• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月22日 17:21

【北九州】好きっちゃ黄金市場 魅力再発見で生き残り模索

北九州・黄金市場

 JR小倉駅(北九州市小倉北区)から南へ車で約7分。モノレールの最寄り駅からは徒歩2分の、オフィスビルやマンションが林立する一角に黄金(こがね)市場はある。地方市場の衰退は著しく、北九州でも廃墟のようになった市場は少なくない。が、この黄金市場は今日も元気だ。地元の主婦、家族連れや若いカップル、ビジネスマンらしきスーツ姿の男性客らが通りを行きかう。

店先に立つ中江さん
店先に立つ中江さん

 「黄金のエース」ともいうべき存在が、市場のメイン通りのほぼ中央にある2店舗だ。朝びき鶏や佐賀県産和牛、「肥後あそび豚」など品質にこだわった新鮮なミートが並ぶ「肉のワールド」と、鶏の唐揚げやタタキ、鶏肝の甘煮などのほかローストビーフやサラダなど洋食系オードブルが彩を添える「デリカワールド」。明るい光、色彩豊かな陳列棚、店員は思い思いの帽子を被り可愛いエプロンを着けておしゃれな雰囲気を醸し出す。70代から10代の学生アルバイトまで約20人が働く店は活気があり、昭和レトロな市場の特異点となっている。

 もともとは鶏肉の専門店として門司、戸畑など北九州の各地を転戦したが、1977年に黄金市場に移り店舗を拡充、肉だけでなく総菜のバリエーションも広げて客のニーズに応えてきた。「魅力があればお客さんは来る。市場へ行ったら、なにか楽しくて、懐かしい雰囲気があると思ってもらえたら」。2店舗を営む(有)「とり肉のワールド」社長、中江克(まさる)さん(53)はそう語る。鉄鋼メーカーのサラリーマンから転職して20年、社長業10年の節目を迎え、ますます意気盛んだ。

「トン」から「グラム」への転身

 中江さんは長崎県佐世保市生まれ。福岡の大学を卒業後、証券会社勤務を経て東京の日本金属工業(現・日本製鉄)に勤めた。90年代の半ばに北九州に赴任した際に妻・久美子さん(49)と知り合い、彼女の実家の店を年末に手伝うようになった。業界再編の嵐に見舞われる鉄鋼の世界に身を置きながら目にする市場の活気がまぶしかった。久美子さんと結婚後、4年の東京暮らしを経て2001年、「とり肉のワールド」の社員になった。33歳。知人の精肉店で肉のさばき方を修得するなど、慣れない仕事に精力的に取り組んだ。自ら「トンからグラムへの転身」と呼ぶ人生行路の大転換に不安がないわけではなかったが、喜び、楽しさのほうが大きかった。

「周りが支えてくれました。会社勤めのころは朝早く出て夜遅く帰るのでなつかなかった子どもがなついてくれた。それもよかったですね」

 仕事と家庭生活の充実がさらなる好循環を生み、売上を伸ばしてきた。肉の品質にこだわるのはもちろんのこと、クリスマスには店先で鶏の丸焼きを実演するなどお楽しみ行事も展開。8年前から元イタリア料理店シェフも加わって腕を振るうデリカワールドは「デパ地下にも負けない」と胸を張る。今は一時閉店している飲食店「焼きとりワールド」はミシュランガイドの〈福岡・佐賀2014特別版〉に掲載された。現在、新型コロナウイルスの影響で飲食店の売上は「ほぼ全滅状態」だが、個人客の“巣ごもり需要”でとくにデリカワールドが奮戦し補っている。

女性客が立ち寄るデリカワールド(右奥が肉のワールド)
女性客が立ち寄るデリカワールド(右奥が肉のワールド)

「生きている市場」を残したい

 市場の最大の悩みは後継者不足といわれる。「とり肉のワールド」会長で中江さんの義父、鈴木孝雄さん(79)は「自分の代でやめるのはもったいないが、どうしたものか」と悩んでいるところに中江さんという“救世主”が現れた。中江さんの長男で大学3年生の亮(りょう)さん(21)は帰省すると店を手伝い、最近はインスタグラムを使ったPRの研究も始めたという。ワールドに後継者問題の心配はなさそうだ。

 「次の代がいると思うと意欲がわいてくる」と鈴木さん。「市場の魅力はお客さんとの対話。年を取ったらとくに、ね。(包丁さばきの)腕は落ちてきましたが、アゴは落ちてません(笑)。もう一花咲かせたいですね」と笑う。

 「ウチが頑張れば周りにも波及する。他の店からこちらへ来てくれるお客さんもいる。時代にマッチした、あるいは季節感を生かした工夫の仕方はいろいろある。人が集まり活気がある“生きている市場”を残していきたいし、できると思います」。中江さんは市場の通りを眺めながらにこやかに語る。

 全盛期には110店舗が軒を連ねた黄金市場も今は60店舗に減った。しかし見方を変えれば、冬の時代を乗り越えてきた精鋭ぞろいじゃないか。中江さんの笑顔を見ていると、そう思えてくる。

【山下 誠吾】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop