都心の利便性と居住性が魅力、福岡市「薬院・平尾エリア」(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月02日 07:00

都心の利便性と居住性が魅力、福岡市「薬院・平尾エリア」(3)

戦後復興とともに宅地化・都市化が進行

 戦後、焼け野原となった中心市街地の復興のために、福岡市は国が制定した特別都市計画法に基づき、47年1月から「戦災復興土地区画整理事業」に着手した。同事業は天神や中洲、博多部などの約328.7haもの広大な中心市街地を対象に、総事業費11億9,201万円(当時)をかけて行われた25年におよぶ長期事業で、7回もの事業計画変更を経ながら10路線の都市計画道路新設や、市内電車軌道と西鉄大牟田線の移設、建物の移転、公園の整備などを実施。このときに、現在の福岡市中心部の都市基盤が整備された。この戦災復興事業のエリア内ではなかったものの、市中心部の復興が進むにつれて、周辺部にあたる薬院・平尾エリアでも徐々に復興が進んでいった。

閑静な住宅街・平尾

 53年7月には、福岡市として実施した最初の土地区画整理事業である「平尾地区土地区画整理事業」が事業着手した。同区画整理事業は、厳密には住所表記上の平尾ではなく、その南側に位置する平和(中央区/南区)を中心とした施行面積162.7haにおいて、総事業費3億643万円(当時)をかけて、64年11月までの約11年間の事業期間で行われたもの。幅員8~11mの都市計画道路3本を築造し、これを基幹として地形に応じて区画街路を設置したほか、宅地の整地化にともない排水路を灌漑用水路と兼用するかたちで整理。施行前は宅地3.00%、道路1.75%、河川水路0.44%、田畑12.53%、その他82.28%だった土地利用割合が、施行後には宅地29.34%、道路11.55%、河川水路0.62%、公園緑地2.97%、田畑5.60%、その他49.92%に変更されるなど、宅地化が急激に進行した。

 平尾エリアは同区画整理事業のすぐ北側にあたり、浄水通や平丘町などのいわゆる“高級住宅街”の南東側にあたるため、挟まれるかたちで閑静な住宅地の形成が進んでいった。また近隣では53年8月に、南公園の一角(旧平尾浄水場の跡地)に福岡市動物園が開園。64年4月には前出の振武寮が取り壊された跡地に、「九電記念体育館」が開業した。

 その後も薬院および平尾エリアは、西鉄天神大牟田線(当時は大牟田線)の沿線であり、天神から1~2駅の至近地であるという好立地を生かして発展を続けてきた。78年3月には西鉄平尾~大橋間の高架化が完了。95年3月には西鉄福岡(天神)~西鉄平尾間の高架化も完了し、ダイヤ改正によって薬院駅には特急を含めた西鉄の全電車が停車するようになった。こうした鉄道利用における利便性の向上も相まって、とくに薬院駅周辺では都市化が進むなど、その発展度合いを強めていった。

薬院六つ角

 その一方で、75年11月に路面電車の城南線が廃止。また、福岡市地下鉄空港線の建設計画にともない、83年3月には国鉄・筑肥線の博多~姪浜間が廃線となり、鉄道路線の整理・淘汰が進んだ。なお、筑肥線の筑前高宮駅から鳥飼駅までの間の線路跡はその後、「筑肥新道」として新設・拡幅され、現在もエリアの主要な道路の1つとして利用されている。

薬院大通りセンタービル

 2005年2月には、福岡市地下鉄七隈線の開通とともに、「薬院駅」と「薬院大通駅」が開業。西鉄と地下鉄の2つの薬院駅は、同じ場所の地上部と地下部にそれぞれ設置されているほか、駅前から博多駅方面へのバスに乗り換えることも可能で、交通結節点としての機能が強化された。また、05年4月には市の「薬院大通り西地区第一種市街地再開発事業」によって、薬院大通駅の地上部にRC造の地上18階・地下2階建ての複合施設「薬院大通センタービル」がオープン。

 こうして、城南線沿いを中心にオフィスビルが多く立ち並ぶ薬院エリアは、中心市街地・天神の南端に位置する中心業務地区として、さらに南側に位置する平尾エリアは、近隣の浄水通などとともに閑静な住宅街として、それぞれ現在に至っている。

(つづく)

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop