2024年05月22日( 水 )

アビスパ、今期初勝利 福岡2-1徳島

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 サッカーJ1リーグのアビスパ福岡は3月13日、アウェーのポカリスエットスタジアムで徳島ヴォルティスと第4節の試合を行った。

 ルヴァンカップを含め、ここまで今シーズン勝ち星がないアビスパ。ともにJ2からの昇格組、かつ昨シーズン最終戦で快勝していいイメージが残る徳島相手に、初白星を狙いたいところだ。

 アビスパのスターティングラインナップは、CBに新加入のDF宮大樹とDFドウグラス・グローリを並べ、中盤にはキャプテンMF前寛之と新加入MFカウエを置く4-4-2。右サイドにはMF金森健志が入り、ここまでの試合でウィークポイントと見られたポジションに新戦力を当てはめ、戦力強化を狙う布陣だ。なお、当初先発と発表されていたFWブルーノ・メンデスが試合前の練習で故障し、FW城後寿が先発するハプニングがあった。

 前半2分、いきなりの先制弾が徳島に生まれる。徳島のMF渡井理己が中央をドリブルで持ち上がり、アビスパのDFライン裏にスルーパスを通す。パスを受けたFW宮代大聖のシュートはGK村上昌謙が弾くが、そのこぼれ球に徳島FW垣田裕暉がきっちり詰めてゴール。アビスパは試合開始直後からビハインドを背負ってのゲーム運びを強いられる。

 17分には徳島FW藤原志龍の強烈なグラウンダーシュートをGK村上が弾き、DF志知孝明がこぼれ球を掻き出すなど、アビスパは身体を張った守備で追加点を与えない。

 一方35分には、右サイドのDFエミル・サロモンソンからのクロスを中央で受けたMF金森がダイレクトでループシュートを狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩いて得点ならず。前半は0-1と徳島リードで終了した。

 後半52分、アビスパが昨シーズン何度も見せてきたカウンターが炸裂する。左サイドで徳島ボールを奪い切ると、MF金森からMF石津大介へとつなぎ、石津は右サイドのスペースにボールを送る。そこへ走り込んできたDFサロモンソンがGK上福元直人の足元を抜く技ありのシュート。後半早々に同点に追いついたアビスパの反攻がはじまる。

 66分、ゴール前に上がったボールをヘディングで処理しようとした徳島DFジエゴが目測を誤り、ボールを手に当ててしまう。判定はハンドとなり、アビスパにPKが与えられた。PKのキッカーはMF金森。ステップでタイミングをずらしながら、右サイドネットに正確なシュートを突き刺した。2-1とアビスパは逆転に成功した。

 79分にはコーナーキックから徳島が同点弾を決めたかに思われたが、ここでVAR(ビデオアシスタントレフリー)が入り、判定はノーゴール。試合終了間際にもGK村上のファインセーブが飛び出し、試合はそのまま2-1で終了した。

 シュート数は徳島の9に対してアビスパは4、コーナーキックも6に対して2と終始押され気味の試合展開だったのは間違いないが、両チームトップの走行距離を記録したMF前(11.42km)、最多のスプリント回数(※)25を記録したMF金森を始め、出場した各選手が惜しみなく全力でプレーしたことが今期初勝利につながったといえるだろう。

 次節17日(水)は名門中の名門・鹿島アントラーズをホームに迎える一戦。21日(日)にはサガン鳥栖とのダービーマッチがアウェー・駅スタで行われる。初勝利を挙げ、意気上がるアビスパの試合を現地で応援しよう。

※スプリント回数:時速24km以上でダッシュした回数。

【深水 央】

関連記事