わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月20日 16:17

コロナ後の航空業界の在り方(前)

運輸評論家 堀内 重人 氏

 コロナ禍により、航空業界は青息吐息の状態になっている。航空業界は、旅行業などと同様に「平和産業」と言われ、戦争やテロ、政情不安などが発生すると、需要が落ち込んでしまうという、構造的な弱点を抱えている。

 コロナ禍により、国内では緊急事態宣言が発令されたり、外国では都市封鎖などが実施されるなど、人の移動を抑え込む政策が実施された。

 そうすると人が動かなくなるため、大幅な減収になることで、航空業界は大きな赤字を計上してしまう。これは航空会社の営業費用の6割程度が、人件費や減価償却費、公租公課などの固定費とされることによる。さらに新型コロナウイルスの感染が拡大した序盤には、ほとんどのフライトがキャンセルされた結果、運賃の払い戻しが発生したことで、大規模なキャッシュアウトの波が襲いかかった。

 航空業界が厳しいのは、日本に限ったことではなく、海外の航空会社も同様だ。タイ国際航空などの名の知れた国際的な大手航空会社まで、地域を問わず経営破綻が発生している。

 JALとANAは資金調達に奔走した以外に、競うように公募増資に乗り出した。これら2社の2021年3月期は、航空需要の低迷から、JALが最大で2,700億円、ANAが5,100億円に上る最終赤字を計上する見込みとなった。

 ANAのほうが赤字額が大きいのは、10年にJALが会社更生法の適用を申請して、経営破綻した際、これを契機として積極的な設備投資を行ったことが、大きく影響している。

 JALは、自社便の代わりにコードシェアの提携先を、直近の2年間で12社にまで急拡大させたが、ANAがコードシェアを開始した提携先は2社だけで、自社便の運航規模の拡大に力を注いた。その結果、ANAは機材など固定資産の増加額が年間3,500億円超となり、JALの同2,000億円台前半と比較すれば、倍近い金額になる。

 ANAのように、満席にできる都市を探し出し、自社の単独便を飛ばして収益の丸取りを図る戦略は、市場が拡大する局面では有効に働くが、需要が急減すると固定費が重く圧しかかる。期末に新型コロナが直撃した20年3月期の営業利益は、JALが1,006億円、ANAが608億円と、再び約400億円の差が開いた。

 赤字と借り入れを増やしたことで、20年3月末から9月末にかけて自己資本比率が、JAL、ANAともに10%近く低下した。そこでJALは22.8%、ANAは29.5%の希薄化をともなうかたちで、株式市場からの資金調達に乗り出した。

 2社は、公募増資などで調達した資金は、主に債務の返済と、すでに契約済みの航空機代の支払いに充当するという。

 航空会社も、少しでも安心して搭乗してもらうため、機内の空気循環、客室消毒や客室乗務員・地上係員のマスク着用、利用者を区切っての機内への案内することなど、利用者に安心を提供する努力を行っている。これは機内に限らず、チェックインカウンターでも、ソーシャルディスタンスを確保したり、飛沫感染を防止するため、受付にアクリル板のパテーションを設置したり、消毒液を置いたりという対策を実施している。

 しかし、増資や資金調達、安全対策を実施しても、需要が回復しておらず、その兆しも感じられないとなれば、要員合理化を実施しなければならない。

 ANAは20年10月7日に、退職金の割り増しを条件に、希望退職の募集する旨を労働組合に打診した。ANAは、13年度にも希望退職を募ったが、その時とは以下の点で、根本的に異なる。

 (1)今回は、募集人員の規模を定めない。
 (2)2020年冬の一時金をゼロにする。
 (3)一般社員の給料の減額。
 (4)スキルアップなどの条件付きだった最大2年間の無給休業制度を、事由を問わないかたちに切り替える。

 20年夏季の一時金が、従来比で50%減となったこともあり、社員の年収は前年比で約3割減となる。

 ANAは、20年3月末時点で1万4,830人の従業員を抱えていたが、コロナの影響で4~8月までの旅客数は、国際線では前年同期比で96.3%減と、壊滅的な状態になった。国内線も、同82.2%減と大きく低迷した。

 一方のJALは、「人員削減はまったく考えていない。必ず航空需要は戻るので、準備をしっかりする」と雇用維持を貫くと明言した。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月09日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(4)

 近年拡大の一途をたどる「指定校推薦」制度は、若者らのそうした傾向を助長するのみならず、学生らのうちに要らぬ分断さえ生み出している。大学が特定の高校と協定を結び、その...

2021年05月09日 07:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(中)

 日本製鉄は茨城県鹿嶋市の東日本製鉄所鹿島地区にある高炉1基の休止を決めた。鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点である。住友金属工業が製鉄所を開いた1960年代以降、鹿...

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の元行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載する...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

pagetop