• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月26日 10:00

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第4章・老夫婦の壮絶な癌との闘い(2)

覚悟をもって、人生の思い出をつくる

 由紀(仮名)は残された人生に悔いを残さないよう可能な範囲で旅行(海外旅行主体)を楽しんでいたが、左肺に癌を発症した9年後、今度は右の肺に癌が見つかり手術した。由紀は左右両方の肺を手術したにもかかわらず、日常生活はそこそこ元気に過ごしていた。

 2012年、74歳の時に友人たちと台湾旅行にでかけた。そこで階段を踏み外して大腿骨の複雑骨折という大けがを負ってしまう。不幸は思わぬところに転がっている。

 由紀は反省して「体力は衰えていないと自信があったつもりだが、自分の足腰が弱っているという認識が不足していたため、周囲に迷惑をかけた。あの旅行が私の人生最後の思い出だった」と語った。台湾の病院で手術をした後、すぐに日本に帰って術後のケアやリハビリなどを行った。この一件以来、由紀は外出するのが怖くなり、長年親交のあった友人たちとも疎遠になっていった。

 それから4年後の2017年、またもや癌が由紀の身体を蝕んでいく。今度は骨への転移だった。癌の転移の仕方は様々のようで、全身に転移するもの、また由紀のように肺そのものに深く喰い込むタイプのものもある。

 癌という病気は本当に恐ろしい。免疫力を失った人の身体に「これでもか、これでもか」と襲いかかってくる。免疫力が弱れば弱るほど、転移のスピードが速くなる。最終局面では「えっ!頭のなかにまで転移していたの」と絶句することもしばしばである。よって、常に免疫力を高めておくことを忘れてはいけない。

 癌細胞は人の身体を食いつくして、別の身体に転移し、さらに拡張するのではなく、己が食い尽くしている身体とともに心中する。哀れともいうべき遺伝子を持つ癌細胞に「お互い、共存共栄で生き続けていこう」と呼びかけたい。

相互に思い出づくりに励むこと

 由紀の長年の友人・里美(仮名)は同郷の幼馴染である。若い時に上京し、由紀との交流があったからこそ、なお一層の親友関係となった。里美は故郷に帰り結婚した。

 里美は「女性は長寿と言われますが、80歳を超えた友人たちの多くは体力が弱り、健康で活動的な人が少なくなってきました。だからこそ、この人との会食は『これが最後かな』と心得ながら付き合っています」と語る。

 ある時、里美は久人・由紀夫婦が里帰りして墓の整理をすることを耳にした。2014年のことである(この時に家の墓を整理して東京に移す段取りをした)。里美は「あぁ、これが最後の帰郷になるかもしれない」と判断した。そこで夫婦2人との会食を申し込んだところ、久人・由紀夫婦は快諾してくれた。

 場所は母校である高校近くの河畔にあるイタリアンである。青春時代に河畔沿いで馬鹿話をしながら歩いた光景を共有できることが懐かしい。しかし、由紀から昔の面影がすっかり消え失せてしまっている。笑顔のなかにも闘病の苦しみが見え隠れするのが痛々しい。

 里美は、由紀が料理にうるさく、自分でも自慢の腕を振るい、料理を提供し、お客さんを喜ばせる術をもっていることを承知している。ところが、その最後の晩餐では、由紀にまったく元気がなく、それが里美には気になって仕方なかった。いつもなら料理に対し、辛口のコメントを述べるのだが、

 「なかなかおいしい味つけね。久しぶりにイタリアンにありつけた」と小声で語る姿に不安の念を抱いた。里美はいよいよ「これが最後の晩餐になるかもしれない」と覚悟した。

 里美は記憶をたどり、久人との会食は5回目。いつも由紀を引きたてて、自分は控えめにしていたのが強く印象に残っている。「由紀もすばらしい旦那さんにめぐり合ってくれた。幸せそう!」と里美は久人を尊敬してきた。その久人が、あれほど好きだったお酒を注文しない。元来、寡黙な久人だったが、焼酎でも飲んで、場を緩めてほしいと思ったという。

ニューヨーク旅行が最高の思い出となった

 由紀が突然、「里美!ありがとう。こんなすばらしい夕食をセッティングしてくれて」と感謝の念を語りだした。そこから由紀が饒舌になった。「この10年間、動ける限り、ご縁があった方々との最後の思い出づくりに励んできたわ」と本心を吐露するようになり、それまでとは一転、喜々とした顔付きなったそうだ。

 由紀は「最大の思い出はニューヨーク旅行だ」と叫んだ。「記憶に誤りがなければ65才(2004年)のころ、妹の旦那から『家族でニューヨークに行こう』という申し出があり、初めて夫婦で参加した。別の妹夫婦もついてきた。やはり兄弟間ではリーダーシップを握る人がいると結束ができるね」と語った。

 由紀はさらに「ハドソン川の南側・ニュージャージー州にあるフレンチレストランからマンハッタンの夜景を見たのが、最高だった。チャンスを逃がしては後悔するから常に前向きな決断をしてきた。闘病しながらもう一度、マンハッタンの夜を歩きたいと思っている」と話した。

(つづく)
【青木 悦子】

※登場人物は全て仮名です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月08日 16:38

シリーズ・コロナに潰される

 コロナウイルスの終焉がいつになるかによって変わってくるが、ある経済団体での討議のなかで「中洲の正常化が3カ月後の6月末であれば、まだ未練がある」という発言があった。...

2020年04月08日 15:30

アネーラ税理士法人が横浜事務所を設立

 アネーラ税理士法人(福岡市中央区)と河村会計事務所(神奈川県横浜市)は4月1日付で経営統合し、アネーラ税理士法人横浜事務所を設立した...

2020年04月08日 15:18

(株)アキラ水産が持株会社制に移行~(株)アキラホールディングスに

 (株)アキラ水産(福岡市中央区)は1月24日に(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社制に移行した...

2020年04月08日 14:35

かたはらいたしの御用芸人政権擁護発言

 全世帯に布製マスク2枚を郵送で配布する。マスクが不足しているのは事実だが、マスクを保持している人もいる。布製マスクはサージカルマスクと比べれば性能が落ちる...

2020年04月08日 14:09

産業廃棄物を自社敷地内に不法投棄~神奈川県の建設会社に営業停止処分

 神奈川県は3月23日、土木一式工事などを手がける(株)立川建設(神奈川県相模原市、西埜進代表)に対し、営業停止7日間の処分を下した...

2020年04月08日 13:11

井筒屋、緊急事態宣言を受けて一部休業

 福岡県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、北九州地区で百貨店を運営する(株)井筒屋は8日、小倉店と黒崎店のショップの一部休業を発表した。今回の判断は各ショップによ...

2020年04月08日 12:30

民間再開発ラッシュ、名古屋・栄はどう変貌するのか?(前)

 名古屋市中区にある栄地区(約9.4km)は、松坂屋、三越などの百貨店や、パルコなどのショッピング施設のほか、ルイ・ヴィトンなどの海外高級ブランド店などが集まる。中央...

2020年04月08日 12:08

スペワ跡地に賑わい取り戻せるか アウトレット&新科学館が22年開業(後)

 「またいつか、別の星で、会いましょう。」――スペースワールドは17年12月31日をもって、市民を始めとした多くのファンに惜しまれつつも閉園を迎えた...

2020年04月08日 11:55

社内コミュニケーションを向上させ、ボトムアップでより良い決定ができる会社に(前)

 (株)ニシケンの新社長に2020年1月、田中誠一氏が就任した。金融業界出身の田中社長は、他社に自社の資産を貸すという点において建機レンタル業界との類似性を感じるとと...

2020年04月08日 11:39

【追報】石村萬盛堂前社長・石村善悟さん死去

 (株)石村萬盛堂の前社長・石村善悟氏が4月8日、福岡市内の病院で死去した。71歳。石村氏は東京大学卒業後、1971年に同社入社。専務取締役を経て79年に3代目社長に...

pagetop