2024年04月16日( 火 )

サイクルツーリズム、宗像・志賀島ルートで標識設置へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 自転車に乗って、自分のペースでその土地ならではの景観や食を楽しむ。地方創生の手段の1つとしても注目されるサイクルツーリズム。

 福岡県でも、サイクリングを目的とした観光客を県内外から呼び込むべく、2018年5月、県警や県内市町村、観光協会などとともに、福岡県サイクルツーリズム推進協議会を設置。新たな周遊ルートや観光プランの提案に注力している。

 提案されている周遊ルートの1つが、宗像・志賀島ルート(約50km)。「神宿る島」としても知られる沖ノ島を望みながら、世界遺産の宗像大社、宮地嶽神社を通り、「漢委奴国王」の金印が発見された志賀島へといたるルートになっている。

志賀島へは左右が海というロケーションを楽しみながら移動できる
志賀島へは左右が海という
ロケーションを楽しみながら移動できる

    この宗像・志賀島ルートをよりわかりやすくめぐってもらうために、同ルートで標識の設置工事が実施される。

 福岡県が「①サイクルツーリズム 案内標識設置工事(宗像・志賀島ルート)」「②同案内表示設置工事1工区」「③同2工区」として入札を行い、それぞれ下記の通り落札者が決定している。

サイクルツーリズム 案内標識設置工事 落札一覧

 標識設置により、宗像・志賀島ルートが誰でも気軽に走れるルートとして、さらなる誘客効果を発揮することが期待される。

▼合わせて読みたい
【伊都便り】サイクルツーリズムで体感する糸島時間、E-BIKEで自分だけの体験を

【代 源太朗】

法人名

関連キーワード

関連記事