• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月27日 13:37

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(3)

 ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』(昭文社刊、税別定価1,500円)を出版した。副題は「ゼロから12年で年商7,700億円企業を創った不撓不屈の起業家」とある。日本ですべてを失い、米国に渡り再起、日本にカムバックしてきたのだ。早速、手に取って読んだ。逃避先の米国で何をしていたかを知るためだ。政治エンターテインメント「トランプ劇場」で米国社会の対立と分断を深めたドナルド・トランプ前大統領の知遇を得て蘇ったのだ。びっくり仰天である。

ネットバブルの狂乱で一夜にして億万長者に

 折口雅博氏がベンチャー起業家として脚光を浴びたのは、1999年から2000年にかけてのネットバブルの狂乱時代である。 

 1999年6月15日、ソフトバンク(株)の孫正義社長が、米店頭市場・ナスダックの日本版、ナスダック・ジャパン(現・大証ヘラクレス)の設立構想をぶち上げた。「規則さえ満たせば、どんな企業でもどんどん公開させる」。孫氏は高らかにこう宣言した。これが熱狂の号砲となった。

 その1週間後の7月7日、GWGが店頭公開を果した。日本証券業協会(現・ジャスダック)が株式公開基準の規制緩和策の適用第1号となった。

 公開前、「赤字会社に値が付くか」と危ぶまれていたが、初値は公募価格の3.3倍の2,300万円(額面5万円)になった。設立4年5カ月の赤字会社でも株式が公開でき、加えて、株価が予想外の高値を付けることを実証した。GWGの店頭公開でネットバブルの第2弾ロケットが点火した。数カ月後には、GWGの株価は5,000万円を突破した。ネットバブルの狂乱によって、折口氏は一夜にして億万長者になった。その公開益で、冒頭にあげた金満家として大散財するのである。

コムスンを買収し、介護ビジネスの先頭を走る

 株式公開で約52億円の資金を調達した折口氏は早速、M&Aに乗り出した。在宅介護ビジネスを展開する(株)コムスンを買収し、子会社に組み入れた。

 介護保険制度がスタートした2000年4月1日、全国紙の見開き2面に巨大広告が掲載された。GWG傘下コムスンが、全国1,217カ所で、ケアセンターを開設したという内容。まず巨大な宣伝力で同業他社を圧倒したのである。

 折口氏の積極姿勢はこれにとどまらない。今後、ケアセンターを毎年1,000拠点ずつ増やし、最終的に1万拠点体制を築いていく。10年後の年商は1兆円を見込んでいると公言した。

 政府が音頭をとる介護ビジネスの旗手として、GWGは04年、東証一部上場、折口氏は日本経済団体連合会理事に就任。05年紺綬褒章、06年に日本赤十字社社長賞、07年厚生労働大臣賞を受賞。07年、年商7,700億円、ケアセンターは2,500拠点、従業員は10万人を超えた。

 しかし、栄耀栄華は長く続かなかった。06年、GWG子会社のコムスンによる介護保険の不正な水増し請求が発覚。人材派遣事業でも不祥事が相次ぎ、経営が悪化。折口氏は08年3月に会長を引責辞任した。折口氏はGWGを去っただけでなく、日本から脱出。家族で米国に移住した。09年9月に、折口氏と、その資産管理会社が破産手続き開始決定を受けた。負債は312億円だった。

 ネットバブルの2大スター、ソフトバンクの孫正義社長と、GWGの折口氏は明暗を分けた。ネットバブル崩壊の痛手から立ち直った孫氏は、世界の大投資家への道を駆け上がっていったが、折口氏は奈落に突き落とされた。

 その違いは、軍師に人を得たかによる。孫氏には、笠井和彦氏という諸葛孔明のような大軍師がいた。他人を信用しない独裁者である折口氏には、軍師はいなかった。「守りは負けの始まり」を心得とする折口氏はアクセルを踏み続け、高速道路から飛び出し大事故を起こし自滅した。

(つづく)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 14:12

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(2)NEW!

 『ニューヨークでは、新型コロナが当初、中国からのウイルスと言われていたため、アジア人への偏見による被害も増え、自分が同じアジア人であるということを意識せざるを得ず、...

2021年03月09日 13:47

ホテルアセント福岡が3月末で閉館、感謝セールを実施中NEW!

 ホテル経営を行う(株)アセントは8日、ホテルアセント福岡(福岡市中央区)を今月31日に閉館すると発表した...

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】東京五輪とコロナNEW!

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は植草一秀氏のブログ記事「2021東京変異株博覧会の開催」についてのご意見を...

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】企業批判をめぐる報道NEW!

  NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は【新・「電通公害」論】についてのご意見を紹介する...

2021年03月09日 13:00

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(中)NEW!

 公的除染の問題点を考えてみよう。福島県のHPによると、除染の目標値は0.23μSv/hとなっている。これは、民間人の被曝限度量が年間1μSvで、時間あたりに直すと0...

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

pagetop