• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月02日 10:45

【コロナに負けない(7)】新型コロナウイルスが食品業界におよぼす影響~読者からの投稿(後)

行政支援

 経産省ホームページの「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆さまへ」より中小企業向けの「資金繰り」「設備投資・販路開拓」「軽環境の整備」の3点に関する政策案内が記載されている。主な施策の概要を以下に示す。
(詳細は経済産業省ホームページ(https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf)へ)
 「経営相談窓口の開設」・・・中小企業関連団体、支援機関、政府系金融機関など1,050拠点に「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を設置し、経営相談に対応。

(1)資金繰り支援

 「信用保証」:セーフティネット保証で全国、および影響を受けている業種に100~80%保証。危機関連保証はさらに別枠で100%保証。
 「無利子・無担保融資」:新型コロナウイルス感染症特別貸付(売上高5%以上減少)、商工中金の危機対応融資(売上高5%以上減少)、特別利子補給制度(売上高15~20%減)
 「セーフティネット貸付」;(通常売上高5%減のところ特例措置で数値要件なし)

(2)設備投資・販路開拓支援

 「ものづくり・商業・サービス補助」:新製品・サービス開発、生産プロセス改善等の設備投資支援(資金補助)
 「持続化補助」:小規模事業者の販路開拓等の取り組みを支援(資金補助)
 「IT導入補助」:ITツール導入による業務効率化などを支援(資金補助)

(3)経営環境の整備

 下請取引配慮要請、個人事業主・フリーランスとの取引に関する配慮要請、官公需における配慮要請、下請Gメンによる実態把握、雇用調整助成金の特例措置(休業手当、賃金の一部助成)、雇用調整助成金の特例措置(休業手当の助成率引き上げ)、小学校等の臨時休業にともなう保護者の休暇取得支援および保護者支援、個人向け緊急小口資金等の特例(資金貸付)、休業や労働時間変更への対応(情報提供)、労基署における配慮(感染症対策に資する業務への配慮)、厚生年金保険料等の猶予、税務申告・納付期限の延長(4/16まで延長)、国税・地方税の納付猶予、電気・ガス料金支払猶予、テレワークに関する情報提供・導入支援、ジェトロ相談窓口、輸出入手続き緩和(有効期限の延長)

今後の課題

 感染拡大を防ぐための改正新型インフルエンザ対策特別措置法が3月14日施行された。これにより首相が緊急事態を宣言すると外出自粛要請・大規模施設の使用停止を要請・指示ができることとなった。臨時の医療施設向けに土地や建物を所有者の同意なしに使用することや、医薬品の強制収用も可能とする。もしこの緊急事態宣言が出され「ロックダウン(都市封鎖:公共機関や学校、店舗を閉鎖し国民の行動を制限する)」の事態となったら、食品業界ばかりでなく、全産業が大打撃を受けることになろう。企業活動はほぼ麻痺し、小売店からは物がなくなり、品不足と値上がりが起きる。その状況が1カ月以上継続すれば、小規模の店舗などは倒産の危機に瀕するだろう。各事業者は今から最悪の事態を想定し、上記行政支援を最大限、有効活用することを検討しておくべきである。

 これからの懸案事項として原料・資材の納期遅れや欠品が危惧される。とくに中国関係の物流環境悪化が大きく影響するだろう。この機会に中国一極集中している調達方法を他国へシフトするよう見直す必要がある。

 感染が終息すれば徐々に市場も活発化するだろう。その時いち早く業況を回復させるために、輸出入拡大のための招致活動やPRを仕掛けていくことが肝要である。このような非常時だからこそ、政府や関係機関と業界団体が官民一体となって次の飛躍のため、先手を打っていくことが望まれる。

 約1年先に延期された東京オリンピックに向け、今こそ日本の食が試される時である。この難題を奇貨として、世界へ向けてさらに安全・安心で美味な食の提供をしていく体質へ生まれ変わるチャンスと捉えたい。

(了)

【辺見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

pagetop