• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月14日 16:11

【内部告発】読売新聞社で悪質なパワハラ被害に対する私の考え方

 別添の通り、5月24日消印の投書がデータ・マックス本社に届いた。宛名は(株)データ・マックス浜崎裕治様となっている。

 この手紙が筆者の家に転送されてきたのは、5月28日の金曜日だった。この手紙を読んで公表すべきがどうか迷った。

 筆者も山口銀行の出身であり、大いに悩み眠れぬ夜を過ごした。筆者としては、この手紙を掲載すれば、山口銀行OBの多くの友人を失うことになると感じたからだ。

 しかし、送り主は実名ではなく山口銀行OBと匿名となっているものの、手紙の内容を見ると、切々と訴えかけるものが伝わってきた。

 筆者は、「山口銀行出身の元バンカーでなく、ジャーナリストとして生きる道を選ぶ」ことを決断した。

(5月31日付のNet IB News「山口FGの吉村猛会長に対する『内部告発』について」より引用)

    筆者は維新銀行(山口銀行)を舞台にした『実録 頭取交替』を出版した。甲羅万蔵相談役(田中耕三氏)の指示の下で頭取交代が実行された事件を取り扱ったものである。谷野銀次郎頭取(田原鐵之助氏)が罷免され、古谷政治頭取(故・福田浩一氏)から吉村猛頭取となった。

 別添の投書は、長らく山口銀行を支配していた田中相談役が特別社友となり、下関を去ったことから、独裁的な振る舞いが立つようになった吉村頭取に対する内部告発の文章である。今も多くの投書がデータ・マックス本社に届けられている。筆者もジャーナリストの1人として、この投書をしていただいた匿名の方々のために、微力を尽くす覚悟である。

<まとめ>
 今回掲載された「読売新聞で悪質なパワハラ被害」について、「コダマの核心レポート」で児玉社長が述べているように、本当に読売新聞内のパワハラ被害を解消したいのであれば匿名ではなく、自社内の改革をすべく実名で、信念をもって公表すべきではないだろうか。確かに迷うことはあっても、それが読売新聞社員に与えられたジャーナリストとしての使命ではないだろうか。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎 裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年07月23日 15:19

【菅独裁政権に学ぶ(3)】2021年8月、東京オリンピックによって「日本沈没」が明らかとなる

 スガ親分!昨日の夜は「日本一の政治権力を握っても虚しいもの。本当に身内も含めて誰もが敵になる」と地団駄を踏み、悔しい思いで眠れぬ一夜を過ごしたことでしょう。

2021年07月23日 06:00

矢西建設の「蹉跌」~絶好調企業に何が起きているのか(2)

 矢西建設の歴史は1952年までさかのぼる。47年に発足した(社)九州道路技術運営会を母体に、52年12月に九州ブルドーザー工事(株)を設立、73年8月に現商号に変更...

2021年07月23日 06:00

パチンコ「キコーナ」は九州に進出するのか

 DステーションによるP-ZONEの買収劇から間もなく4年。九州進出をはたしたDステーションは、旧P-ZONE運営のグループ企業(株)パラダイスだけで600億円超の売...

2021年07月23日 06:00

ドラッグイレブン5月期、売上高472億円 不採算店閉鎖で実質減収減益に

 ツルハHD傘下のドラッグイレブン(旧・JR九州ドラッグイレブン)の2021年5月期決算は売上高が472億1,400万円、経常利益8億4,100万円、当期純利益2億9...

2021年07月22日 19:54

【菅独裁政権に学ぶ(2)】東北人の「強さ・弱さ」

 昔々のことである。友人Aは運送拠点を拡大して秋田まで進出した。待遇にもかなり気をつけていた。

2021年07月22日 19:20

佐賀県武雄市ふるさと納税返礼品に発送遅れ、19年4月にも~アースグロー(株)(旧・(株)ジッパー)

 佐賀県武雄市のふるさと納税返礼品の発送が遅れ、寄付者からの苦情が市や委託事業者に多い日には1日100件ほど寄せられるという事態が発生している。 

首尾一貫した菅首相の行動原理

 市民を犠牲にする五輪に市民が反対している。

2021年07月22日 18:46

西日本シティ銀行広報文化部・中村氏に告ぐ(1)ふくおかFGと西日本FH、「福岡の両雄」に大きな差

  20日の(株)ふくおかフィナンシャルグループ(FG)の株価は、終値で1,831円、一方の(株)西日本フィナンシャルホールディングス(FH)の終値は、611円だった...

2021年07月22日 06:00

矢西建設の「蹉跌」~絶好調企業に何が起きているのか(1)

 特殊重機を数多く保有し、近年では大規模な太陽光発電事業の造成工事を多数受注して増収増益を続けてきた矢西建設。コロナ禍に沈む業界にあって数少ない絶好調企業の1つとして...

2021年07月22日 06:00

【コロナで明暗企業(9)】紳士服はるやまHDの“骨肉の争い”~創業者・父と長女が長男の社長に「レッドカード」(後)

 紳士服専門店で靴やレディースの商品が売られているのは今や当たり前の風景だが、他社に先駆けて販売し始めたのは「はるやま」だ。また、主流となっているタイトなスーツを普及...

pagetop