わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月30日 11:13

【終わっていない福島原発事故】トリチウム汚染水の海洋放出で住民を見捨てる菅政権

菅政権はトリチウム汚染水の海洋放出をゴリ押し

汚染水の海洋放出で福島の漁業は命運が尽きると警告を発する
福島原発事故生業訴訟の中島孝・原告団長

 「海洋放出をしたら福島の水産物の命運が尽きることになると思います。地元の漁師は『今でもさっぱり魚が売れないのに、トリチウム汚染水なんか流したらもっと売れなくなる。福島の漁業は終わりだ』とハッキリ言っています」

 こう怒りを露わにするのは、福島県相馬市で水産加工品も扱うスーパー「中島商店」代表の中島孝氏。「福島原発事故生業訴訟」の原告団長で、仙台高裁勝訴判決を勝ち取った。しかし原発推進の安倍政治継承を訴えた菅政権はこの判決を受け止めずに上告、福島第一原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む汚染水の海洋放出もゴリ押ししようとしている。

 中島氏はこう続けた。「政府は、相馬双葉地域から五輪の聖火ランナーがスタートすることで『原発事故は終わったのだ』と復興を印象づけようとしていますが、原発事故から9年経ってもいまだに風評被害が続いています。こうした現実を隠蔽して被害を切り捨てたうえで、海洋放出を福島県民に迫っているのです」。

タダ同然で取引される福島県産野菜

枝野代表は11月15日に相馬双葉漁協を訪問し、汚染水の海洋放出問題について意見交換をした

 海洋放出に反対する漁業関係者ら福島県民と強行突破のタイミングを見計らう菅政権とのにらみ合いが続くなか、立憲民主党の枝野幸男代表は11月15日に「相馬双葉漁協」(相馬市)を訪れ、汚染水の海洋放出問題について幹部らと意見交換をした。

 当然、相馬双葉漁協も「海洋放出は国内漁業の将来に壊滅的な影響を与えかねない」として反対の立場。そのため立谷寛治組合長は会合の冒頭で、政府に慎重な判断を働き掛けるよう求める要請書を枝野氏に手渡した。そして意見交換では、漁協幹部からは「国からまったく説明がない」「風評被害が検証されておらず、対策も示されていない」といった批判的な発言が相次いだ。こうした訴えに耳を傾けていた枝野氏は、「何度でも漁業者と話し合わなければならない。風評被害の検証も必要」と強調、十分な説明なき海洋放出を進めようとする政府に方針変更を求める考えを明らかにした。

立憲民主党の枝野代表

 「(漁業)関係者にさえ、きちんとした説明がなされていない状況では海洋放出を決定することはできない」「説明なき唐突な進め方ということを当事者の言葉で聞かせていただいて、こういう進め方は許すわけにはいかないことで意を強くした。風評についての心配への対応や説明がなされていないことが、政府の進め方として大変問題だ」(枝野代表/会合後の囲み取材で)

 枝野氏に続いて立石氏も囲み取材に応じ、「海洋放出以外の代替案の検討が不十分、他の道があり得るという考えか」と聞くと、立石氏はこう答えた。

枝野代表らとの意見交換後に 囲み取材に応じた立石組合長

 「これまで大震災から9年8カ月、風評被害の検証をしないで、海洋放出ありきでやってきた。風評被害対策について明確な説明をしてもらわないと、ただ『風評対策をやります』だけでは納得できない」

 きちんとした説明抜きで汚染水の海洋放出を強行しようとする菅政権に対して、はっきり「反対」と言わないことを批判されているのが内堀雅雄・福島県知事だ。先の中島氏はこう話す。

 「築地の仲買人から福島産の水産物について、『スーパーは福島県産の表示をしないといけないので取り扱わない。築地でも隅に置かれているだけで、県産表示をしなくていい飲食店がただ同然で買っていく』と聞きました。福島原発事故から9年以上経っても、実際は何も終わっていない。風評被害は続き、県民は被害を受け続けている。こうした実態を内堀知事はわかっているはずだ。こんな状況のなかで、さらなる被害を招く汚染水海洋放出を国が決めたのならば、県民の生活を守るために内堀知事ははっきりと海洋放出反対を言わないといけない。態度を鮮明にしないというのは本当に信じられない。〈正気の沙汰か!〉ということを内堀知事にぶつけたい」

 官僚出身知事にありがちな弱腰の内堀知事に乗じて菅政権は、汚染水海洋放出のタイミングを見計らっているように見える。政府は、10月23日の「廃炉・汚染水対策チーム会合」で議論は終結したと判断。「10月27日にも海洋放出の方針決定」との報道が流れるなか、梶山弘志・経済産業大臣は「さらに検討を深める考えを示した。しかし海洋放出自体を見直す兆しはまったくなく、単に先送りをしただけにすぎない。

「二酸化炭素排出ゼロ」にかこつけた原発推進政策

 「(福島原発事故の)被災者の心に寄り添いながら復興に取り組む」と口先では語るものの、海洋放出強行の構えを崩さない菅政権(首相)に対して、合流新党発足後に初めて福島訪問をした枝野氏は対決姿勢を強めている。先の囲み取材で「菅政権と対決するという意味で、菅政権のエネルギー政策、所信表明演説では原発推進にも触れる姿勢についてはどう考えているのか」と聞くと、こんな答えが返ってきた。

 「『2050年に二酸化炭素実質排出ゼロを目指す』という方向が示されたときには若干の期待感をもちましたが、むしろ、これにかこつけて原発政策を悪い方向に転換しようとしている姿勢が明確になったと思う。脱炭素のために(原発の)新増設も否定しない。(原発の)新型小型炉の開発を進めるということで、処理水の話もこのドサクサに紛れてやろうという意向ではないか。福島原発事故についての原因を含めた検証も十分ではない状況のなかで、決して許されるものではない」

 原発推進で海洋放出強行の菅政権と、脱原発で海洋放出反対の多くの福島県民と野党連合という対決の構図が鮮明になる。

【ジャーナリスト/横田 一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月15日 07:00

成功するための身だしなみ「Dress for Success」とは(2)NEW!

 『東京経済大学大学院教授時代の2002年に米国コロンビア大学経営大学院に客員研究員として留学した際、同大学院のMBAコース在学中の島津さんと偶然お会いし、ルーツが同...

2021年04月15日 07:00

イオン九州、リテール、MrMax2月期、予想大幅に上回る 22年は巣ごもり一巡で減収かNEW!

 上場3社の2021年2月期は巣ごもり消費で予想を大幅に上回り過去最高になる見通しだ。3社とも好業績で増配に踏み切る。22年はコロナ特需が一巡し、業績は後退する可能性...

2021年04月14日 18:00

TKP 21年2月期は35億円の赤字、今期は黒字転換を予想

 14日、TKP(東証マザーズ)が2021年2月期の決算発表を行った。同期は売上高431億円(前期比20.6%減)、経常赤字23億円(前期は47億円の黒字)、当期赤字...

2021年04月14日 17:42

柏崎刈羽原発が「運転禁止」、テロ対策不備問題で原子力規制委員が命令

 東京電力の柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策不備問題について、原子力規制委員会は14日、再稼働に関する行政処分の是正措置命令を決めた...

2021年04月14日 17:27

東宝、鬼滅ヒットも前期比減収減益

 東宝(株)は、13日、2021年2月期決算(連結)を発表した。これによると、同期は売上高1,919億4,800万円、経常利益241億9,500万円、当期純利益146...

2021年04月14日 16:36

『脊振の自然に魅せられて』ヤマザクラの下で喜寿祝い(前)

 脊振山系を歩いて二十数年になるが、歩けば歩くほど未知との遭遇がある。昨年秋に脊振山系の蛤岳の周辺で美しい紅葉の撮影をしていたとき、山の上の方から歩いてきた中年の2人...

2021年04月14日 15:20

福岡市道路整備アクションンプラン、計画額は920億円超

 福岡市では、市民生活や都市活動を支える基盤、「道路」の整備計画を「福岡市道路整備アクションプラン」として策定している。そして、市は今後4年間(2021~24年)の道...

2021年04月14日 14:27

成功するための身だしなみ「Dress for Success」とは(1)

 服の歴史とは、西洋の衣服および服飾の歴史を指し、そのルーツははるかギリシャ・ローマ時代にまでさかのぼる。そして、日本における本格的な服の歴史はわずか100年に過ぎな...

2021年04月14日 13:43

【4/16~18】福岡市がオンライン合同会社説明会を開催

 福岡市は16日~18日、オンライン上で合同会社説明会を開催する。福岡市に事業所を有する企業51社が出展する...

2021年04月14日 11:26

自然エネルギーの発電電力量が初の20%超 ISEPレポート

 2020年の自然エネルギーによる発電電力量(速報)が、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)により4月12日、発表された...

pagetop