2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

過去の事例に見る JT工場跡の再開発

 JT九州工場が2022年3月末で閉鎖された。閉鎖後は関係者らによる整理活動が行われており、工場跡地の活用方法については未公開(22年4月13日現在)となっている。これまで全国で複数のJT工場が閉鎖されたが、主な跡地の活用実績について見てみよう。

JT九州工場
JT九州工場

広大かつ好立地

 日本たばこ産業(株)(以下、JT)は、民営化した1985年時点で全国34工場を所有していた。その後、たばこ市場の縮小に合わせて、段階的に生産能力を縮小するため、各工場の閉鎖を進めてきた(表)。JT工場は中心地から少し離れているが、好立地に多い。そのため、各地のJT工場の閉鎖が決定されると、その跡地活用に関心が集まる傾向にある。

 2022年3月末には九州工場(福岡県筑紫野市)が閉鎖し、九州地区のすべての工場が廃止された。同工場跡地は筑紫野市の住宅街の中心地にあり、工場敷地面積は16万5,886m2(約5万180坪)となっており、広大な土地の行く末に注目が集まっている。

 では、これまで閉鎖されてきた他エリアのJT工場跡地は、どのように生まれ変わったのだろうか。以下、一部の例を紹介する。

2000年以降の全国のJT工場閉鎖の沿革

【鹿児島市】

街を代表する分譲マンションと市立病院

 05年3月末に閉鎖された鹿児島工場は、東西2つの土地に分かれていたが、閉鎖後の07年に東側を鹿児島市、西側をJR九州がそれぞれ取得していた。いずれも鹿児島の主要駅である鹿児島中央駅から徒歩15分圏内の好立地だ。

 鹿児島市が取得した東側の土地は、JR鹿児島中央駅から南へ約1km付近の鹿児島市上荒田に位置し、鹿児島大学に隣接している。同跡地の敷地面積は6万8,926m2(約2万850坪)。ここにはその後、当時老朽化が懸念されていた鹿児島市立病院(約4万4,600m2)と鹿児島市交通局(1万2,800m2)が建設され、そのほかの土地は「上荒田の杜公園」(約1,200m2)として整備された。鹿児島市の土地取得金額は81億5,000万円。
 

鹿児島市立病院
鹿児島市立病院

 一方で、JR九州が取得した西側の土地の敷地面積は、約2万2,161m2(約6,703坪)。同地には19年4月に、九州最大級の分譲マンション「MJRザ・ガーデン鹿児島中央」が竣工された。同マンションは地上14階建で総戸数472戸、建築面積は4,653.91m2

【麓 由哉】

  • 1
  • 2

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事