2024年04月24日( 水 )

【福岡県警】新型コロナ休業支援金の不正受給で3人逮捕 全国初の摘発

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 福岡県警は22日、新型コロナウイルスの影響により休業し、休業中に休業手当を受けとれていない労働者に国が支給する「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」をめぐって、虚偽の申請を行って休業支援金を不正に受領したとして、是永勇貴被疑者(29、福岡市中央区)ら3人を逮捕した。

 是永被疑者らは昨年11月下旬、厚生労働省福岡労働局において、自身が火災保険の営業を営む会社の代表者であり、労働者を雇用しているとの虚偽の書類を申請し、現金約263万円の振り込みを受けており、休業支援金をだまし取った疑いがもたれている。福岡県警は被疑者らの容疑の否認について明らかにしていない。

 休業支援金の不正受給の摘発は全国でも初めて。

【茅野 雅弘】

関連キーワード

関連記事