わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月05日 11:32

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(1)】彼らこそが日本を救う!

飲食店事業主を虫けら扱い

 コロナ感染対策において、政府の飲食店に対する扱いは虫けら扱いも同然であった。「Go To Travel」の政策を緩めるたびにコロナ感染数が増加し、連動して飲食店が営業の制限を受ける。このことが繰り返されるなか、飲食店店主は必死で凌いできた。一方、政府は旅行業界・ホテル業界に対しては破格の扱いをしてきた。観光業界はまさしく二階自民党幹事長の利権の基盤であるから、当然配慮があり、予算がつく。

 飲食店事業主はこの虫けら同然の扱いに怒りをぶつけるべきだ。

飲食店主らの凄まじい事業魂が日本を救う

 コロナが度重なり襲来している(現在、第4波)と言われている。多くの国民は気分が滅入り、生きる意欲を失くしている始末。この極度の落ち込みを目撃すると「はたしてアフターコロナにおいて日本人はたくましく復活できるのか?」という疑念が募る。

 アメリカでは50万人以上のコロナ感染による死者が発生しているが、アメリカ人はめげない。元気さが伝わってくる。2021年の実質成長率は、前年比5%を超えることが予想されている。アメリカ政府の経済立て直し政策もダイナミックであり、この際に陳腐化した国内インフラを大改造しようという野心がありありと伝わってくる。

 飲食店店主のなかに、将来を悲観して自死の道を選んだ人がいるのは事実である。しかし、大半の飲食店店主らは営業時間が規制されれば、テイクアウト、デリバリーの方法を取るなど、考えられる知恵を駆使して商売を継続してきた。この生き残ろうという執念と行動力はほとんどの日本人が喪失したものだ。昔は日本人全員が持ち合わせていた生命力であったが、第二次世界大戦後に高度経済成長を達成して日本人の気質は悪い方向へと変質した。それは諦観と行政へのぶら下がり意識である。

 福岡市中央区で居酒屋を自営しているA氏はもともと、介護士を6年間していたが、「この先はたかが知れている」と決断して自営業を始めた。料理関心があったわけでも、スキルを有していたわけでもないが、ただひたすら、「独立したい」という一心で努力を積み重ね、夫婦と2名の仲間で店を開いた。一時は年中無休(年に1日だけ休店)を続けた。独立して3年間は毎日の睡眠時間は4時間、休みを1日も取らなかった。家庭料理に工夫をこらした料理を提供することで顧客がついた。

 自営業を始めて10年が経過した昨年3月、コロナ禍に襲われた。昨年前半は状況について甘く見ていたが、営業時間の制限がなされたため、売上はコロナ前の2割になった。A氏は「貯えがあったから急場をしのぐことができた」と振り返る。それから活動時間を抜本的に変えた。午前5時に起きて、仕込みを始める。昼間はテイクアウトのメニューをそろえる。状況への対応の変化の迅速なこと!「コロナに潰されてたまるか!」という意気込みが伝わってくる。

業界結束団体を組織するべきだ!!

 「俺が俺が!」という自立心に燃えるのは結構であるが、A氏はコロナ禍で苦い体験をした。ここは徹底的な学習が必要な時であるから、提言する。やはり、政治家らへ意見を申す政治団体を結成しなければ、いつまでも虫けら扱いが続く。

 今回から、コロナ禍で健闘している飲食店店主の戦いをシリーズで紹介する。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 13:47

2022年以降の世界経済秩序~米中激突と日本の最終選択(7)NEW!

 『三島由紀夫氏は自決前夜(1970年11月24日)に、毎日新聞とNHKの記者に電話をかけ、「楯の会」事務所に明日午前8時30分にきて、関係者から封筒を受け取ってほし...

2021年05月06日 11:57

【IR福岡誘致開発特別連載36】バイデン政権と全国IRを含む日米経済安全保障NEW!

 先日、米国バイデン大統領は就任100日目にあたり、国民に向けて演説した。新型コロナウイルスのワクチン接種の実績や、440兆円規模の成長戦略を柱とする経済再生策を強調...

2021年05月06日 11:50

建設業界1-3月のM&A、10年で件数最多も金額伸びず~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライクは、1-3月の建設業界におけるM&A動向を集計した。同期間のM&A発表件数は17件で、1-3月としては2012年以降の10年間では19年(9件...

2021年05月06日 11:34

【福岡県】時短要請の対象を県内全域の事業者に拡大、福岡市・久留米市は午後8時までに変更、感染拡大防止協力金の支給額も調整NEW!

 福岡県は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飲食店などに対する営業時間短縮の要請の範囲を6日から県内全域に変更することを発表した。期間は19日までで従来から変...

2021年05月06日 11:05

【久留米】AMED 医療ベンチャー「ボナック」のコロナ治療薬開発を支援NEW!

 バイオ医薬ベンチャー「ボナック」と福岡県が進めている次世代医薬「核酸医薬」による新型コロナ感染症治療薬の開発を、国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」が支援事業に...

2021年05月06日 10:19

景品表示法の措置命令 20年度は41件、除菌・殺菌関連で多発NEW!

 消費者庁はこのほど、2020年度の景品表示法に基づく法的措置件数を取りまとめた。「措置命令」は国が33件、地方自治体が8件の合計41件。課徴金納付命令(国のみ)は1...

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

pagetop