2024年04月15日( 月 )

建設業界のダンピング排除へ、人材不足はCCUSで解消できるか

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

CCUS活用への期待(つづき)

 国交省は23年度からの完全移行に向けて、CCUS活用方式等の試行的実施を経て、21年度からは、CCUSと建退共電子申請方式を試行的に実地した。建設技能者の能力評価について国交省は、CCUSに蓄積される就業履歴や保有資格を活用した技能者の能力評価基準(35職種)を策定している。技能者の技能については、4段階評価(レベル1~4)を行う。たとえば、レベル4は登録基幹技能者、レベル3は職長クラスといったように、技能レベルに見合った評価や処遇の実現を図るのが目的だ(図3)。

 また、業者間の「引き抜き」対策も講じられている。情報を閲覧できるのは当事者のみで、当該工事に関わりがない企業は閲覧できない仕組み。また、閲覧可能な技能者の電話番号・メールアドレスについても、所属先の建設会社の電話番号などにすることもできることとした。

図3

社会保険の加入状況確認にも

 20年10月から適用された「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」では、元請企業に対し、下請として社会保険未加入の事業者を選定しないよう要請するとともに、適切な社会保険に加入していることを確認できない作業員について、特段の理由がない限り現場入場を認めない取扱いを求めている。

 その際、国交省は元請企業に対して、CCUSの活用を推進している。CCUSの登録時には、社会保険の加入証明書類等の提出が必須となっているため、より精度の高い状況確認をすることができる。元請企業は下請企業に対し、同システムの閲覧画面において作業員名簿を確認して保険加入状況の確認を行うことを原則とした。また、CCUSを使用せずに社会保険の加入確認を行う場合は、社会保険に加入していることを証する関係資料のコピー(電子データ可)を提示させるほか、情報の真正性の確保に向けた取り組みが求められる。国交省は元請企業に対し、CCUS登録企業を下請企業とすることを推奨し、技能者のキャリアアップカードの登録や建設現場へのカードリーダー導入も推奨している。

【麓 由哉】

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事