• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)

日本ビジネスインテリジェンス協会会長・中川十郎氏

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指すべきだ。

東京オリンピックの開催も危ぶまれるコロナ禍

 6月23日の新型コロナウイルスの世界感染者数は、米ジョンズ・ホプキンス大学によると188カ国・地域で900万人を突破し、死者数は46万9,000人に達した。世界で増加ペースが早まっている。

 このうち米国は229万人、ブラジルが108万人を超え、この二か国で感染者は世界の約4割を占めていた。さらにロシアが59万人、インドが12万人で、このところ世界の感染者数は1週間で100万人ずつ増加していた。死者46万人のうち、米国12万人、ブラジル5万人、英国4.2万人が3傑だった。6月21日の感染者数は、18万人強と単日で過去最大となっていた。

 外出自粛を解除した東京都でも、6月23日頃は毎日30人内外の感染が発生していた。いまだに予断を許さない状況だ。ワクチンの開発が待たれるところだが、開発には1~2年かかると見られ、東京オリンピックの開催も危ぶまれ始めている。
 この頃、WHOのテドロス事務局長は「すべての国が、社会・経済への被害を最小限に抑えつつ、人々を守るという微妙なバランスに直面している」と発言した。

世界経済の回復は2022年頃か

 かかる状況下、世界銀行のコーゼ開発見通し局長は、警鐘を鳴らした。

「世界の景気後退は深刻になりつつあり、世界経済が新型コロナウイルス感染拡大前の水準を回復するのは2022年頃になる。第2次世界大戦以来の深刻な景気後退に陥るのは明らかだ。世界経済は、20年は2.2%のマイナス成長予測だが、感染第2波が来ればマイナス8%程度に落ち込む。とくに南米やサハラ砂漠以南のアフリカ、南アジアでは深刻な感染拡大が続くが、21年は4.2%のプラス成長と予測される。しかし21年末時点でも世界経済は危機前の水準には戻らず、回復するのは22年頃になる。コロナ前の生活を取り戻すためには、ワクチンの開発や治療法の確立が欠かせない」

「日本の潜在成長率は低く、20年はマイナス6.1%、21年はプラス2.5%程度と予測されている。世界的には巨額の負債が残り、とくに途上国の債務は金融危機に発展する恐れがある」

「コロナ禍で失業者が増え、教育機会の損失で人的資本の毀損は潜在成長率を押し下げる。テクノロジーの活用でこれらの損失をどう埋めるかが重要だ」

 一方、世界銀行は、新興国、途上国ともにマイナス2.5%と1960年以来60年ぶりの減少に転じると予測している。ブラジルはマイナス8%、メキシコは7.5%、南アフリカは7.1%、インドは3.2%、タイは5%と軒並みマイナスに落ち込む。中国のみが、1%とわずかにプラスだ。

 一方、国際通貨基金(IMF)は、6月24日に世界経済見通し改定版を発表し、2020年の成長率を4.9%減と下方修正した。20~21年の2年間で世界の損失は1,300兆円に達し、世界経済は『大封鎖』に陥り、大恐慌以来で最悪の景気後退となるとIMFは試算している。

 日本は、20年のGDP成長率はマイナス5.8%と予測され、リーマン・ショック後の2009年のマイナス5.4%を超える景気悪化が見込まれる。米国は、8.0%減と第二次世界大戦後の1946年の11.6%減以来、74年ぶりの大幅なマイナスになる。英国のGDPは、前年比10.2%減と予測されている。大寒波があった1709年の13.4%減以来、実に311年ぶりという記録的なマイナス成長だ。

 このように世界経済はコロナ禍の影響で、戦後最大の落ち込みとなるため、コロナ対策も含め、かってない国際協力体制が必要となるだろう。
 しかし2大経済大国の米中経済対決は、トランプ大統領の異常な敵対意識もあり、「激化の一途」をたどっている。

(つづく)


<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

 鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現:双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月05日 07:00

コロナで変わる防災――1人ひとりが“自分ゴト”として備えを(前)NEW!

 「京都地裁は今年6月、京都府福知山市の住宅地で発生した浸水被害について、造成した市側に被災住民への損害賠償を命じる判決を言い渡しました。これは宅地販売時の水害リスク...

2020年08月05日 07:00

行政・企業・住民をつなぐ九住協が新体制~新理事長「コロナ禍には最善の施策を」(後)NEW!

 「マンションデベロッパーの社会的役割は「まちづくり」です。まちを知り、まちに住まう方々の快適な生活を想像し、より良い商品企画に努めます...

2020年08月05日 07:00

市民の安全・安心のために―最前線で尽力する“地域の守り手”(後)NEW!

 「当会のなかには4つの委員会を設けていますが、そのうちの安全委員会では市と共同で市民総合防災訓練や水防訓練を毎年行うほか、防災委員会では市内各地区の住民に向けた防災...

2020年08月05日 07:00

「海抜ゼロm」「木密」対策~大都市・東京の整備計画とは(4)NEW!

 多摩地域や区部西部では、都市計画から30年が経過する2022年に、多くの生産緑地が農地管理の義務から外れ、そのうちの多くの農地が宅地へと転用される可能性が高い...

2020年08月05日 07:00

九州三共・中島会長が国交大臣表彰 九住協、北住協で実績NEW!

 30年以上にわたって地場不動産デベロッパーの団体・九州住宅産業協会の役員を務めてきた九州三共・中島伸一郎会長が、7月10日に国土交通大臣表彰を受章した...

2020年08月04日 16:12

九大 教員および学生の新型コロナ感染を発表

 九州大学は8月3日、7月30日に所属する研究者1名が、8月 1 日および2日に学生4名の計5名がPCR検査で陽性と判定されたことを発表した...

2020年08月04日 16:01

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(後)

 韓国政府は、急激なウォン安が起こらないように、どのような対策をしているのだろうか。それは、為替介入である...

2020年08月04日 15:30

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(2)

 「重要なのは、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックは、歴史上、今回が初めてではないということです。過去に起こった感染症のパンデミックを、ここで振り返ってみ...

2020年08月04日 15:13

【縄文道通信第41号】縄文道―天職ガイド 縄文陶工と現代の陶工との関係性 縄文道―武士道―未来道(後)

 1人の証券会社のエリートサラリーマンだった知人が、備前焼の陶工に変身した。松井宏之氏である...

pagetop