• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)

日本ビジネスインテリジェンス協会会長・中川十郎氏

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指すべきだ。

東京オリンピックの開催も危ぶまれるコロナ禍

 6月23日の新型コロナウイルスの世界感染者数は、米ジョンズ・ホプキンス大学によると188カ国・地域で900万人を突破し、死者数は46万9,000人に達した。世界で増加ペースが早まっている。

 このうち米国は229万人、ブラジルが108万人を超え、この二か国で感染者は世界の約4割を占めていた。さらにロシアが59万人、インドが12万人で、このところ世界の感染者数は1週間で100万人ずつ増加していた。死者46万人のうち、米国12万人、ブラジル5万人、英国4.2万人が3傑だった。6月21日の感染者数は、18万人強と単日で過去最大となっていた。

 外出自粛を解除した東京都でも、6月23日頃は毎日30人内外の感染が発生していた。いまだに予断を許さない状況だ。ワクチンの開発が待たれるところだが、開発には1~2年かかると見られ、東京オリンピックの開催も危ぶまれ始めている。
 この頃、WHOのテドロス事務局長は「すべての国が、社会・経済への被害を最小限に抑えつつ、人々を守るという微妙なバランスに直面している」と発言した。

世界経済の回復は2022年頃か

 かかる状況下、世界銀行のコーゼ開発見通し局長は、警鐘を鳴らした。

「世界の景気後退は深刻になりつつあり、世界経済が新型コロナウイルス感染拡大前の水準を回復するのは2022年頃になる。第2次世界大戦以来の深刻な景気後退に陥るのは明らかだ。世界経済は、20年は2.2%のマイナス成長予測だが、感染第2波が来ればマイナス8%程度に落ち込む。とくに南米やサハラ砂漠以南のアフリカ、南アジアでは深刻な感染拡大が続くが、21年は4.2%のプラス成長と予測される。しかし21年末時点でも世界経済は危機前の水準には戻らず、回復するのは22年頃になる。コロナ前の生活を取り戻すためには、ワクチンの開発や治療法の確立が欠かせない」

「日本の潜在成長率は低く、20年はマイナス6.1%、21年はプラス2.5%程度と予測されている。世界的には巨額の負債が残り、とくに途上国の債務は金融危機に発展する恐れがある」

「コロナ禍で失業者が増え、教育機会の損失で人的資本の毀損は潜在成長率を押し下げる。テクノロジーの活用でこれらの損失をどう埋めるかが重要だ」

 一方、世界銀行は、新興国、途上国ともにマイナス2.5%と1960年以来60年ぶりの減少に転じると予測している。ブラジルはマイナス8%、メキシコは7.5%、南アフリカは7.1%、インドは3.2%、タイは5%と軒並みマイナスに落ち込む。中国のみが、1%とわずかにプラスだ。

 一方、国際通貨基金(IMF)は、6月24日に世界経済見通し改定版を発表し、2020年の成長率を4.9%減と下方修正した。20~21年の2年間で世界の損失は1,300兆円に達し、世界経済は『大封鎖』に陥り、大恐慌以来で最悪の景気後退となるとIMFは試算している。

 日本は、20年のGDP成長率はマイナス5.8%と予測され、リーマン・ショック後の2009年のマイナス5.4%を超える景気悪化が見込まれる。米国は、8.0%減と第二次世界大戦後の1946年の11.6%減以来、74年ぶりの大幅なマイナスになる。英国のGDPは、前年比10.2%減と予測されている。大寒波があった1709年の13.4%減以来、実に311年ぶりという記録的なマイナス成長だ。

 このように世界経済はコロナ禍の影響で、戦後最大の落ち込みとなるため、コロナ対策も含め、かってない国際協力体制が必要となるだろう。
 しかし2大経済大国の米中経済対決は、トランプ大統領の異常な敵対意識もあり、「激化の一途」をたどっている。

(つづく)


<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

 鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現:双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月25日 14:00

シェア争いが激しい韓国フードデリバリー市場(前)NEW!

 韓国人の日常生活は、コロナ禍で変化を余儀なくされている。そのなかでも、飲食店利用の減少と在宅時間の増加により、食生活に大きな変化が起こり、フードデリバリーアプリ市場...

2021年01月25日 13:34

【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界NEW!

  安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃...

2021年01月25日 13:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(7)NEW!

 ベストはなぜ負けたか。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、エディオンなどの競合量販店が九州に食指を伸ばした、デフレと不況で消費者の購買意欲が薄れた、そ...

菅義偉首相の致命的欠陥とはNEW!

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

2021年01月25日 10:57

【検証】トクホ“復権”に向けた消費者庁の検討会、失敗に終わる可能性もNEW!

 機能性表示食品の登場により、影が薄くなった特定保健用食品(トクホ)。トクホ制度をテコ入れするため、消費者庁は昨年12月に「特定保健用食品制度(疾病リスク低減表示)に...

2021年01月25日 10:39

2020年のM&A コロナで海外案件が減少、小型化も~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライク(東証一部)は、2020年の年間M&A動向を集計した。M&A件数は、2013年以来7年ぶりに前年を下回る849件(前年比4件減)となった...

2021年01月25日 09:50

中国経済新聞に学ぶ~2020年に中国人は何を消費したか?(後)NEW!

 淘宝(タオバオ)は2020年12月21日、20年に人気を集めた商品を発表し、マスク、ヘルメット、熱乾麺(武漢の軽食)などがトップ10入りした。今年のインターネットプ...

2021年01月25日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(6)

 2010年1月20日の役員会で代表取締役の提案があり、井澤信親氏が推薦された。投票により、賛成多数で井澤氏の代表取締役専務就任が決定した。このとき、中野茂常務も他薦...

2021年01月25日 07:00

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(後)

 それどころか、この経済対策と平行して進められたのが、庶民からカネを巻き上げる「社会保障制度改革」であった。菅内閣は実に驚くべきことに、このコロナ禍状況において、75...

2021年01月24日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(5)

 ベスト電器は2010年1月、有薗会長、濱田社長が経営責任をとって退任し、深澤政和副会長が代表取締役社長に、井澤信親氏が代表取締役専務となる新人事で年を明けた。しかし...

pagetop