大西一史・熊本市長に聞く、ポスト震災まちづくりの進捗(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月07日 07:00

大西一史・熊本市長に聞く、ポスト震災まちづくりの進捗(5)

熊本市長 大西 一史 氏

 2016年4月に発生した熊本地震から5年が経過した。震災からの復興は、1つの大きな節目を迎えている。復興のシンボルである熊本城は、天守閣の復旧工事が完了し、4月26日から内部公開がスタートした。JR熊本駅周辺では、同じく4月23日には「アミュプラザくまもと」が開業。駅前のさらなる賑わいへの期待が高まっている。熊本市内を見渡すと、商業施設、バスターミナルなどからなる複合施設「SAKURA MACHI Kumamoto」が19年9月にオープン。街中に防災機能を併せもった新たな拠点が生まれた。熊本市はすでに、震災復興に転じたといえるのか。この節目を機に、今後どのようなまちづくりを進めていくのか。大西一史・熊本市長に話を聞いた。

「命」を守るのが政治家の責任

 ――災害は地震だけではありません。近年頻発している水害への備えについて、どうお考えですか。

熊本市長 大西 一史 氏
熊本市長 大西 一史 氏

 大西 本市では昨年、統合型のハザードマップの運用をスタートしたところであり、今後スマートフォンなども活用しながら、市民の皆さまにより積極的に情報発信していくことにしています。ただ、熊本市の真ん中を白川が流れていることを考えると、河川氾濫の危険性とは常に隣り合わせの状況です。

 20年7月に球磨川で水害が発生しましたが、そのときと同じ雨量が白川に降った場合をシミュレーションしてみたところ、市内92の小学校区のうち48校区が浸水するという結果が出ました。これだけの浸水から被害を最低限に食い止めるためには、市民の皆さまの早期避難という「自助」が不可欠になってきます。そこに、熊本地震を教訓に各小学校区で結成された校区防災連絡会を軸にした「共助」が加わってくるわけです。また、国の方では、避難勧告を避難指示に一本化する内容を盛り込んだ災害対策基本法の改正が進められていますが、私もアラートの情報をわかりやすくして、市民の皆さまに早期避難してもらうことは大切なことだと考えています。

 昨年9月に発生した台風10号の際には、早く備えることが大事だという私の判断で、台風が来る2日前に記者会見を開いて避難指示を発令し、避難所を開設して多くの方々に避難してもらいました。また、市役所も閉めました。幸い大きな被害は出ませんでした。「空振り」と言われればその通りですが、空振りを恐れず避難指示を発令して早めの対応を行ったことは良かったと考えています。

 通常、自治体は実際に災害が発生してから災害対策本部を立ち上げるものですが、そのときは台風が来る前に立ち上げました。早め早めに手を打つことで、市民の皆さまにも事前に十分に備えていただくようにしました。2カ月前に球磨川水害が発生していたこともありましたが、本市としては、これからも早めの対応を実施していきたいと考えています。

 以上がソフト面での対策ですが、ハード面の対策としては、現在、国の方で立野ダムの建設や河川改修を実施していただいているところです。治水に関するハード整備は大変重要ですが、一方で市民にとってはその効果がわかりにくく、遠い存在なのも事実です。

 道路や橋などは、開通を祝って式典を開くことがありますが、ダムはともかく、河川改修で式典を開くことはありません。目立たないけれども、市民の皆さまの命を守っているという事実について、もっと知っていただかないといけないのではないかと、最近とくに思うようになりました。そのためには、ダムや河川改修によって、どれだけの効果があるのか、しっかり広報していくことが大切だと感じています。

 それはやはり「命」に関わる部分だからです。効率だけを追求すると、命を守れない場合もあります。首長として、政治家として、市民の皆さまの生命と財産、暮らしを守るために、市民に対して説明していく姿勢が求められていると感じています。そのためには、耳当たりの良いことだけでなく、ときには嫌なこともいっていかないといけません。それは新型コロナウイルスへの対策についても同じことがいえますし、それが首長、政治家としての責任であり、覚悟であると改めて考えるようになっています。

全国都市緑化くまもとフェアの案内(HPより)
全国都市緑化くまもとフェアの案内(HPより)

【フリーランスライター・大石 恭正】

(了)


<プロフィール>
大西 一史
(おおにし・かずふみ)
1967年12月、熊本市生まれ。92年に日本大学文理学部心理学科卒業後、日商岩井メカトロニクス(株)に入社し、94年に退職。内閣官房副長官秘書を経て、97年に熊本県議に就任(5期)。2014年12月に熊本市長に就任し、現在2期目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月14日 17:32

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(1)NEW!

 2018年、日本は明治維新からちょうど150年の節目を迎えた。鎌倉幕府以来、実に700年近くにわたって維持してきた封建社会と訣別し、欧米先進諸国と同じ近代資本主義国...

2021年06月14日 17:21

大手生保が地銀株売却を発表~低迷する九州地銀の株価NEW!

 今日14日の日経平均株価は、【表1】の通り、前日比+213.07円の2万9,161円80銭(前日比+0.74%)と、久しぶりに値上げで取引を終えている...

2021年06月14日 16:47

【IR福岡誘致開発特別連載41】IR横浜はセガサミーとゲンティンで決まりNEW!

 横浜市行政が11日、今夏予定のRFP(民間事業者の公募の具体的な提案書提出に関わる資格審査)の最終選抜予定の2社を公に告知した...

2021年06月14日 16:29

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(25)~福岡空港の総合的調査専門員会での配置検討NEW!

 2008年に行われた福岡空港の総合的調査専門員会では、新空港の具体的配置案として6案が示された。当時は「コンクリートから人へ」の政策スローガンを掲げる民主党政権の台...

2021年06月14日 16:11

【内部告発】読売新聞社で悪質なパワハラ被害に対する私の考え方NEW!

  筆者は維新銀行(山口銀行)を舞台にした『実録 頭取交替』を出版した。甲羅万蔵相談役(田中耕三氏)の指示の下で頭取交代が実行された事件を取り扱ったものである...

2021年06月14日 16:01

劇団わらび座公演「北斎マンガ」が示したミュージカルの底力NEW!

 劇団わらび座(秋田県、山川龍巳社長)は6月11日、アクロス福岡シンフォニーホールでミュージカル「北斎マンガ」(主催:(株)データ・マックス)の講演を昼夜2回にわたり...

2021年06月14日 15:07

世界平和に向けて(21)日本政府がベトナム大手送り出し機関5社から実習生の新規受け入れを停止する方針(前)NEW!

 現在、ベトナム政府が認可した実習生送り出し機関は約460社あるが、OTITの新規受け入れ停止対象をこの大手5社に限定したことには、理由がある...

2021年06月14日 15:00

【読者ご意見】菅総理にみる日本の英語教育NEW!

 今回は先日G7に出席した菅義偉総理に関して寄せられた意見を紹介する...

2021年06月14日 14:36

【スガリンピック】小池都知事が都医師会長を叱責 「ポスト菅」の密約交わしたかNEW!

 「自分(選挙)ファースト」の小池百合子・東京都知事の権力追随姿勢が露わになった。一時期は、五輪開催強行の菅政権に対して「中止表明をする」との見方が流れたが...

2021年06月14日 13:44

仮想通貨とクレジットカード、どちらが決済市場を取るのか(前)NEW!

 仮想通貨も送金や支払いの手段として徐々に普及しつつあり、今後、仮想通貨とクレジットカードのどちらが決済市場を取るのかについて、注目が集まっている...

pagetop