2022年06月26日( 日 )
by データ・マックス

なぜ不動産はいつも「入居者募集中」なのか?

 のぼり旗や横断幕を提案している当社は、全国の不動産・建築関係のお客さま数百社とお取引をしています。不動産業界は非常に特殊です。今回は「業界の常識は非常識」という事例を1つお話ししますね。

 不動産会社さまののぼり旗や看板は、なぜいつも「入居者募集中」なのでしょうか?「えっ?!何をいってんの?普通でしょ。それ以外何かあるの?」と思われた方、業界の常識に囚われています。

 それではご説明しましょう。「入居者募集中」の何がおかしいのでしょうか。「募集する」の主語は誰でしょうか?「募集をする」のは「不動産会社」です。「私(達)」が「募集する」ので「Iメッセージ」と言います。語弊を怖れずにいえば「自分本位」とも取れます。

入居者募集中

 次に、主語を「入居者さま(あなた)」に変えてみましょう。

この部屋住みませんか?

 このように「入居者さま」が「お部屋に住めます」となります。「あなた」を主語にしているので「Youメッセージ」と言います。主語をあなたに変えた瞬間に、「お客さまが主役」になり、「お客さまを巻き込む」ことになります。

 有名な例として、ブックオフがあります。この会社は、本のリサイクルで初めて「買います」から「お売りください」にキャッチコピーを変えました。「買います」の場合の主語はブックオフ(=Iメッセージ)なのに対し、「お売りください」の場合の主語はお客さま(=Youメッセージ)です。ブックオフではお客さま目線にすることで、売上が上がったそうです。

 不動産の事例でいうと、「入居者募集」「ご入居受付」ではなく、先ほどのように「この部屋住みませんか?」「この物件住めます」というのぼりや看板・幕にしてみるのはいかがでしょうか?

 単純にのぼり・看板・幕をつくって設置するだけでは、効果は出ません。「差別化」を行い、広告の費用対効果を上げてください。「業界の常識は非常識」。ちょっとしたことでイノベーションが起きますよ。


<プロフィール>
山本 啓一
(やまもと・けいいち)
1973年生まれ。大学に5年在学し中退。フリーターを1年経験後、福岡で2年ほど芸人生活を送る。漫才・コントを学び舞台や数回テレビに出るがまったく売れずに引退。27歳で初就職し、過酷な飛び込み営業を経験。努力の末、入社3年後には社内トップとなる売上高1億円を達成。2004年、31歳でエンドライン(株)を創業。わずか2年半で年商1億2,000万円の会社に成長させる。「エッジの効いたアナログ販促」と「成果が見えるメディアサービス」でリアル店舗をモリアゲる「モリアゲアドバイザー」として、福岡を中心として全国にサービス展開中。

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事