• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月22日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(2)

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関する記事を連載してきた。まず、ベスト電器がかつてビックカメラと合併しようと画策を講じたが、破談となった当時のことを報告する。

ベスト電器の再生を阻む過去のくびき(2)

(2012年3月6日掲載)

 3通の投書を受け、その後、約1年かけて取材を進めてきた。そして、当社発刊の経済情報誌『I・B』3月1日号で「ドキュメント・ベスト電器 再生を阻む過去のくびき」を発表した。

 当該記事で扱った内容については、以下の通り。

○解散した泰陽商事と新設のホクエイ
○急ピッチで進められた会社整理の背景
○投書に共通する旧経営陣への怨嗟
○辛酸を舐めた北田光男の創業期
○商売を支えた妻・倫と福岡相互銀行
○2代目に就任した創業者の長男・葆光
○積極的な拡大戦略で有利子負債がピークに
○聖域をなくすべく動いた3代目・有薗憲一
○ベストの拡大を支えたあるFC店のドラマ
○過去の動きから浮かぶ水面下の疑惑
○4代目・濱田時代の不正DM問題
○2010年事業構造改革の本当の背景
○代表権をめぐる解任劇の舞台裏
○商品価格に直結するリベート
○ソンズとの関係と最近の人事動向

    ここで最初のキーポイントとなったのが「(株)泰陽商事」の存在だった。同社は1972年4月に設立され、2011年2月に解散した。登記上の代表は佐賀県武雄市在住の西野巖氏、代表清算人は下平満代氏となっている。この2人の間をつなぐ人物が、かつてベスト電器の社外監査役だった税理士の下平明美氏だ。投書によれば、同氏の妻が満代氏で、同郷の友人が西野氏ということになる。
 泰陽商事はかつて、福岡市中央区今泉2-3-15に存在していた。そして同住所には(株)北栄商事という会社もあった。同社は91年7月に設立され、2003年12月に清算されているが、監査役に下平明美氏の名前が挙がっている。泰陽商事はその後、福岡市中央区天神5-7-3に移転した。現在、同住所には北栄商事に似た名前の(株)ホクエイという会社がある。代表は、ベスト電器の元常務取締役だった矢ヶ部武夫氏が務めている。

 これらのつながりは何を意味するのだろうか。そもそも泰陽商事とは、ベスト電器の直営・FC店舗などに対する損害保険を扱う会社だったとされる。北栄商事は判然としないが、登記上では人材教育、セミナーの開催、不動産売買・管理、事務機器のリースなど業種は多岐にわたっている。ホクエイは、ホームページ上では損害保険を主体とし、ほかに自動販売機の設置・仲介および斡旋、衛生関連機器の販売およびレンタルなどを手がけていることがわかる。そうすると、泰陽商事の仕事(損保代理)をホクエイが引き継いでいるという予測ができる。

 取材のため現地を訪れた際、事務所の階数を示すプレートに着目すると、ホクエイの名前の下に、うっすらと泰陽商事の名前が消された跡が残っていた。たまたま見かけた郵便受けにも、ホクエイの下に泰陽商事の札がテープで貼られていた。しかし、ホクエイに取材を申し込んで約4日後、両社の関係性を消すかのように泰陽商事の札が剥がされていた。

 投書によれば、この泰陽商事こそが、ベスト電器の暗部に潜む「不正経理の温床だった」というのだ。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 13:00

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(中)NEW!

 公的除染の問題点を考えてみよう。福島県のHPによると、除染の目標値は0.23μSv/hとなっている。これは、民間人の被曝限度量が年間1μSvで、時間あたりに直すと0...

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

2021年03月09日 07:00

経営者が知っておくべき「人財」に投資するという考え方

 「人財」は、いつの時代も経営の根幹です。良い人財がいるかいないかで、経営は大きく変わってきます。では、どのように良い人財を得ればよいでしょうか?そこでは、従来の「人...

2021年03月09日 07:00

【八ッ場ダムを考える】群馬県は水没住民と どう向き合ってきたのか?(前)

 国直轄ダムの八ッ場ダムであるが、水没自治体である長野原町、その住民との交渉などを実質的に担ってきたのは、ダム受益者でもある群馬県だった。県は1993年、水没住民やダ...

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

pagetop