「海抜ゼロm」「木密」対策~大都市・東京の整備計画とは(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月04日 07:00

「海抜ゼロm」「木密」対策~大都市・東京の整備計画とは(3)

【木密、不燃化対策】不燃化を促進

重点整備地域

 30年以内に約70%の確率でM7クラスの首都直下地震が起こると予想されている東京では、大震災に備えた防災対策も進められている。

 東京の戦後復興は、道路や公園などの都市整備基盤が十分に整備されないまま、JR山手線の外周部から外に広がる地域を中心に、木造住宅が密集してつくられてきた。こうした都内の木密地域(約8,600ha、※1)では、大地震で急速に火災が広がることが懸念されている。だが、住民の高齢化や、狭小敷地などに建てられ道路の幅員が狭いこと、複雑な権利関係などの課題から、建替えが進んでいないのが現状だ。

 東京都都市整備局は「防災都市づくり推進計画」のなかで、23区で老朽木造住宅がとくに密集し、震災時にとくに甚大な被害が想定される「整備地域」を28地域(約6,500ha、※2)、そのうち防災都市づくりに資する事業を重層的かつ集中的に行う「重点整備地域」(不燃化特区)を53地域(約3,200ha、※2)指定している。

延焼遮断帯

 「整備地域」の不燃領域率(市街地の燃えにくさを表す指標)は約62%(16年時点)で、30年までに全地域で市街地焼失率がほぼゼロになる70%を目指す。「整備地域」では規制誘導策を活用し、敷地の細分化を防止して建替えによる不燃化を図るとともに、無接道敷地における建替え、住宅の共同化(マンションなど)などにも取り組む。

 また、「延焼遮断帯」に囲まれた市街地においても、避難や救助活動のルートになる「防災生活道路」を整備し、無電柱化を推進。今後は、建物の不燃化や延焼防止のための空間確保に取り組むとともに、魅力的な街並みの住宅市街地の創出を目指す。さらに、「不燃化特区」では、耐火または準耐火建築物の戸建住宅や共同住宅の建替えを助成している(区が老朽建築物除却費や設計・工事監理費を助成)。

※1:築40年を越えた老朽木造住宅が密集する地域
※2:20年7月13日時点の地域のため、今後の計画改定で変更になる可能性あり

(つづく)

【石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)NEW!

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続けるNEW!

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

pagetop