• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月13日 18:02

花王(株)が中国に成人用オムツ、ハンドソープなど支援物資を寄贈

 13日午後2時半から、中国駐福岡総領事館(福岡市中央区)にて花王(株)が中国に寄贈する支援物資の引き渡し式典が行われた。花王(株)社長室部長の松尾恵子氏、中国駐福岡代理総領事の康暁雷氏が挨拶した。

関係者一同

 花王(株)が中国駐日本大使館に新型コロナウイルスによる新型肺炎への支援物資の寄贈を申し出たのがきっかけとなり、両者間での話し合いを経て、距離的に最も中国に近い福岡総領事館がより早く中国に届けられるということで受入窓口となった。中国現地では湖北省慈善総会(非営利の公益団体)が受け取り、医療関係者に配布する。

中国駐福岡代理総領事と花王関係者
花王㈱の支援物資

 花王(株)が今回寄贈するのは成人用オムツ(リリーフ)23万5,680枚、ハンドソープ6,000本であり、それぞれ369.5万元、18万元に相当する(日本円換算で計約6,000万円)。総重量は25t、総容積は10tトラック8台分となる。

 花王(株)は中国大使館から必要な物資のリストの提案を受け、成人用オムツなどを寄贈することにしたようだ。現地の医療関係者が防護服を着て数時間も飲まず食わずの状態でトイレにも行けず治療に当たっており、防護服は一度着用すると脱ぐのが大変という話を聞き、オムツの提供を決めたという。

㈱浅川環境技研の支援物資

 中国東方航空福岡支店および(株)AS(いずれも福岡市博多区)がそれぞれ無料で支援物資のチャーター便での運搬、倉庫での保管・通関手続きを提供する。また、㈱浅川環境技研(福岡市東区)も抗菌剤などを寄贈する。総領事館から花王㈱および各社に対して感謝状が贈呈された。

 花王(株)のHPおよび関係者によると、同社はほかにも中国赤十字基金会を通じて、現地グループ会社(花王中国および佳麗宝化粧品中国)より義援金として150万元(日本円で約2,300万円)の寄付を行っている。

【茅野 雅弘】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop