2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

ぶらり美野島・昭和レトロのまちからワンルームのまちへ変貌中(1)

 博多のまちを南北に縦断する那珂川にかかるその橋を渡った先に、「昭和」のレッテルが糊付けされたまちがあるという。
 令和3年の正月が明けたある日、雪でモノクロに霞むそのまちを歩いてみた。 

細長い通りが400mほど続く、美野島商店街
細長い通りが400mほど続く、美野島商店街

雪の舞う美野島商店街 

 年が改まった仕事始めの1月5日と福岡市内でも雪が積もった10日、福岡市博多区の美野島商店街と住吉界隈をぶらり散歩してみた。年末から日本列島に襲った寒気をもたらした爆弾低気圧の影響なのか、まちは静まりかえり、ほとんど人の気配もない。当然、昨年末から福岡県内でも感染者数が急拡大して「第3波」が到来したとされる新型コロナウイルスの影響も大きいのだろう。昨夏に訪れたときの賑やかさとはうって変わり、かじかむ寒さと相まって、美野島商店街はどこか寂しげだ。 

菓子店「月花堂」の吉瀬みのるさん
菓子店「月花堂」の吉瀬みのるさん

 美野島商店街で昭和40年代から菓子店「月花堂」を構える吉瀬みのるさんも、年末年始の人込みが懐かしいという。 

「ぶらっとやって来る若い人はたしかに増えたけれど、みんなお菓子を1個だけ買ってそれでおしまい。私が若いころは、お友達や家族の分まで買っていったもんだけどね……。おかげさまで商売にはならないのよ」 

 近年、古くからつきあいのあった商店が次々と店じまいしたため、寂しくなったとぼやく吉瀬さん。美野島商店街の店舗は賃貸契約したものが多く、店主の引退を機に契約を終えて、まちを出ていくことが多いのだという。2代目、3代目、と続いていくような商店は稀なようだ。吉瀬さんの息子さんは少し離れた場所でパン屋を開いた。 

 お菓子やパンなどの商品はほとんどが手づくりで、味には自信がある。あまおうと生クリームをはさんだワッフルがおいしそうだ。「1個だけ」と言いたいところ、とりあえず5個を包んでもらった。 

(つづく) 

【データ・マックス編集部】

(2)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は別途ご相談。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

また、業界経験のある方や研究者の方であれば、例えば下記のような記事企画も募集しております。
・よりよい建物をつくるために不要な法令
・まちの景観を美しくするために必要な規制
・芸術と都市開発の歴史
・日本の土木工事の歴史(連載企画)

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事