2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

【唐津街道中膝栗毛/後編】景観保存と開発の狭間で揺れ動く箱崎~小倉の旧宿場町(中)

赤間(宗像市)

交通結節点でもあった 七浦三里の宿場町

左:駅近くには唐津街道・赤間宿の入口が / 右:JR教育大前駅
左:駅近くには唐津街道・赤間宿の入口が / 右:JR教育大前駅

 赤間宿は、現在のJR教育大前駅の南西側に形成されていたとされる宿場町だ。赤間宿は宗像郡の主要なまちであったほか、長崎街道・木屋瀬宿に分岐する交通の結節点でもあったため、多くの商家が建ち並び、大変栄えた宿場町であったとされている。1600(慶長5)年に黒田長政が筑前に入国した際は、まだ民家が4~5軒しかなかったといわれているが、その後、江戸後期の国学者で考古学者の青柳種信が編纂した「筑前国続風土記拾遺(ちくぜんのくにぞくふどきしゅうい)」では「旅店あり工商農人雑居し人家多く連れり」と記されている。また、江戸後期の博多の文人・奥村玉蘭が著した「筑前名所図会(ちくぜんめいしょずえ)」には町屋がぎっしりと建ち並ぶ様子が描かれており、次第に宿場町としての賑わいを見せていったようだ。

 赤間宿は、南北約600mの上町・下町と、その中間地点から西に延びる約200mの古町の町筋があり、北から南にかけて緩やかな傾斜になっているのが特徴。宿場町全体で、180~200軒の家が建ち並んでいたとされる。宿場の出入口には構口があり、一般の旅人も宿泊することができた町茶屋や、荷物搬送のための人馬継所、御茶屋や宿場全体の管理を行う御茶屋奉行、村役人の集会所にもなった郡屋、藩からの重要なお触れなどを掲示していた制札場などがあったほか、酒蔵や醤油蔵、和傘、菓子、金物、板金、呉服、小間物店などの商家が軒を連ねていた。また、街道筋より西側に少し引き込んだ場所には、福岡藩主の別邸である御茶屋があったとされているが、この場所は現在、城山中学校のグラウンドとなっている。ほかに、赤間宿の氏神社である「須賀神社」をはじめ、今井神社や法然寺、浄万寺などの寺社仏閣もあった。

左:赤間宿の街並み / 右:街道の駅 赤馬館

 なお赤間は宿場町としてだけでなく、江戸期から明治・大正にかけては、宗像郡一帯における中心地でもあった。とくに周辺の漁村ないし港町からは、地勢的に扇の要のような位置関係にあり、芦屋・波津・鐘崎・神湊・勝浦・津屋崎・福間の七浦からちょうど三里ほどの距離であったため、「七浦三里」とも呼ばれ、これら七浦に対する物資や海産物の集積地としても栄えたとされている。

 現在の赤間宿一帯は、街道筋を中心に白壁や格子窓などの古い街並みが比較的多く残されており、前出の原町と同じく、往時の雰囲気が色濃く感じられる場所だ。ただ、惜しむらくは、街道筋にあたる県道503号・町川原赤間線は、狭い道幅にもかかわらず交通量が比較的多く、宿場町の雰囲気をやや阻害しがちではある。街道筋に沿っては、江戸期からの造り酒屋「勝屋酒造」の歴史ある建物が現存するほか、出光興産の創始者であり、小説および映画「海賊と呼ばれた男」の主人公のモデルとなった出光佐三氏の生家も残されている。ほかに、古い町屋を模した観光拠点施設「街道の駅 赤馬館」や出光佐三展示室などの施設もあり、赤間宿は宗像市における観光名所の1つにもなっている模様だ。

左:勝屋酒造 / 右:出光佐三氏の生家

 なお、最寄り駅であるJR教育大前駅の名前が示すように、すぐ北には国立大学・福岡教育大学があるため、エリア一帯には主に学生などの単身者向けのアパートやマンションなども多い。また、周辺では、ある程度まとまったかたちでの戸建住宅開発なども行われているようだ。

 そのほかに特筆すべき開発の動きとしては、宗像市が進める「宗像市立城山中学校改築事業」がある。これは、校舎の老朽化が進む城山中学校の全面改築を行うもので、前述のように同校のグラウンドにはかつて赤間宿の御茶屋があったことも踏まえ、整備コンセプトを「歴史・文化・人がつながる城山中学校」としている。事業者の選定にあたってはプロポーザルが実施され、(株)安藤・間 九州支店を代表とする「安藤ハザマ・占部・ビルディングDr.・大建設計JV」に決定。今後、基本設計および実施設計を経て22年度に着工予定で、新校舎の供用開始は24年度を目指している。

【坂田 憲治】

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は別途ご相談。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

また、業界経験のある方や研究者の方であれば、例えば下記のような記事企画も募集しております。
・よりよい建物をつくるために不要な法令
・まちの景観を美しくするために必要な規制
・芸術と都市開発の歴史
・日本の土木工事の歴史(連載企画)

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事