• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落。その傾向は今期も続いており、半期決算でも本業は赤字の状況だ。

近年は撤退戦の様相

 デジタル社会の到来とともに、オールドメディアとして語られることになった新聞業界が置かれる状況は極めて厳しい。ご多分に漏れず九州を代表する西日本新聞社も、ここ10年ほどは撤退戦の様相だ。

 2009年に山口市、下関市、那覇市の支局を閉鎖し、山口県、沖縄県での発行を打ち切った。10年から宮崎県、鹿児島県の地方版を統合し「南九州ワイド版」としていたが、18年3月末で両県における「西日本新聞」「西日本スポーツ」の発行を打ち切った。19年にはグループ会社で広告代理店だった(株)西広を博報堂へ、(株)西日本新聞旅行は日本旅行へ、それぞれ売却。(株)西日本リビング新聞社は会社清算となった。こうした事業やグループのリストラに踏み切らざるを得ないのは、本業である新聞発行事業が不振を極めているからだ。新聞発行部数の落ち込みは業界全体のものであり同社に限ったことではないが、減少率から見れば同社の落ち込み幅は大きい。

 ABC調査によれば19年の朝刊発行部数は58万部余りだったが、20年4月段階では52万部弱。20年下半期では50万部を割り込む水準にまで低下している。かつては80万部と言われた発行部数も、ピークの6割程度にまで減少している。

本業の不振が顕著に

 発行部数の落ち込みは、そのまま業績に反映されている。同社の連結売上高はグループ企業が減った影響もあり、18年3月期の535億円が20年3月期では416億円にまで減少した。売上減少は今期も続いており、20年9月期(21年3月期上半期)では前期の207億円が163億円にまで落ち込んだ。

 同社グループの連結売上構成は、本業の新聞発行を中心とするメディア関連事業が大変を占めるが、セグメント別に見ると、その不振が顕著であることがよくわかる。20年3月期では、416億円の連結売上高のうち368億円を占めるメディア関連事業が、5億円を超える営業赤字に陥った。一方で40億円に満たない売上高の不動産事業が18億円を超える黒字を叩き出している。この傾向は今年も変わらず、半期で163億円の売上高のうち134億円を占めるメディア関連事業が4億円を超える営業赤字。一方の不動産事業は20億円の売上高で11億円の黒字だ。さらに深刻なのは、メディア関連事業の赤字幅が拡大していることで、昨年の7,300万円の赤字が4億2,200万円にまで膨らんだ。このままいけば通年での営業赤字は昨年を上回る可能性が高い。さらなる事業リストラや組織再編に踏み込まざるを得ない状況になる可能性が高いだろう。

部数減にコロナの影響も

 発行部数がピーク時の6割水準にまで減っても、本業のメディア関連事業で営業赤字を出しても、いまだ同社はキャッシュリッチ企業だ。自己資本比率は50%水準を維持し、130億円余りの現預金を保有している。今までの蓄積がいかに大きかったかがわかる数字だ。一方で業績不振にもかかわらず、現在の状態が保たれているのは、事業リストラや人員抑制策などにより、縮小均衡を続けてきたからにほかならない。業績を挽回する一手がなければ、この策はどこかで行き詰るのは必定だ。

 部数減少に加え新型コロナ感染症の影響もあり、新聞広告や折込広告、イベント事業などの業績も悪化した。こうした状況を考慮すれば、今期の連結売上高は300億円台前半に沈む可能性が高い。不動産事業への傾斜が強まり社内の士気の低下も囁かれる同社。メディアとしての反転攻勢に向けた再建策は、今のところ見当たらないようだ。

【緒方 克美】


<COMPANY INFORMATION>
代 表:柴田 建哉
所在地:福岡市中央区天神1-4-1
設 立:1943年4月
資本金:3億6,000万円
年 商:(20/3連結)416億7,300万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 13:00

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(中)NEW!

 公的除染の問題点を考えてみよう。福島県のHPによると、除染の目標値は0.23μSv/hとなっている。これは、民間人の被曝限度量が年間1μSvで、時間あたりに直すと0...

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

2021年03月09日 07:00

経営者が知っておくべき「人財」に投資するという考え方

 「人財」は、いつの時代も経営の根幹です。良い人財がいるかいないかで、経営は大きく変わってきます。では、どのように良い人財を得ればよいでしょうか?そこでは、従来の「人...

2021年03月09日 07:00

【八ッ場ダムを考える】群馬県は水没住民と どう向き合ってきたのか?(前)

 国直轄ダムの八ッ場ダムであるが、水没自治体である長野原町、その住民との交渉などを実質的に担ってきたのは、ダム受益者でもある群馬県だった。県は1993年、水没住民やダ...

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

pagetop