• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月06日 15:05

【政界インサイダー情報】長崎、横浜、和歌山IR、すべて国の申請締め切りに間に合う??

 7月2日に長崎県は、「基本方針案のIR区域整備計画の申請受付期間が、“2021年1~7月まで”という問題に対して、締め切りまでにすべて準備は整う」と国土交通省に回答している。横浜市や和歌山県もほぼ同じ回答をしており、このコロナ戦時下でもIR事業者の公募(RFP、今秋以後実施予定)、すなわち管轄行政による公開入札の実施は、変更の必要はなく実行可能だと言っているのだ。にわかに信じられない話である!

 このコロナ戦時下でも、IR実施法案の基本的な組織の「枠組み」である「事業母体」のコンソーシアムの設立や、その組織づくりは可能と言っている訳だ。さらに、長崎IRについていえば、佐世保ハウステンボスの隣接地(HISに約200億円の土地購入費を支払い予定)に、約3,500億円を新規投資し、年間740万人の集客は可能だという計画(ハウステンボスの昨年の集客実績は300万人を下回る)だが、信じられるだろうか。

 実は、このことは、表向きとは異なる形態がある。長崎IRへのRFP応募予定者は以下の3社である。Current-ソフィテルマカオ・アットポンテ16&ゲットナイスホールディングスとOshidori International Development(いずれも香港中華系)の2社と、CASINOS AUSTRIA INTERNATIONAL(オーストラリア)がこれにあたる。だが、オーストリアのCASINOSを除いて香港中華系2社は、米国MGM Resorts Internationalや Las Vegas Sandsなどとは異なり、「ゲーミングオペレーター」ではなく、今後、中華系カジノのオペレーターと組んで、IRへの応募を実行する予定だ。要は、日本国内企業は一銭の投資も必要としておらず、また投資する気もないということだ。事実上、外国企業のみが開発運営事業母体になる訳である!

 IR実施法案は、海外カジノ投資企業と国内メジャーデベロッパーなどと地元財界でエクイティ投資を実施し、本件の開発事業母体の「コンソーシアム」の組織づくりをせよと強く指導している。

 筆者は、以前から、米中の覇権争いが激化するなか、「HUAWEI問題」や「5G問題」が我が国の安全保障に対しても影響をおよぼすのと同じように、IRも中華系カジノ投資企業にチャンスはないと認識すべきであり、かつこれらの企業を避けるべきだと言い続けている。ちなみに、オーストリア企業のCASINOSにエンターテインメント関連を委ねることは、無理な話だ。なぜなら、CASINOSは90%以上をカジノの収益で運営している(米国系はカジノからの収益が60~40%であり、残りがエンターテインメント事業からの収益という構造)からだ。CASINOSは、まさにギャンブル、賭博からの利益を唯一の目的とする投資目的企業群である。

 さらに重要なことは、IRの開発運営事業母体である「コンソーシアム」の組織づくりに問題があることだ。長崎IRも含めて、このコロナ戦時下と当該候補地の付加価値の無さが理由で、国内メジャー企業や財務能力をもたない地元財界企業は、エクイティ投資には一切参加しないのだ。

 要は、香港中華系のカジノ投資企業のみが事実上の開発運営組織であり、これらは日本政府が当初から基本としてきたIRの組織づくりからは逸脱したかたちで、RFPを実行しようとしている。これは違法ではないが、大きく目的が異なる形態なのだ!

 長崎県と佐世保市の行政は、まさにIRのフィロソフィー(哲学)から逸脱したことを実行しようとしている。もはや社会的な信念などは持ち合わせておらず、一時的な政治的思惑で「負の遺産」となる可能性が高いことを実行しようとしている。
 「ゲーミング区域」をIR施設の延床面積の3%までとする建築制限に対して、収益を90%以上カジノに特化した施設を計画することにいかなる社会性があるのだろうか。そして、いかなるエンターテインメント性があるのだろうか。「超」お粗末極まりないずさんな計画、としか言いようがない。

 当初から積極的に応援しているJR九州の石原・元会長以下は、このことをいまだに理解していないのだろうか。もはや、安倍首相がトランプ大統領と約束した米国系IR企業は1社もいない。横浜IRも、残りは中華系のみだ。

 IRプロジェクトは、九州で唯一巨大な後背地人口をもつ福岡市を中心とした九州北部都市圏にしか、うまくいく可能性はない。今回のコロナ禍で、はっきりと証明された。そのことに気づいてほしい。

【青木 義彦】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

pagetop