺地域にまで波及し、各地での地域活性化にもつながっていく。今後も地元のクラブチームとして、好成績を残すことはもちろん、地域へのさらなる貢献を期待したい。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表NEW!

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)NEW!

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

pagetop