2024年04月24日( 水 )

ホリエモンが新球団「福岡北九州フェニックス」を設立

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 実業家の堀江貴文氏は26日、新球団「福岡北九州フェニックス」の設立を正式に発表した。今年開幕した独立リーグ「九州アジアリーグ」((一社)九州アジアプロ野球機構が運営)への来季からの参入を目指し、加盟申請中。

 球団名は堀江氏が2004年に球界への参入を目指した際の「仙台ライブドアフェニックス」を復活させたもの。球団運営は福岡北九州フェニックス(株)(北九州市小倉北区、槇原淳展代表)が行い、堀江氏は同社取締役として経営やPRなどを担当する。

 堀江氏は北九州市で既存球場の改修のほか、新球場の設立を視野に入れている。「たまにしか野球を見ない人たちに球場に足を運んでもらい、楽しめる仕掛けづくりをしたい」としている。

【茅野 雅弘】

関連キーワード

関連記事