2024年05月22日( 水 )

西鉄が大和ハウス工業と米国で超高層賃貸住宅を開発

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 9月3日、西日本鉄道(福岡市博多区)と大和ハウス工業(大阪市北区)は米国テキサス州ヒューストン市において進めている超高層賃貸住宅開発事業「Block 98 Project(以下、「ブロック98 プロジェクト」)の概要が決定したと発表した。

 プレスリリースによると、「ブロック98 プロジェクト」のポイントは以下の通り。

 (1)地上43 階建て、総戸数307 戸の超高層賃貸住宅プロジェクト
 (2)人口増加が著しいテキサス州ヒューストンでの賃貸住宅開発事業
 (3)ヒューストンのダウンタウンに位置した好立地

「ブロック98プロジェクト」鳥瞰イメージ

 西鉄は米国で2018年から賃貸住宅開発など不動産開発事業を進めている。大和ハウス工業は米国で分譲住宅1万戸、賃貸住宅4,300戸を建設している。

 テキサス州ヒューストンは、テキサス州の南東部に位置し、人口約700 万人(19年)、全米第5 位の人口を誇る都市圏であり、人口は23 年には約780万人に増加することが見込まれている。

「ブロック98プロジェクト」外観イメージ

■Block 98 Project(ブロック98 プロジェクト)

<所在地>
テキサス州ヒューストン クローフォードストリート808
<敷地面積>
1,860 m2
<延床面積>
66,084 m2
<規 模>
307 戸・RC 造・43 階建て(高さ:132m)
<竣 工>
2023 年4 月(予定)
<事業主>
Block 98 Houston LLC

関連記事